出版社やコンサルティング会社を経て、日本水商売協会を立ち上げた甲賀香織さん。コロナ禍で“夜の街”として批判される以前から、水商売業界の地位向上を目指した理由とは? 作家・林真理子さんとの対談でその意外な経歴や“自分なりの社会貢献”を語りました。

>>【対談1:水商売の苦境 元No.1ホステス「売れっ子は引退。切羽詰まった子が大多数」】より続く



*  *  *
林:1〜2月の緊急事態宣言の最中にも、国会議員が銀座のクラブに行って非難されて、離党したり議員辞職したじゃないですか。もちろん緊急事態宣言期間中に国会議員がクラブに行くのはよろしくないと思うけど、何でもかんでもすぐに謝って終わらせるのはどうかとも思います。みんな何らかの付き合いを持って生きているわけで、いっそ居直って「ママとの付き合いで、店が苦しいからどうしてもって言われたから行っただけだ。いちいちうるさいんだ!」って一喝してもいいような気もするけど、やっぱりダメかしら(笑)。

甲賀:そこまで強い主義主張がおありだったら、それはありでしょうけど、あの方々に主義主張があったんですかね(笑)。このごろ政治がらみの方々とお会いさせていただく機会が増えましたけど、本当の意味で尊敬できる政治家さんって少ないなと思います。

林:甲賀さんはおもしろい経歴をお持ちで、大学を出たあと、ベースボール・マガジン社に勤めたんですね。最終面接で落ちたのに、「なんで落としたんですか」と言って拾ってもらったんですって?

甲賀:そうなんですよ。意気込んで入社させてもらったのに、ぜんぜん役に立たなくて、当時の上司たちに謝罪したいです(笑)。

林:起業したくて、そのあと出産を機に会社をやめたんですね。

甲賀:最初は若者ならではの気軽な気持ちで、「会社って15万円ぐらいあったらできるから、ちょっとやってみよう」ぐらいの感じで、お米を販売する事業を始めたんです。そんな感じだから、お米の事業の収益は趣味に毛が生えた程度にしかならなくて、「これじゃまずいな」と思って、勉強のためにコンサルティング会社に転職したんです。そのコンサルティング会社は、社員の8割がたが2年以内に起業していく感じのところだったので、「何をやったら社会に貢献できるんだろう」と考えて、これだと思ったのが水商売でした。

林:水商売に「これだ」と目をつけたきっかけは何だったんですか。

甲賀:水商売業界のイメージや地位を向上したいというのがきっかけでした。それと従来のホステスさんの人材育成は、すし職人みたいに「見て盗め」みたいな感じなんですけど、ホステスさんだけじゃないと思いますけれど、見て盗めない人が大多数なんですよ。そこは何かテコ入れできるんじゃないかというのが、今でも大きな土台ではあります。

林:へぇ〜、なるほど。

甲賀:私、自分で言うのも何ですけど、勉強はずっと頑張ってきたほうで、高校のときは生徒会長をやったり、自分なりにまっすぐな人生なんです。「社会の役に立つために」というのは今も一貫していて、今のところ私の代わりがまだあまりいない状態なので、役割としていまできることを精いっぱいやることが自分なりの社会貢献だと思ってやっています。

林:コロナ禍でも業界の声というと、私もたまに行く「ル・ジャルダン」(銀座の高級クラブ)の望月明美ママが、営業自粛要請に対して「私たちが今までどれだけ税金を払ってきたと思ってるんですか!」ときっぱり言ったのもカッコよかったです。甲賀さんご自身も、「ル・ジャルダン」でホステスの経験があるんですよね。

甲賀:そうなんです。この業界に入っていくためには現場を知らないとダメだし、それなりの実績がないと説得力もないなと思って、「ル・ジャルダン」さんにお世話になりました。

林:いいところを選びましたね。

甲賀:とても勉強になるいいお店でした。働いているときに、お店にいらした林さんもお見かけしました。キラキラ輝いていましたよ。

林:あらっ、そうでしたか。甲賀さんは青学(青山学院大)ですよね。甲賀さんが「ル・ジャルダン」にいらしたころは、大卒のホステスさんが、まだめずらしかったですか。

甲賀:「ル・ジャルダン」がたまたまかもしれないですけど、東大の子とか学習院の子もいたり、学歴を持った人はけっこう多かったですね。国立大出身で今でも黒服をやってる男性もいます。もちろんそうじゃない子もいましたけど。

林:その明るいキャラクターでナンバーワンになって、すごい売れっ子になったんでしょう?

甲賀:私、かなりお酒飲めるんですよ。なので、それなりの売り上げがありました(笑)。

林:ナンバーワンになってお店の売り上げに貢献すると、「私、けっこうホステスさんの仕事向いてるじゃん。ママとして、自分のお店を出そうかな」ってことになりそうなのに、業界全体のことを考えたというのがすごいですよね。

甲賀:私、ホステスの仕事はきっと向いてないんですよ。でも、向いてないからこそ説得力があると思ったんです。特にホステスを始めたときは年齢も30歳近くて、いちばん華がある年齢は過ぎていたし、お客さまがゼロからのスタートだし、モデルさんみたいな子とは違って、親近感を持っていただきやすい自分の容姿も、逆にある意味武器かなと思って(笑)。

林:いやいや、十分おきれいですよ。

甲賀:現役として成功することが目的で業界に入ったわけではなくて、今の協会のような仕組みをつくろうと思って、それが目的でホステスの仕事を始めたんです。なのでそこはブレずに、いつやめるかを明確に日付まで決めて入りました。

林:ほぉ〜。そうなんですか。

甲賀:ホステスの仕事をズルズル続けて、気づいたら40歳、これからどうしようみたいな感じになるという話をよく聞くんです。だからそうなってしまわないように、30歳の誕生月の最終日でやめようと思って入って、それに従ったという感じです。

(構成/本誌・松岡かすみ 編集協力/一木俊雄)

甲賀香織(こうが・かおり)/1980年、埼玉県生まれ。2002年、青山学院大学文学部卒業。ベースボール・マガジン社に入社後、翌年に出産。米の通販事業を立ち上げる。06年、ベンチャー・リンクに入社。カーブスジャパンに出向し、創業期のスーパーバイザーとして600店舗を支援。08年、水商売の現場経験のため銀座「ル・ジャルダン」に入店。10年、True Heartを設立。11年、「お水大学」を創設。18年、一般社団法人日本水商売協会を設立。3児の母で、現在第4子を妊娠中。趣味は運動と料理。

>>【対談3:ホステスの“愛人的倫理観”とは? 水商売協会代表・甲賀香織が語る】へ続く

※週刊朝日  2021年4月23日号より抜粋