「解決金を渡す形で解決する意向がある」



 秋篠宮家の長女、眞子さまの婚約内定者、小室圭さん親子がかかえる金銭トラブル。小室家の弁護士が解決金を支払う意向があるとコメントした。

 その狙いは、「守秘義務」による口止めだと弁護士は指摘する。そして、財源はどこから出るのか。一方で、皇室と小室家、弁護士に追いつめられた70代の元婚約者男性。彼の代理人は「精神状態が心配だ」と吐露した。
         
「ええ、上芝弁護士から、一通のメールが、届きましたよ。小室圭さんが文書を公表したあとの話しです。内容については、まだ言えません」
 
 AERAdot.の取材に、そう語る元婚約者男性の代理人だが、「内容については、言えない」と、口を閉ざしたままだ。

 というのも、「元婚約者の男性と連絡が取れないからです。思いつめて取り返しのつかないことになっていないか、彼の精神状態が心配です」

 4月8日に小室圭さんは、代理人弁護士を通じて金銭トラブルの経緯について28枚に及ぶ文書を公表した。そして4日後、小室さんの弁護士は「解決金を払う意向がある」と言い出した。

 4日の空白が生じたのはなぜか。

 小室家の作戦だと分析するのは、宮内庁関係者だ。

「最初に、お金を払うと言ってしまえば、誰も28枚もの文書など細部まで読まない」

 まずは、小室家側の主張を細かく、読んでもらう必要があったのだろう。実際、西村泰彦宮内庁長官が小室さんの文書に対して、「私もその一人で理解しました」と口にした通り、小室さん側の狙いは成功したのだろう。

 先の宮内庁関係者は、こう話す。

「そして文書を読む限り、元婚約者が『怪しい人物』で、小室さん親子は、大変だったという印象しか受けません。この文書で金銭問題の経緯が理解できたとテレビなどで発言する識者も出てきた。小室さんの狙い通りですよ」

 元婚約者男性は、70代と高齢だ。29歳の眞子さまや小室さんとは、体力も精神力も比較にならない。法律の知識も乏しい素人が現役の弁護士を相手に、戦えるはずもない。さらに西村長官の「理解した」という発言。

  そして加地隆治皇嗣職大夫は、金銭トラブルの報道が出た時から小室さん側からの相談に乗ってきたこと、小室さんの対応における方針は、眞子さまの意向が大きかったことを明らかにした。

 法律を学び司法試験を受けようとする小室さんと、実践経験豊富な弁護士、そして内親王の眞子さまと宮内庁トップという布陣。まさに菊と法の包囲網を敷き、70代の高齢者を相手に追い込んだ形だ。

 元婚約者の代理人は、「最悪の事態に追い込まれていないか不安でした」と話していたが、12日の昼すぎ、ようやく元婚約者から「大丈夫です」と短いメールで返事が来たという。

 そして、注目が集まるのが、元婚約者に支払う「解決金」の出どころだ。小室さんは、文書で「私の母と元婚約者の方との金銭トラブルと言われている事柄」と表現しているだけに、母親側から支払う体裁をとると思われる。また、小室さんと眞子さまの結婚前に、支払わなければ、眞子さまの皇籍離脱に伴う結婚一時金、1億5千万円から出すのかと、非難されかねない。この秋ともささやかれるふたりの結婚前の支払いが理想だが、簡単には解決しそうにはない。

 事情を知る関係者はこう話す。

「解決金を支払う前提として、小室さん側は、条件をつけてくるでしょう」

 民事紛争に詳しい牧野和夫弁護士もこう話す。

「まず、解決金という表現は、借金の返済ではない、というニュートラルなイメージをつけるためでしょう。また、紛争解決で和解金などを支払う条件として弁護士が、解決金の額や話し合いの内容などの条件について、守秘義務条項をつけるのは、よくあります」

 元婚約者が、内容を取材などに話せば、守秘義務違反で解決金の返金を求めることもできる。小室さんが解決金と言い出したのは、それが狙いという見方もある。

 加えて元婚約者は、小室さん親子との「返してほしい」「いや贈与だ」というやりとりで疲れ果て、法律の知識という武器も
ないままに、弁護士を相手に素手で戦い、追い込まれている。疲労困憊した心身を立て直す時間も必要だ。

 さらに言えば、小室さんが前回の文書を公表したのは2019年1月だ。小室さんと眞子さま、そして現役弁護士が28枚に及ぶ裁判書類のような文書を練り上げるのに、2年3カ月の時間を要している。皇族と弁護士らが2年以上をかけて作った書類に目を通し、自分たちの見解をまとめるのには、時間がかかって当然だ。

「状況を考えれば、元婚約者男性が、すぐに解決金を受け取る、という形にはならないでしょう。しかし、時間がかかるほど、『小室さん側はボールを投げたのに、元婚約者男性から返事がない』と、元婚約者に不利な空気が醸しだされてしまう。それが心配です」(前出の人物)

 小室さんは、米国のフォーダム大学をことし5月に卒業する予定だ。夏には、ニューヨーク州の司法試験を受ける予定で、現時点で帰国や記者会見の予定はないという。

(AERAdot.編集部 永井貴子)