電車の乗降に介助が必要な車いすユーザー。階段しかない無人駅を利用するために介助を求めることは「わがまま」なのだろうか。SNSなどで大きな批判があった、障害者が移動の自由の権利を求めることについて考える。AERA 2021年6月7日号の記事を紹介する。



*  *  *
 車いすを利用するコラムニストの伊是名夏子さん(39)がJR東日本のエレベーターのない無人駅で下車したいと申し出た際、駅員から一時、案内できないと言われ、「乗車拒否されました」とブログで問題提起したところ、大きな反響があった。批判が多く、誹謗中傷や差別的な投稿は今も続く。

 この10年、国内で障害者をめぐる環境は大きく変化した。2012年に障害者総合支援法が、13年には障害者差別解消法が成立し、14年には日本も障害者権利条約を批准。東京五輪・パラリンピックに向け、バリアフリーも進められた。「多様性」や「共生社会」の言葉も社会に浸透してきたが、障害のある人が、ない人と同じように駅を利用したいと声を上げただけで、「わがまま」と非難される現実が露呈した。

 電車とホームには隙間や段差があるため、車いす利用者の多くは駅員にスロープを設置してもらい、乗降する。階段があるのにエレベーターやスロープのない駅では、駅員らに上げ下ろしの介助もしてもらうことになる。

■障壁は事業者の責任で取り除かなければならない

 今回、伊是名さんは、JR小田原駅で駅員に「来宮駅(静岡県熱海市)までお願いします」と伝えたところ、「来宮駅は階段しかないのでご案内できません。熱海まででいいですか」と言われた。出発前にネットで駅構内図を見たが、来宮駅が無人駅であることや事前の連絡が必要なことはわからず、1階しかなかったため車いすのまま改札へ行けると思ったという。

 伊是名さんは、障害者差別解消法に基づく合理的配慮として、「駅員を集めて階段の介助をしてほしい」と複数の駅員と約1時間半にわたって交渉したが、「できない」と繰り返され、自己負担でのタクシー利用を勧められた。車いすで利用できるタクシーは台数が限られ、乗れるとも限らないが、仕方なく熱海駅に向かったところ、状況は一変。ホームで駅長ら4人が待ち受け、来宮駅で下車できることになった。

 経緯をブログで発信した理由について伊是名さんは「車いすの人が駅を使うことが想定されていないと感じて、声を上げ、みんなで一緒に考えて、誰もが安心して利用できる公共交通機関になってほしいと思った」と話す。

 だが、共感より反発が広がった。「介助してもらったのに感謝が足りない」「事前連絡がない」。人権問題として提起したのに「施し」「思いやり」の話に変換され、議論が交わらなかった。

 そもそも今回の問題点は何か。内閣府障害者政策委員会の委員長で、日本人初の国連障害者権利委員会委員も務めた石川准・静岡県立大学教授は言う。

「障害者差別解消法に基づく合理的配慮の提供では、建設的対話による合意形成のプロセスが大事ですが、JR内で建設的対話に向き合うことが徹底されていなかった可能性があります。無人駅だから、階段しかない駅だから案内できないとしたのであれば問題です」

 16年4月に施行された障害者差別解消法では、国や地方公共団体に対し、障害のある人が社会でバリアーに直面したとき、そのバリアーを取り除くために必要な調整を行う「合理的配慮」の提供を義務付けている。現在、民間事業者は「努力義務」とされているが、今国会に改正案が提出されており、民間事業者も義務化される見通しだ。

 駅の無人化に関する国土交通省の意見交換会のメンバーで、障害者団体「DPI日本会議」事務局長の佐藤聡さん(53)もJRの対応を問題視する。

「階段しか手段がなく、車いすで駅を利用できないようにしているのは事業者側です。その障壁は事業者の責任で取り除かなければなりません。利用を断ってはダメだという考えを、現場の駅員が持つ必要があります」

 JR東日本横浜支社はアエラ本誌の取材に対し、次のように回答した。

「小田原駅では社員を即座に手配することができず、熱海駅からのタクシー利用をご提案しました」「来宮駅では4名の熱海駅社員が降車をお手伝いしたので『乗車拒否』した認識はありません」「明確にご案内できず、合理的配慮がなかったという印象を与えてしまった点については申し訳ない」「事前連絡がない場合も必要な対応を行いますが、通常よりもお時間を頂戴することをご理解いただきたい」

■女性の障害者という複合マイノリティーの苦悩

 約100キロの電動車いすを4人の駅員が運んだことについて「かわいそう」という指摘もある。JR東日本横浜支社によると、社内マニュアルではジョイスティック型電動車いすは通常6〜8人で運ぶ規定があるが、乗客が車いすに乗った状態を想定したもので、今回は同行した介助者が抱っこしたため、駅員4人で運んだという。

 もしそれが過重な負担であるなら、労働環境を改善する責任はJR東日本にある。伊是名さんも「階段で車いすを運んでもらうのは危険だし、駅員さんに申し訳ないので本当は避けたい。でも、エレベーターがない以上、お願いせざるを得ない」と話す。

 伊是名さんへの非難の声が多いことについて、佐藤さんは「昔の『医療モデル』の考えから抜けられていない人が多いからではないか」と指摘する。

「医療モデルでは、階段を上がれないのは歩けないあなたの責任で、運んでくれと言うことが『わがまま』になってしまう。だが、今は障害のことを考えずにつくられた社会のしくみに問題があるという『障害の社会モデル』の考え方をベースに法律もできています」

 石川さんはこう見る。

「平等といえば『形式的平等』と理解している人は、障害特性に合った環境調整をして実質的平等を実現することが不当だと思ってしまうのではないか」

 さらに、深い感情的反応も起きていたとも指摘する。

「伊是名さんは女性の障害者であるという点でよりバッシングを受けやすい」

 障害者権利条約第6条にも「障害のある女性」という条文があり、複合的な差別を受けやすいとの指摘がある。

 伊是名さん自身も今回は、普段リベラルな立場で活動している人からも批判が多かったと話し、「複合マイノリティーの私には、とにかく批判が向けられ、理解されにくい」と声を落とす。

 今回、障害のある当事者や家族からも「自分は事前連絡する」「障害者の印象が悪くなる」など批判が起きた。

「健常者の枠に入りたい障害者が増えたように感じる」と話すのは、人工呼吸器を着け、電動車いすで移動する埼玉県の羽富拓成さん(37)だ。

「本当は障害者が降りたい駅で降りるという当たり前の権利が守られないことに怒らないといけないのに。電車に乗るたびに感謝を口にし、『すみません』と言うのは、障害者はお荷物ですと自ら差別されにいっているようなもの。自分で自分の首を絞めている」

 今回のバッシングで、困りごとがあっても声を上げないで我慢する障害者は増えるだろう。だが、わきまえているうちに当たり前の権利も移動の自由もどんどん奪われていく現実もある。

 代表的なのが駅の無人化だ。国交省の調べでは19年度に全国で9465ある駅のうち駅員のいない無人駅は4564駅と5割近くあり、約20年で400駅以上も増えた。利用者の少ない地方の駅ばかりでなく、都市部でも一部時間帯で駅員が不在になる駅もある。

■電車で100円のところ福祉タクシーで2500円

 羽富さんも2年前、東京・池袋駅から自宅の最寄りのさいたま市内の駅に向かおうと駅員に申し出たら、「(降車駅の)駅員が休憩時間中なので案内は1時間後になる」と言われた。1日の乗客数は約1万9千人(19年度)の比較的大きな駅での話だ。この件を受け、「どんなに障害が重くても地域で暮らすのがあたりまえ」を掲げ、さいたま市で活動する「虹の会」が日ごろ使う市内の駅を調べると、6駅中4駅で駅員不在の時間があったという。虹の会事務局長の加納友恵さん(45)は言う。

「車いす利用者にだけ、事前連絡をしないと電車に乗れないと課すのは明らかな差別だと思います。今後、コロナによる赤字財政を理由に無人化が正当化され、加速するのではと心配です。経営を優先するのは公共交通機関としての役割を放棄していると思います」

 昨年9月、駅の無人化は移動の自由を侵害しているとして、大分市の吉田春美さん(67)らはJR九州を相手取り大分地裁に提訴した。同社は17年に同市内の8駅の無人化計画を発表し、すでに3駅を無人化。利用の事前連絡について、吉田さんは当日の予約や時間変更はできないと言われ、電車で100円のところ、福祉タクシーで2500円かかったこともあったという。

「片道だけなら簡単に決められますが、往復だとインターネットで検索し、予定をたてて予約しなければならず、先日は予定表をつくるのに2時間もかかった。障害者や高齢者にとっては苦痛で、電車に乗ることを諦めるかもしれません。黙っていたら残る五つの駅まで無人駅にされてしまうと思い、裁判を起こしました」(吉田さん)

 提訴後、ネットなどで「障害者のわがまま」という声が複数上がった。代理人の徳田靖之弁護士は言う。

「利用できていた駅が、事業者側の一方的な都合で利用できなくなるのはおかしいと思いませんか。移動の自由は憲法で保障され、まっとうな問題提起なのに、誹謗中傷が起きる。背景には、障害者は社会に迷惑をかけている存在だ、わきまえろという思いがあるのではないでしょうか」(編集部・深澤友紀)

※AERA 2021年6月7日号より