今後30年間で震度6弱以上の地震に襲われる確率が、公開された「全国地震動予測地図」から見えてきた。AERA2021年6月7日号では、巨大地震の「発生確率」と過去5年半の「地震回数」を徹底調査。自分の住む地域の将来の「確率」と、これまで揺れた「回数」からリスクを把握し、いつか来る大地震に備える必要がある。確率は低くても安心できない。



*  *  *
「これ以上、大きくならないで!」

 5月14日朝、福島県相馬市にある温泉旅館「蒲庭館(かばにわかん)」6代目女将の金子敏代さんは、思わず叫んだ。

 この日、午前8時58分ごろ福島県沖を震源とした地震が起き、海岸近くの高台にある旅館は震度4の揺れに襲われた。身体に感じる揺れはそれほど強くなく、モノが落ちるなどの被害もなかった。それでも不安は募った。

 2011年3月11日。東北地方の三陸沖を震源に起きたマグニチュード(M)9の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で相馬市は最大震度6弱の非常に強い揺れを観測。築30年近い旅館の建物は屋根がずれ、雨漏りがするなどダメージを受けた。

 そして今年2月13日、福島県沖を震源とした地震が発生し、旅館は震度6強の揺れに見舞われた。建物の外壁は崩れ室内の壁には何十カ所も亀裂が入り、温泉を引くパイプがゆがんだ。1週間近く休業を余儀なくされた。続いて3月20日、相馬市で震度5弱の揺れがあり、建物の壁はさらにずれたりした。修理をしているがなかなか進まない。そこを震度4の揺れが襲ったのだ。金子さんは、嘆く。

「また大きな地震に襲われるのではないかと思うと、不安で仕方ありません」

■どこで揺れているのか

 日本は世界有数の地震国だ。近年も、日本各地で不気味な地震が頻発している。一体どこで多く揺れているのか。見極めるために本誌は、気象庁の「震度データベース検索」を使い、16年1月から今年5月17日までの約5年半で、全国の県庁所在地で起きた震度1以上の地震の回数を集計し、日本地図に落とし込んだ。北海道は面積が広いため、参考までに函館と旭川、根室も集計した。

 最も回数が多かったのは熊本市で2253回。群を抜いているが、16年4月に起きた「熊本地震」と関係していると考えられる。もとから地震活動が活発な東北の太平洋側は盛岡市で457回、仙台市で340回と比較的多い。

 では、いつどこで大地震が起きるのか。今の科学の知見では、確度の高い地震予測は難しい。せめて、強い揺れに襲われる可能性がある地域はどこなのか知りたい。

 そこで、政府の地震調査委員会が今年3月に公表した「全国地震動予測地図2020年版」を基に、「今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率」を日本地図で色付けした。地形の色が青色から紫色に濃くなるほど、今後30年で大地震が起きる確率が高まることを示す。さらに、「盛岡市6.3%」のように全国の県庁所在地には今後30年以内の発生確率を数値で表した。東京は47%、大阪市は30%、福岡市は6.2%などと地域によって差があることがわかる。

 あらためて地図を見てほしい。

 近年、揺れた回数は少ないのに今後30年間の大地震の発生確率が高い地域もある。その逆もしかり。揺れた回数と将来の確率は必ずしも一致しないことが見て取れる。「揺れが少ないから安心」などと考えてはいけないことを数字が示している。

 そもそも「地震動」とは、地震に伴う地面や地中の揺れのこと。全国地震動予測地図は、過去の地震や地盤の固さ、活断層調査など最新のデータを基に作成。第1版は05年につくられ、その後、1年から2年ごとに評価され算出する。今回算出したのは18年以来。その結果、全国で最も確率が高いのは水戸市で「81%」となった。

■太平洋側で「高い」確率

 水戸で高いのは、なぜか。地震のメカニズムに詳しい東京大学地震研究所の古村(ふるむら)孝志教授(地震学)は、太平洋プレートの地震の影響が大きいと話す。

「茨城沖は太平洋プレートが陸側の北米プレートの下に沈み込むプレート境界域で、もともと地震活動が高い場所。M7〜7.5規模の地震が、20年から30年に1度の割合で起きています。それがしばらく起きていないので、そろそろ起きる可能性が高くなっています」

 さらに、水戸市は平野部にあり、川の氾濫で運ばれた泥や砂が堆積した軟らかい土地が覆っているため、揺れが大きくなりやすいという。

 地図を見ると、北海道から四国にかけての太平洋側で濃い紫色、つまり確率の高い地域が目立つ。なかでも、古村教授が特に注目しているのが、東北だ。東北地方太平洋沖地震から10年たち、余震も減った。今後30年以内に震度6弱以上の強い揺れに見舞われる確率は福島市が9.3%、仙台市は7.6%と低い。しかし、「余震が落ち着いた、強い揺れの確率が数%程度だからと言って、安心はできない」と古村教授は警鐘を鳴らす。

 太平洋側の東北沖では、東北地方太平洋沖地震のようなM9クラスの地震は600年に1度程度の割合で起きているが、10年前に発生したので、今後30年以内にM9クラスの地震の発生確率はほぼゼロと考えていい。だが、この地震とは別に東北沖の各地では、M7〜8クラスの大地震が数十年に1回の頻度で起きており、いつ起きてもおかしくないと心配する。(編集部・野村昌二)

※AERA 2021年6月7日号より抜粋