一風変わった特技を持つ、個性的なメンバーが多いことで知られる乃木坂46。2期生の山崎怜奈(23)もその1人だ。慶応義塾大学を卒業し、クイズ番組でも活躍するグループきっての知性派。そんな山崎は、自身が生まれる前の大河ドラマをさかのぼって見るほどの“大河ドラマオタク”でもある。大河への深すぎる愛を、AERAdot.のインタビューで語り尽くした。



――現在放送中の『青天を衝け』はまだ序盤(取材時点で第8話まで)ですが、現時点でどんな感想を持っていますか。

 まだ(渋沢栄一の)若い頃ですが、成し遂げてきたことのルーツが分かるので、すでに引き込まれています。大河ドラマの序盤の醍醐味は、その人が成功を収める前にしくじってきたことや、影響を受けた人との出会いを知ることができる点です。その1ピース1ピースが、後の人間像に仕上がっていくのだと思うと、今からワクワクしますね。

 ちなみに渋沢栄一は、坂本龍馬と並んで好きな歴史上の人物です。渋沢は、人のために尽くすことに陶酔したり依存したりせず、一歩引いて、何百年後の利益を考え、とても長い目で世界を見ている。だからこそ、今も彼が携わった企業がこんなに残っているのだと思います。もし坂本龍馬と出会って一緒にビジネスを起こしていたら、どうなっていたんだろうと想像してしまいます。

――大河ドラマは、初回から最後まで欠かさず見ているのですか。

 欠かさず見ますね。序盤ならではの楽しみ方もあります。たとえば、『麒麟がくる』(2020〜21年)の主人公である明智光秀は、41歳からしか史料が残っていないので、とにかく「謎」が多い。彼の若い頃を描いた序盤は、専門家を交えて皆で議論し、いろいろな説を元に作っていったと聞いていたので、「なるほど、この説を採用したんだ」と思いながら見ていました。

 明智光秀は冷静だし八方美人だけれど、「闇」や「孤独」を秘めているのが好き。ちょっと危ういですよね。光秀を見て、相手に尽くす時、あまり相手には期待をかけないことが大事だなと思いました。そうでないと、期待した反応が返ってこない場合、「こんなにやってあげたのに」という恨みにつながってしまう。光秀の場合もたぶん、その「のに」が蓄積された結果が、主君の焼き打ちだったと思うんです。

――歴史や大河ドラマを好きになったきっかけを教えてください。

 父親が大河ドラマ好きで、物心ついた頃から自然と父の隣で見ていました。『新選組!』(2004年)ぐらいから記憶にあるのですが、まだ私も幼かったので、何をやっているのかは分かっていなかった。時代背景がわかるようになって、ようやく物語がのみ込めるようになったのは『篤姫』(2008年)からです。小学校5年生ぐらいかな。『篤姫』以降は録画して、ずっと見ています。

 のめり込んだら、自分が生まれる前の作品も見たくなって、有料で過去の大河ドラマをアーカイブ視聴しました。リアルタイムで見ていないものも、だいたい20作品ぐらいはさかのぼって見ています。

――歴代大河ドラマのベスト3を挙げるとしたら何でしょうか。

 難しいなぁ。(歴代大河の)一覧見せてもらってもいいですか?

 こうしてさかのぼってみると、第1作目の『花の生涯』(1963年)からまず、「え!井伊直弼!?」ってなりますね。教科書で習う歴史って、基本的には勝者の歴史じゃないですか。大河ドラマのスタートは、徳川家康や織田信長あたりが自然なのかなと思いきや、いきなり「井伊直弼か!」って(笑)。学校で習った知識だと悪者にしか思えなかった井伊直弼を描いたという点でも、この『花の生涯』は面白かったですね。井伊直弼にも彼なりの信念があって、筋の通った人生を送ったんだと思って。

 あ、ベストでしたね。難しい。あぁ、迷うなあ〜。

――じっくり迷っていただいて大丈夫です。

(数分後)決めました。1位『篤姫』、2位『麒麟がくる』3位『龍馬伝』(2010年)です!

 やっぱりリアルタイムで見ていた作品は、次の週をワクワクしながら待っている感覚を覚えているので、思い入れがあります。だからこそ、リアルタイムで見ていないものに、そんなに責任を負えないのですが……。

――ベスト1に選んだ『篤姫』の魅力は何ですか。

 篤姫は教科書に載っていないし、それまで名前も知らなかったお姫様だけれど、とんでもなく波乱万丈な人生を歩んでいるし、人間としてもすごく魅力がある。歴史上の人物として地位や名誉を残さなくても、自分が置かれた場所での輝き方があるって、篤姫を見て思いました。大河がなかったら、まず出会えていなかった人物です。

――篤姫の人生観に共感する部分があったでしょうか?

 共感というよりも、尊敬ですかね。大河を見ていて、共感することはあまりないんです。尊敬や憧れ。こうなりたいという感情ですね。篤姫は、子どもの時も大人になってからもやることが大胆で、破天荒。そういう根の強さみたいなものを持ちたいなって思いました。

――2位と3位の作品についても、選んだポイントを教えてください。

『麒麟がくる』は後半の盛り上がりがすごかったですね。王道の正統派大河ドラマが久々に見られた感じがありました。『龍馬伝』も、これを見たおかげで、岩崎弥太郎という人物の面白さに気づくことができた。『麒麟がくる』も『龍馬伝』も原作がなく、オリジナルの脚本というところにも驚きました。

――リアルタイムで見てない中で思い出深い作品はどれですか?

『独眼竜政宗』(1987年)、『太平記』(1991年)『利家とまつ〜加賀百万石物語』(2002年)ですね。『独眼竜政宗』は、主演の渡辺謙さんがとても渋くてかっこ良かったです。とても似合っていて、貫禄があった。やっぱり演じている俳優さんが役にしっくりきているかって大きいと思うんです。鈴木亮平さん主演の『西郷どん』を見ていても感じたのですが、本人が役に似合っているかどうかで、話の入り方がだいぶ違うなと思います。渡辺謙さん演じる伊達政宗は、歴史上の人物と完全に同化していました。

――大河ドラマの魅力はどんなところですか。

 歴史上の人物は自分の生きていない時代に生きているので、すごいのはわかるけれど、実感がわかないことがよくあります。でも、大河ドラマでは、本や教科書のような文面だけで見ると想像が追い付かないところまで、ちゃんと描いてくれている。結局好きになるきっかけって、いかに自分事に置き換えられるかだと思うので。

 あとは、その歴史上の舞台に自分たちは一人も生きていないのに、史料と専門家の知識と撮影班のノウハウで、その時代を再現させるというのは、本当にすごいことだなと思っています。それを家で見ることができる自分は、なんて幸せなのだろうと(笑)。

――2月には、初の書籍『歴史のじかん』も発売されました。歴史に詳しい識者と対談もされていました。

 ありがたかったですね。史学科でもなければ、専門家を目指しているわけではない人間に、ただ好きだからというだけで、こんなに丁寧に教えてくださるんだなって。もともと知りたがりの性分なので、勉強は昔から好きでしたが、それを表立って言うと引かれるなと思っていた時期もありました。でも今は、勉強や歴史が好きだと、堂々と言えています。やりたいことや好きなものを言い続けてきたから、今がある。これからも好きなものを、周りに言い続けていきたいですね。
(構成=AERA dot.編集部・飯塚大和)