日本各地で大きな地震が起きている。5月に入ってから、1日に宮城県で最大震度5強、熊本県で震度4の地震が起こった。編集部で独自調査を行ったところ、この1年間で地震が多数起こっている地域と、地震が起こっていない地域が見えてきた。



*  *  *
「最近、地震が多くて、少し怖いです。地震が少ない地域に引っ越したい」

 こういうのは東京都に住む女性(36)だ。2月13日に福島県沖でマグニチュード7.3の地震が起き、福島県、宮城県で震度6強を観測した。東京でも震度4の揺れが起こり、東日本大震災の記憶が蘇ったという。地震が少ない地域というのはあるのか。

 そこで編集部では、気象庁の「震度データベース検索」を使い、2020年4月から今年3月までに全国の自治体で起こった震度1以上の地震の回数を集計した。先ずは日本全国で起こった地震の状況を見ていこう。

 地震が多い地域、少ない地域を見やすくするために、3Dマップを作製した。動画を見てもらいたい。全国の自治体で観測された地震の平均回数は16回だった。そこで1から16回の自治体を青色、17回から32回までを黄色、33回以上を赤色、0回をオレンジ色にした。

 見てわかるのは、東北地方の地震の多さだ。岩手県で最も回数が多かったのは一関市で163回、宮城県では石巻市が182回、福島県では田村市が182回と最も多かった。東日本大震災後も余震が続いているためだ。

 その影響を受けて、関東でも地震の多さが目立つ。茨城県では日立市が最も多く150回、千葉県では香取市が72回、東京都では千代田区が64回などとなっている。北海道でも太平洋側の地域で、地震の多さが伺える。根室市では72回と多い。

 反対に西日本では地震が少ない地域が目立つ。東北大災害科学国際研究所の遠田晋次教授(地震地質学)はこう説明する。

「東日本の場合は、震源が深いところにあるのが特徴です。その結果、揺れが広範囲にわたり、一度の地震で揺れる自治体も多くなります。他方で西日本は震源が浅いのが特徴。その結果、揺れも局所的になり回数も少なくなるのでしょう」


 中部でも東日本並みに突出したグラフが目立つ。昨年5月に、北アルプスのある岐阜・飛騨地方で、断続的に限られた場所で地震が頻発する「群発地震」が発生したためだ。高山市(岐阜県)で201回、松本市(長野県)でも165回と地震の回数が大きくなっている。

 伊豆半島や伊豆諸島、屋久島の南西に位置する鹿児島県の十島村(トカラ列島)も群発地震がたびたび起こるところしても有名だ。

 この1年間で地震のなかった地域にも注目していきたい。福岡県では地震がなかった地域が多く、51地域(自治体・行政区)もあった。次いで北海道が27地域、兵庫県が22地域となっている。鳥取、島根、岡山、広島といった中国地方の各自治体があがっている。

 立命館大の高橋学特任教授(災害リスクマネジメント)はこう見る。

「福岡県では地震は少ないが、地盤が悪いところが多く、水害にたびたび見舞われている。北海道では人口が少ない地域も多く、観測地点も少ないのも影響しているのでしょう。岡山県では断層が少なく地震も少ないとされていますが、詳しく調査されている断層がほとんどなく、リスクがよくわからない実態があります。兵庫県の西部の佐用町などでは比較的地震が少ないため、実験施設が作られるなどで知られています」

 いま地震が少ないからといって安全というわけでもない。1995年に起こった阪神・淡路大震災では神戸市東灘区、灘区、兵庫区などで震度7の揺れが起きている。05年に起きた福岡県西方沖地震では、福岡市東区、中央区、前原市(現・糸島市)でなど震度6弱を観測している。

 日本列島どこにいても震度6弱以上の地震に見舞われてもおかしくない、とよく言われるが、それでも地震が来ない地域はあるようだ。先の遠田教授はこう語る。

「理由はまだわかっていませんが、熊本県の天草諸島にある下島あたりは震源となる地震がほとんどありません。仙台湾や琵琶湖も震源が少ない。もちろん近くで地震があれば揺れますが、震源にはなっていない。50キロ四方の地域で見れば、そうした揺れない地域もいくつかあります」

 地震がないと油断していると、被害を大きくする可能性もある。しっかりと備えておこう。