静岡県は地域一帯の病院と連携し、新型コロナウイルスによる死亡者数を相当に抑えている。その肝が「病院長会議」だ。圏域ごとに医療体制が異なる静岡県の病院をまとめるのは容易ではない。中東遠総合医療センター院長・宮地正彦は車を飛ばし、各院長に話をつけた。今また第4波が押し寄せ、緊張が高まっている。「スピードが勝負」と、患者の命を最優先に、行動し対応にあたる。



*  *  *
 新型コロナウイルス感染拡大の第4波が押し寄せている。全国で緊張が高まるなか、「静岡県」のデータが目を引く。人口100万人当たりのコロナによる死亡者数が32.7人と全国平均の半分以下で、一番多い北海道の約5分の1。島根県の0は別格にしても、人口250万人以上の13都道府県で静岡は最も少ない(4月7日現在)。

 これはコロナ患者が早めに治療されているからではないか。病院の受け入れ体制と無関係ではあるまい。その陰の立役者が中東遠(ちゅうとうえん)総合医療センター(以下、中東遠)院長、宮地正彦(みやちまさひこ・65)である。

 昨年11月下旬、政府が「勝負の3週間」と精神論を唱えていたころ、宮地は静岡県内の病院から病院へと車を飛ばしていた。コロナを診る15の医療機関のトップに「病院長会議を開こう」と提案して、賛同を取りつけるためだった。

 当時、県内でも病院や介護施設で集団感染が発生し、パニックが起きていた。県は重症病床を34床と国に報告していたが、実際に使えるのは23床。その9割が埋まっていた。早急に病院長会議を開き、どの病院に何人の患者が入院しているかという情報を共有して、カバーし合わなくては救える命が救えなくなる、と宮地は奔走した。

「医療資源が豊かな東京と違い、地方は重症の治療ができる病院が少ない。病床の母数が少ないから、あと1人、2人、重症患者が増えたら、すぐに医療崩壊の状態でした。静岡の東部から西部に搬送された患者さんが着いて間もなく亡くなった。もう見過ごせない。オンラインの病院長会議の開設を提案しました。個々の病院長に電話や、直接、会いに行って口説きました。形だけではなく、具体策を決める会議にしようと呼びかけたんです」

 と、宮地はふり返る。多くの読者は、「それは行政の仕事だろう」と思うかもしれない。しかし自尊心の強い医者の世界は独特だ。医師資格を持たない行政担当者が病床確保を依頼しても実質が伴いにくい。医師は医師の話なら耳を傾ける。しかも各々の病院は院長を頂点にヒエラルキーが決まっている。一筋縄にはいかない集団なのである。

■コロナ患者を受け入れ 誹謗中傷が寄せられる

 病院間の情報共有は一貫した課題だった。東西に長い静岡県は、伊豆半島や富士市域の「東部」と静岡市中心の「中部」、中東遠のある掛川市や浜松市などの「西部」の圏域ごとに医療は完結している。圏域外から突然、患者が送られてくると、院内に不満がたまる。中東遠の経営管理部長・石野敏也(56)は「入院準備に日数が必要なので事前に情報がほしい。行政は個別情報を開示しませんので、院長は果敢に行動しました」と述べる。

 12月17日、第1回の病院長会議が開かれた。会議には全院長が顔をそろえ、行政担当者、感染症医らも加わる。その場で、重症用のICU(集中治療室)8床の上積みが決まった。以後、2週間おきに病院長会議は開催されていく。

 年末から年始にかけて、爆発的に感染が拡大した。第3波の到来だ。静岡県でも600人近くの患者が入院先や療養先が決まらず、自宅待機を強いられる。病院長会議も力及ばず、首都圏同様の医療崩壊が起きるのか、と危ぶまれたが、予想外の反応が現れる。それまでコロナを診ていなかった大病院が門戸を開いたのだ。宮地は語る。

「大きな病院でもコロナに消極的な院長がいました。だけど、入院患者の情報を開示し合い、自院の立ち位置がわかり、拒みにくくなった。周囲が必死に感染症と闘っているのに、どんな理由があれ、距離を置くのは後ろめたい。心理的な綾(あや)でしょう。その後、かえって積極的に診てくれて、圏域を越えた長距離搬送はほとんどなくなりました。集団感染が起きても圏域内で補い合えています」

 中東遠に宮地あり。県内から東海一円、各地へと静岡の院長会議モデルが口コミで伝わった。

 中東遠は東海道新幹線の掛川駅から南西2キロの高台にそびえている。病床数500、職員数は1161人を数える。全国で初めて同規模の自治体病院(掛川市と袋井市の市立病院)の統合で誕生した基幹病院である。

 昨春、コロナ第1波の患者を受け入れた際、職員の子どもが保育園で差別的な待遇を受けた。病院に誹謗中傷が寄せられる。宮地は地元テレビ局の番組で風評被害を語り、強く抗議の意思を示した。内心言い過ぎたかな、と思い、コロナ病棟に足を運んで、患者に接する看護師に感想を聞いてみた。

「気にしないでください。わたしたちも同じ気持ちです。もっと言ってください」と返ってくる。院長は意気に感じ、闘志をかきたてられた。

 宮地は、「問題にぶつかると、力が湧く。外科医の性分でしょうか」と笑みを浮かべる。

「外科医は、見えない病因を検査で探り、可視化して手術をします。手術の成否は、8割方、術前の準備で決まる。患者さんにとって、何が適切か、あらゆるケースを想定し、万一の対処もチームで共有します。やってみないとわからないではいけません。手術中にトラブルが起きて最善の対応をしたと思っても、顧みれば50点ぐらい。十分準備をすれば80〜90点は可能です。準備さえ整えば、あとは淡々と手術をすればいい。淡々とこなす技術が必要なんです。このような考え方が問題の処理に向いているかもしれませんね」。医療の再建屋、宮地の発想と対処法は普遍性を備えている。

 宮地は、岐阜県土岐市の窯元の次男に生まれた。土岐は美濃焼の産地で、いまも日本屈指の陶器生産量を誇る。幼少期から両親が額に汗して働く姿を見て育った。父は開放的で人情味にあふれ、自宅は地域の集会所のようだった。夕餉(ゆうげ)を囲むと、隣で知らない人が楽しそうにご飯を食べている。そんな雰囲気だ。父の陶器を見る目は厳しく、納得したものしか卸さない。信用を重んじた。病院のサッカーやバレーボールのチームを率いて賑(にぎ)やかに対抗戦に臨む宮地の姿は父に重なる。患者本位の医療の原点も育った家にあるのかもしれない。
(文・山岡淳一郎)

※記事の続きは2021年4月26日号でご覧いただけます。