秋篠宮家が、長女・眞子さま(29)の結婚問題で逆風にさられる中、絶妙なタイミングで公表されたのが次女・佳子さま(26)の「就職」のニュースだ。



 宮内庁は、5月6日から、一般財団法人「全日本ろうあ連盟」(東京都新宿区)の非常勤嘱託職員として週3日程度、テレワークで事務作業などを行うと発表した。実際、ご自身の希望で、すでにことしの2月末からインターンとして同連盟で働いていたのだという。

 もちろん紀子さまをはじめ、眞子さまと佳子さまは、長く手話関係の公務に出席しており、縁が深いのは周知の事実。

 佳子さまを知る人物がこう話す。

「佳子さまは、やんちゃな行動でずいぶん批判を受けた。学び、強くなったのではないか。今回の『就職』も、おそらく秋篠宮家が立たされている状況をしっかりと見据えたうえでの、ご選択だと思います」

 眞子さまと婚約が内定している小室圭さん(29)の金銭トラブルの対応に、宮内庁はおろか、眞子さまも加わっていたことが明らかになると、秋篠宮家に対する風当たりは、過去にないほど強まった。逆風は、皇居の外だけでおさまらない。連日殺到する宮内庁への抗議に、疲弊し切った職員らも、内心穏やかではない。

「皇位継承順位2位である悠仁さまに悪い影響が出ることも懸念したのでしょう。『眞子内親王は、はやく結婚なさって皇籍から離脱なさってはどうか』と、宮内庁関係者やOBが口にする光景も珍しいものではなくなった」(宮内庁OB)

眞子さまの結婚に対して世間の批判が向けられても、佳子さまは一貫して姉を支え続けてきた。実は、そんな佳子さまだからこそ、眞子さまのことは当初から気がかりだったようだ。

「どうして、(姉は、結婚について)何も相談してくれなかったのか」

 2017年、眞子さまと小室圭さん(29)の婚約内定会見が行われた時期、佳子さまは、こんな言葉を悔しそうに口にしていたという。

 日本中が祝福ムードにつつまれていたときであった。秋篠宮ご夫妻も、「常に真面目な人だというのが第一印象でした。その印象は、変わっておりません」(秋篠宮さま)、「小室さんの優しいピアノの音色を聴きながら,私たちは心和むひとときを過ごしました」(紀子さま)と、にこやかに述べていた。 

 事情を知る人物は、こう話す。

「誰もが祝賀ムードに酔いしれるなかでの、佳子さまの硬い表情に、不思議な印象を受けました。いま思えばですが、眞子さまの方でも妹の佳子さまに無邪気に話せないものを抱えていたのかもしれません」

 結果として、このとき佳子さまと眞子さまの間に生じたしこりが、的中したことになる。

 ご夫妻が祝福のコメントを出してから、1カ月ほどで小室さん親子の金銭トラブルの第一報が報じられると、「年金問題」など小室家の抱える問題が次々と明るみに出ることになった。

報道で世間の風当たりが強くなると、佳子さまは姉を支える姿勢を見せた。2019年に国際基督教大学(ICU)を卒業した佳子さまは、記者会の質問に答えた文書回答で、姉にこうエールを送っている。 
 
<姉が結婚に関する儀式を延期していることについてですが、私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています>

 昨年10月、眞子さま29歳の誕生日に宮内庁が公表した眞子さまと佳子さまの姉妹2ショット写真は話題を集めた。そのうちの一枚で、佳子さまは、インスタントカメラ「チェキ」を両手に持って姉と自撮りポーズを披露した。本来ならば、カメラに近い位置に立つのは主役の眞子さまだ。しかし、まるで姉を守るかのようにカメラの手前に立つ佳子さまの様子は印象的だった。

 佳子さまを知る人物は、こう話す。

「佳子さまはアイドルのような容姿で、私的な時間は皇室らしからぬ装いでいまどきの女性に見える。しかし、心の芯の部分が本当に強い。世間に発言や行動が批判されているときも、その怒りは世間ではなく、自身の弱さに向いていた。あの方ならば、大きな壁にぶつかることがあっても自分を見失うことはないだろうな、と感じます」

 佳子さまといえば大学卒業したのちも「公務に専念する」として、他の皇族方のように、団体への「就職」も皇族の公務として名誉総裁に就くこともなかった。そのため、「佳子さまは、何をしてお過ごしなのか」と過去、記者から質問が出たこともあった。

 しかし、趣味のダンスもコロナ禍では当然、封印。皇族としての公務も、オンラインで参加し、「ジェンダー問題」などにも関心をみせていた。そして、今回のニュースで、2月からすでに働いていたことが明らかになった。

 折しも菅政権は3月に、安定的な皇位継承のあり方を議論する政府の有識者会議を設置したところ。皇籍は離脱したのちも「皇女」の尊称を贈り、民間の立場から公務の仕事を委嘱する「皇女」案も議論にあがっている。「皇女」の第1号として目されていた眞子さまだが、小室さん問題で先行きは不透明だ。

 必然的に、ことし20歳を迎える愛子さまはもちろん、27歳となる佳子さまへの期待は高まる。泥をなめた分、皇族としての自覚も強くなったという声も聞こえてくる。こんな話がある。

 コロナ禍で私的な外出ができない理由について、佳子さまは、知人にこう話していたという。

「わたしが感染すれば、護衛の人やまわりの職員の方を危険にさらすことになる。だから、出かけることはできない」

 果たして佳子さまは、秋篠宮家を救うキーマンとなるのか。(AERAdot.編集部 永井貴子)