「たとえば、皇女制度を考えたとき、黒田さんが対象となる可能性はあるのだろうか」



 4月、首相官邸に集まった有識者会議のメンバーの口から、そんな言葉が飛び出した。「黒田さん」とは、上皇ご夫妻の長女、黒田清子さん(紀宮さま)のことだ。サーヤの愛称で知られた紀宮さまは、2005年に都庁職員の黒田慶樹さんと結婚した。
 菅政権は、この3月に安定的な皇位継承のあり方を議論する政府の有識者会議を設置した。座長となった清家篤・前慶應義塾長のもと、女性・女系天皇の議論のほか、結婚した女性皇族の立場も議論の焦点だ。

 ひとつは、女性皇族を当主とする宮家を創設して皇室にとどまる「女性宮家」。二つ目は、皇籍は離脱したのちも「皇女」の尊称を贈り、民間の立場から公務の仕事を委嘱する「皇女」案だ。

 その「皇女」候補として、有識者会議のメンバーの口から清子さんの名前が出たのだ。実は、清子さんの名前が出たのは、初めてではない。野田内閣で「女性宮家」の議論がなされた際にも、民間から公務を手伝っていただきたい、という声があがっていた。
 15年も前に皇籍から離脱した元内親王。いまだに復帰を期待する声は消えない。

 深い知性と教養を兼ね備えながらも、ひかえめな人柄と、誠実に公務に取り組み続けた姿勢を国民が忘れていないからだ。

 そしてこのタイミングで、始まった有識者会議の議論だ。「女性宮家」や「皇女制度」が語られるとき、第1号として念頭に置かれていたのは、秋篠宮家の長女で現役の内親王であった眞子さまだ。上皇后さまにも、「さすがは内親王ね」と期待をかけられながら、公務に熱心に取り組む生真面目さと、一方でおっとりした性格は、周囲に愛された。
 眞子さまには、こんなエピソードがある。2012年に埼玉県にある宮内庁の鴨場で、眞子さまは外国大使の接待役を務めた。大使夫妻らの前で、鴨を放鳥したはずが、鴨は地面を走って逃げだしてしまった。慌てて追いかける愛らしい姿に、その場は和んだという。

 国民からも愛された眞子さま。だが、婚約内定者である小室圭さんの金銭問題で世間の空気は一変した。

「元婚約者への対応については、眞子さまの方針も影響していた、と皇嗣職大夫が会見で口にしてからは、国民の批判の矛先も向けられた。国民に愛され、期待されていた眞子さまへの敬愛の声は、小さくなりつつある」(元宮内庁職員)
 上皇ご夫妻の平成の皇室を懐かしむ声とともに、才女の誉れ高い清子さんを懐かしむ声が湧き出してきたのだ。

 05年5月、清子さんは内親王として最後の36歳の誕生日を迎え、ご両親である上皇夫妻への感謝などをつづった誕生日の文書を出した。

 改めて読み返すと、迷い悩みながら誠実に公務に取り組んできた、清子さんの人柄が浮かび上がる。

<国内外の務めや宮中の行事を果たす中には、失敗も後悔もあり、未熟なために力が尽くせなかったと思ったことも多々ありました。また、以前にも述べましたが、目に見える「成果」という形ではかることのできない皇族の仕事においては、自分に課するノルマやその標準をいくらでも下げてしまえる怖さも実感され、いつも行事に出席することだけに終始してしまわないよう自分に言い聞かせてきたように思います。どの公務も、それぞれを通してさまざまな世界に触れ、そこにかかわる人々の努力や願いを知る機会を得たことは新鮮な喜びと学びの時でした>
 紀宮さま以前の内親王は、宮中行事などをのぞいては、日常の公務に携わることは、ほぼなかった。公務を担う内親王という型を定着させたのが清子さんだった。

 外国訪問でも相手国の歴史や文化、自然風土について念入りに学んで臨んでいた清子さんは、外国の王室との親交も深かった。20歳を迎えた夏には、上皇夫妻と親しいベルギー王夫妻から招待を受け、王妃の出身地であるスペインの別荘に滞在した。93年にボードワン国王が急死すると、悲しみに暮れたファビオラ元王妃は、スペインの別荘にこもる。悲しみに寄り添うように、元王妃のそばで過ごしたのは、清子さんだった。

 皇籍から離れたのちも、国賓を歓待する晩餐会に夫の黒田慶樹さんと何度も出席している。オバマ米大統領、ベルギーのフィリップ国王夫妻、トランプ米大統領夫妻などをもてなしてきた。いずれも、内親王時代の訪問や交流が縁となり招待が実現したものだ。
 皇室ジャーナリストのひとりは、こう話す。

「清子さんは、日本舞踊花柳流の踊り手として知られ、千代田区の国立劇場の舞台にも出演したご経験もあります。外国の賓客の接遇で着物をお召しの際も、姿勢がよく裾さばきなどの所作の美しい方でした」

 内親王として公務をこなすかたわら、父の上皇さま譲りの学者でもある。山階鳥類研究所の研究員として、鳥類の研究に没頭。結婚後も、客員研究員として地道に研究を続け、「山階鳥類学雑誌」(第49巻1号137号2017)に論文を掲載した。

 さらに、玉川大学教育博物館で外来研究員としても勤務。19年には、東京芸術劇場(東京都豊島区)で開催された特別展「石に描かれた鳥たち−ジョン・グールドの鳥類図譜」を企画した。会期中のパネルディスカッションでは、パネリストとして参加し、独自の見解を述べた。また、上皇ご夫妻を案内するほほえましい場面もあった。
 だが、多忙な清子さんが、「皇女」として再び、公務を担う可能性はあるのか。

「ご研究を続けてゆけるかという点もそうですが問題は、伊勢神宮の祭主の務めとの兼ね合いでしょう」(先の皇室ジャーナリスト)

 清子さんは2017年に、三重県伊勢市にある伊勢神宮の祭主に、天皇陛下の長女・黒田清子に就任した。祭主は天皇に代わり、伊勢神宮の祭事をつかさどる。皇族か元皇族が務めるのが習わしで、昭和天皇の四女、池田厚子さんより引き継いだ。祭主は、毎年5つの祭に奉仕する。五穀豊穣を祈る2月の「祈年祭」(きねんさい)、6月と12月の「月次祭(つきなみさい)」、10月の10月の神嘗祭(かんなめさい)、11月の新嘗祭(にいなめさい)だ。
 祭主の務めは、想像以上に過酷だ。前日から、禊(みそぎ)のために泊まりこみ、食事も牛や豚などの肉を避けて祭典に備える。当日は、浅沓(あさぐつ)を履き、白衣と緋袴(ひばかま)・小袿(こうちぎ)といった古式装束で臨む。装束で奉仕を務めるだけでも大変だが、6月と12月の月次祭は、3日間も続く。

 祭主として東京との往復生活に研究活動、さらに公務を手伝うとなれば、多忙な生活に拍車がかかる。宮内庁のOBは、こうつぶやく。

「いまのご生活を考えると、難しいかもしれません。でも、あの『紀宮さま』の、公務をもういちど、拝見したいと、期待してしまいますよね」
 果たして、「皇女」として皇室を支えるのは、黒田清子さんか、それとも眞子さまなのか。(AERAdot.編集部 永井貴子)