秋篠宮家の長女、眞子さま(29)の婚約内定者の小室圭さん(29)が留学先の大学を卒業した。夏のニューヨーク州の弁護士試験に備える小室さん。内親王の結婚相手にふさわしい相手であるのか、真価が問われる局面だ。だが、ささやかれ続ける「儀式なし」の「入籍のみ」の結婚は、秋篠宮家が課すペナルティかと思いきや、小室家にとってはむしろ幸いかもしれないという現実が浮かび上がる。



*    *  * 
「いかに穏便に、眞子内親王殿下に皇籍離脱していただくかーー。いま、宮内庁側が考えを巡らせているのは、そこでしょう」

 そう話すのは、元宮内庁職員の山下晋司さんだ。

 山下さんは、一般の結納にあたる「納采の儀」を行い皇室の記録として汚点を残さない形がいい、と考えている。

 一方で、天皇陛下も2月の誕生日で、「多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と発言しているが、国民が「納得し喜ぶ」には、ほど遠いのが現状だ。

 4月に小室さんが金銭トラブルについて説明した文書が反発を招き、さらにそれには眞子さまの意思が大きく関与していたことが明らかになると、風当りはいっそう強くなった。

 国民感情を考えると、秋篠宮家が納采の儀をはじめ結婚に関する諸儀式を行うのは、厳しい状況なのは間違いない。皇室としては異例だが、納采の儀を行わずに入籍のみの結婚との見方は、いまだ根強いのだ。これは、ふたりへのペナルティのようにも思えるが、

「むしろ小室さんにとっては、納采の儀などないほうが、いいでしょう」

 こう話すのは、長年皇室を取材してきたジャーナリストだ。実は、一般にはあまり知られていないが、皇室の内親王や女王との結婚する男性は、儀式や挙式、披露宴にかかる費用などの応分を負担するのが慣例だ。形どおり儀式を行うならば、小室家が費用を“工面”しなければならない。

 例えば、納采の儀において、男性の家は、「納采の品」を宮家や天皇家に納めることになっている。その品とは、清酒3本と白い絹の巻物、「鮮鯛」。

 鯛や酒の値段はさほど高くはない。問題は、絹の巻物だ。絹の巻物は、結婚式でのドレスに仕立てられてきた。黒田清子さんは、慶樹さんが納采の儀で納めた絹の巻物を純白のロングドレスに仕立て、挙式で身に着けた。高円宮家の次女、典子さんが出雲大社宮司を務める千家家の長男、国麿さんと結婚したときは、披露宴と皇族方や各界要人を招いて開かれる晩さん会でのドレスに仕立てされた。

 ドレスに仕立てるには、最低でも5メートルの長さが必要である。過去の納采の儀では、幅1・2メートル、長さ10メートルの布が納められた。相応の値段がつく品だ。

 小室さんのNY州司法試験の合否が出るのは12月。働いて報酬を手にするのは、さらに先だ。眞子さまと小室さんの婚約内定が発表された2017年のことだが、混乱をさけるために、宮内庁が小室さんに、「タクシーで移動して欲しい」と頼んだが、小室さんは「タクシー代は高額なので」と断り、宮内庁が車を出したという報道もあった。 

 また一連の儀式で、男性側が“調達”しなければならないのはモノだけではない。

 納采の儀や結婚式の前に執り行われる「告期(こっき)の儀」では、小室家からモーニングで正装した使者を立てて秋篠宮邸を訪問し、納采の品を納める必要がある。黒田清子さん、高円宮家の典子さん、絢子さんのいずれのときも、男性側の親族が使者に立った。

 小室家は、親族との付きあいがほぼ絶縁状態にあるようだが、正装で秋篠宮邸を訪問するにふさわしい人物がいるのだろうか。

 さらに、秋篠宮家から小室家へも宮内庁の職員が使者として訪問する。むかえる小室さん側もモーニングの正装で迎える必要がある。

 過去の皇族の結婚では、こんな話もある。ある親族がモーニングを着用しなくてはいけないが体重が増えてしまい、むかしあつらえたモーニングが入らない。そう頻繁に、着る機会はない。「新調するのはもったいない」と過酷なダイエットに励み、身体を服のサイズに合わせたという。

「宮内庁には、宮殿行事や晩さん会、園遊会などで役目を務める職員や取材する記者が着用できるよう、あらゆるサイズの礼服をそろえてある。小室さんが儀式で借りることもできるかもしれない。しかし、長年たくさんの職員や記者が袖を通し、布地が擦れてテカテカに光っているようなモーニングを、内親王と結婚する小室さんが着るわけにもいかないでしょう」(前出、ジャーナリスト)

 となれば自前で用意するか、その都度レンタル衣装を利用する必要がある。儀式の度に発生する車代や衣装代などの雑費も、男性側が負担するのが一般的。披露宴などを行うとなれば会場の費用も相当な額になる。黒田清子さんの結婚のときは、帝国ホテルの費用も両家の折半だった。

 小室家が工面できないとなったとき、秋篠宮家が全額負担するとなれば、国民のさらなる批判を招くのは必至だ。

「善意をもって見るならば、小室さんは、皇族との結婚の重みをまるで理解していなかった。費用も、皇室が全部もってくれるのだろうと、セレブとの玉の輿婚と重ねて楽観視していたのでしょう」(同)

 秋篠宮家の事情を知る人物は、小室家としても、ヘタに儀式が執り行われれば、費用の捻出に頭を悩ませなくてはいけない。儀式なしのほうが、よほどありがたいのではないか、と話す。

 結婚に関する儀式が執り行われれば、お金の出どころをふくめ、猛烈な批判にさらされる。本来、民間に出る内親王の結婚は、秋篠宮家の私的な問題だった。それが宮内庁組織トップの長官や皇嗣職大夫が、結婚相手の金銭トラブルの収拾に介入し、天皇陛下も巻き込まれる形となった。
 
 皇室への敬愛がこれ以上失われないうちに、眞子さまの結婚についての決断が必要だろう。(AERAdot.編集部 永井貴子)