「策士策におぼれる」。このことわざがぴったりと当てはまりそうだ。東芝の車谷暢昭社長が14日、退任に追い込まれた。策士としてのルーツを探ると……。 AERA 2021年4月26日号で掲載された記事を紹介。



*  *  *
 東京・赤坂。高橋是清が2.26事件の凶弾に倒れた屋敷跡のそばに、その瀟洒なマンションはある。4月6日夜、通信社に勤めるスナイパーは、そこに住む紳士の帰りを待っていた。

 車谷暢昭(63)。東芝社長兼最高経営責任者(CEO)である。

 彼が帰宅した瞬間、彼女は狙い澄ました一撃を放った。

「CVCが買収提案をしたそうですが」

 翌日は東芝の取締役会が予定されていた。英国の買収ファンドCVCキャピタル・パートナーズは6日、東芝を買収して非公開化したいと提案し、東芝の社内は大騒ぎになった。彼女はその極秘情報をつかみ、車谷にぶつけたのだ。

 「知らないよ」

 車谷は質問を一蹴して、玄関扉の向こうに消えた。

 7日の朝刊。日本経済新聞が1面で堂々と放った。

「東芝に買収提案へ 2兆円超で非公開化 英ファンド」

 してやられた。彼女と同僚たちが地団太を踏んだのは言うまでもない。「最初から日経に書かせるつもりなんだよ」。彼女の同僚はそう見ている。

 車谷は三井住友銀行副頭取を離れた後、1年ほど英国系ファンドCVCの日本法人の会長を務めた。東芝に移ったあと、今度はエフィッシモなどのアクティビスト・ファンド(物言う株主)から突き上げられる立場に回る。その点、買収提案してくれた古巣のCVCは、車谷にとってのホワイトナイトである。

 東芝株を全て取得して、うるさいファンドを追い払えば、一番得をするのは彼だからだ。CVCは提案書で「現在の経営陣と一緒に進めたい」とも言ってくれた。「外様」の彼が東芝社内の地位を強化できるだろう。

■リークで「相場形成」

 車谷はリークを得意とする。

 親密な記者にひそかに情報を提供し、大きく書かせることで「報道の相場形成」を図る。匿名の情報源という安全地帯にいて、果実を享受することができる。とりわけ彼が近年、贔屓にしてきたのが、経済界に影響力のある日経だった。

 しかし、そんな「自作自演」は見え見えだったのかもしれない。東芝の永山治取締役会議長は14日の記者会見で、CVCの提案は「内容が乏しく」「唐突であり」「現時点では評価することは不可能」と酷評した。

 車谷は会見前の取締役会で退任が決まった。本人は自主的な辞任と強弁するが、信用を失い、実際には解任に追い込まれたといえるだろう。後任は、前社長で生え抜きの綱川智会長が再登板することになった。

 車谷は愛媛県新居浜市に生まれ、東大経済学部卒業後の1980年、東芝のメインバンクである三井銀行に入った。社長、会長を務めた三井グループの首領・小山五郎の秘書を務め、ボスに可愛がられて出世街道に乗った。

 護送船団の時代、エリートのポストは大蔵省を担当する「MOF担」だった。いかに多くの官僚の知己を得られるかが、実力を測る尺度。車谷は官僚たちと仲良くなるのがうまかった。

■「西川さんは疑った」

 だがバブル崩壊で業界は一変した。98年秋、三井銀行の流れをくむさくら銀行が3500億円の増資を募った。応じたのがトヨタ自動車や東京電力、東芝など三井グループ各社。増資に関わった車谷は東電や東芝に恩義を感じたという。

 しかし、さくらを蝕む不良債権はそんな額では足りなかった。2001年には住友銀行との合併に追い込まれた。

 車谷は合併交渉の事務局という大役を果たし、合併後は経営企画部副部長に就いた。だが、「ラストバンカー」こと旧住友出身の西川善文頭取に遠ざけられ、03年、王子法人営業部長に左遷させられた。

 大きな挫折を味わうが、転機はまもなくやってきた。

 当時、金融庁は三井住友銀行に注目していた。ターゲットは旧住友が抱える不良債権。「半沢直樹」に登場する黒崎検査官のモデルとされる目黒謙一は「それなりの規模の不良債権の残骸がある」と疑っていた。当時の金融庁幹部は「三井住友の融資第三部が抱え込む案件が、なぜ回収できないのかがわからない。検査しなければならないテーマだった」と話していた。

 金融庁の特別検査が始まったタイミングで、極秘の内部資料が外部に漏れた。それにより、融資第三部は1兆円もの不良債権を抱えていたことが明るみに出た。とうの昔に処理が済んだと思われていた安宅産業やイトマン由来の不良債権だった。

 あと1年、頭取職にとどまりたかった西川の野望はこの瞬間に消えた。「西川さんは車谷がリークしていたと疑っていた」。西川派の重鎮はかつてこう語っていた。

■高圧的なやり口が裏目

 新体制のもと、車谷は営業第三部長として本店に復帰する。07年には執行役員経営企画部長という中枢ポストに起用された。奥正之・新頭取は車谷を重用する半面、西川派の筆頭格を日本郵政に出した。旧さくら、旧住友のエースの二人は、ともに合併交渉の事務局を務めた間柄だったが、銀行員としての人生はこのとき明暗を分けた。

 挫折を乗り越えて、順風満帆かと思った矢先。いまに通じるともいえる強引なやり方が、ハレーションを招く。

 それはリーマン・ショック後のことだ。米シティグループが日興証券グループを手放す意向を示すと、三井住友は買収交渉に入った。担当幹部の一人が、経営企画担当の車谷だった。

 交渉は三井住友と提携していた大和証券グループに内緒で進められた。しかも買収を公表してから知らせたので、蚊帳の外におかれた大和はカンカン。大和と日興を無理やり統合させようと考えたため、大和は関係を解消する騒ぎになった。大和は「やり方が高圧的」と難じた。

「率直に話してストレートな反発があったかもしれないが、決して高圧的ではない」

 当時の奥頭取は、そうかばった。ただ、「交渉事務局には、日興と大和を統合して野村に肉薄する案もあったが、私どもに足らない部分があった」とも反省していた。

■10年たっても変わらず

 東日本大震災では、キーパーソンとして振る舞う姿も見せた。東電の福島第一原発の爆発後、三井住友は通称「車谷ペーパー」と呼ばれることになる東電救済策を、マスコミ各社に流した。

 政府は後に原子力損害賠償支援機構を設けて東電を支援することにしたが、その原型とも言えるアイデアである。だが、金融庁の森信親審議官(後に長官)は、こう語っていた。

「あれは銀行の案じゃなく、経済産業省が財務省と協議して作ったんです。それを自分が考えたって……」

 森はこうも言っていた。

「車谷さんは、頭取に自分が作ったと言ってしまって引くに引けないのか。違うのだから否定すればいいのに、否定しない」

 私が「策士策におぼれる、ですか?」と聞くと、「そう思う」と森は語った。

 あれから10年経った。東芝の件を見るかぎり、彼は変わってないようだ。

 退任が決まった日の夜。私は、くだんのマンションを訪ねた。彼は、ふだんより早い午後6時過ぎには帰宅していた。来意を告げたが、ずっと「電話中」だということで、取り次いでもらえなかった。

 いつもの多弁は控え、沈思黙考。きっと次の策を練っているのだろう。(肩書は当時、敬称略)(朝日新聞経済部・大鹿靖明)

※AERA 2021年4月26日号