「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん(享年77)が2018年5月24日夜、急性覚醒剤中毒で怪死してから約3年を経てついに捜査が動いた。



 和歌山県警は28日午前、殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで野崎さんの55歳下の妻だった須藤早貴(さき)容疑者(25)を逮捕した。

  野崎さんは亡くなる3カ月前の18年2月に須藤容疑者と結婚したばかりだった。当時、自宅には早貴容疑者と家政婦がおり、2人が自宅2階で意識を失っている野崎さんを発見した。2人の事情を知る関係者はこう話す。

「昨年1月には、野崎さんの自宅にあった掃除機から覚醒剤が検出されたんです。捜査員は東京、和歌山県内などへ出向き、野崎さん周囲にいた人たちの事情聴取を続けていた。逮捕は近いと思われたんですが、コロナでいったん捜査の動きが止まった。今回は早貴容疑者の実家のある札幌へも捜査員が行ったそうです」

 野崎さんの死後、早貴容疑者は野崎さんが和歌山県田辺市で経営していた会社「アプリコ」から約3834万円などを自身の名義の預金口座へ振り込んでいた。

「その金を持って、ドバイへ行きたいと言っていたんですよ」(前出・関係者)

 和歌山県警は早貴容疑者が国外へ高飛びの準備をしているとみて、身柄を確保したという。

 死亡当日に家にいたのは早貴容疑者と、野崎さんとは20年以上の付き合いがあり、身の回りの世話をしていた家政婦だった。事件後、家政婦は記者の取材にこう語ったいた。

「私が数時間外出して帰ってきたら、早貴さんは1階のお風呂から上がったばかりでした。2階は野崎社長のお風呂、1階は早貴さんと私のお風呂でした。それからと2人でテレビを見ていたら、上から『ドーン、ドーン』と物音が聞こえてきました。『社長、なんか怒っているから、上に行ったほうがいいんじゃない』と早貴さんに言ったんです。それで、彼女が2階へ上がったらすぐに戻って来て、『社長がなんかおかしいの』と言う。私が急いで上に上がったら、体がカチカチになっていて、仰天しました」

 家政婦は気が動転し、すぐに会社の社員に電話したという。

「ソファからずり落ちて足が床にあたった音が聞こえたのではないかと思います」(同前)

 早貴容疑者と野崎さんが知り合ったのは17年12月で、それから2カ月後に結婚した。野崎さんの方から籍を入れたいと申し込み、早貴容疑者には毎月100万円の「お手当て」が支払われていたという。家政婦は目撃した2人の夫婦生活をこう語る。

 「社長は肛門(こうもん)の締まりがなくて、風呂に排泄(はいせつ)物が浮くこともあった。垂れ流しの状態で、歩いたところに排泄物がこぼれていることもありました。体調が悪くて、東京の病院に通っていました」

 そんな状況だったので、早貴容疑者は野崎さんから逃げ回っていたという。

 「早貴さんは社長とあんまりエッチしたくないと言って、逃げ回っていましたね。1階の私のところにばかりいたから、『2階の社長のところに行ってよ』と言ったこともあります。お金のために我慢していたのかもしれません。妻の態度に『そんなんならいてもらう必要ない』と社長が怒ったことがある。『離婚届を書いたから見ろ』と早貴さんに見せたこともありました」


 野崎さんの性生活のこだわりは最後まで強かったという。野崎さんが生前かわいがっていた愛犬イブも謎の怪死を遂げており、事件の全容が解明が期待される。(AERAdot.編集部 上田耕司)