秋篠宮家の長女・眞子さま(29)の婚約内定者の小室圭さん(29)が、金銭トラブルの経緯を説明する文書を4月8日に公表してから2カ月が過ぎた。しかし、金銭トラブルについて進展はない。時間の経過とともに記憶が忘却されるのを待つばかりなのか。


 
「小室さんが文書を公表してから2カ月が経ちますが、話し合いも解決金についてもまだ、進展はありません」

 そう答えるのは、小室さんの母、佳代さんの元婚約者男性の代理人だ。

 今年72歳になる元婚約者男性は、ゴールデンウィーク中も生活のために休みなく働いていた。

 小室さんサイドは、文書で<きちんと話し合いをすることなく解決金を材料に話し合いを終わらせるのは本当の意味での解決にはなりません>とつづったが、4日後には一転。弁護士が記者会見を開き「解決金をお渡しする形で、この問題を終了したい」と説明した。
 
だが、2カ月が経過したいまも進展は、ない。

 前述の通り、小室さんは文書で、「話し合いなしには、本当の解決にはならない」と明言しているが、その「話し合い」すらはじまる気配がないのだ。

 元婚約者は小室さんの代理人弁護士に、「交渉の相手は小室圭さんではなく小室佳代さんであり、佳代さんと話し合いたい」という内容を伝え続けてきた。だが、その第一歩すら踏み出せないまま、足踏みが続いているのだ。

 事情を知る人物はこう話す。

「小室さんサイドが、佳代さんと元婚約者の話し合いに前向きではなく、話が止まっている」

 実際、小室さんは4月に出した文書で、金銭トラブルが解決できなかった理由のひとつとして、元婚約者への「恐怖」を語っている。

<元婚約者の方のご真意が分からない><私や母の恐怖は倍増しました。ここまでの攻撃をされるというのは、ご真意とされているもの以上のお考えがあるように思えてなりませんでした>

 元婚約者は、佳代さんは「長期の入院中」だと伝えられていた。元婚約者が4月27日にマスコミ各社に出したコメントには以下のように記されていた。これは、小室さん側が「解決金」を渡す意向を明らかにしたことを受けて出したものだ。

<現在、佳代さんは体調が悪く、長期間の入院中と伺っております。ご体調については私も心配しておりますが、可能な限り早く佳代さんにお話を伺い、最終的な判断をしようと考えております>

 だが、元婚約者がコメントを出した直後、佳代さんは、買い物帰りの光景を女性誌にキャッチされた。

 元婚約者の代理人がこう話す。

「そもそも我々は、小室さんが4月に28枚に及ぶ文書を公表したことすら寝耳に水でした。もちろん、内容についても、何ひとつ説明を受けていないのです」

 元婚約者の男性にしてみれば、400万円超の金銭トラブルの相手側が突然、書類28枚分におよぶ「小室家の主張」を発表。しかも自分ではなく、世間にむけて発表してきたのだ。元婚約者は、本来向き合うべき相手に対して説明して欲しいと訴えているだけだ。

「何も特別無茶なことを主張している訳ではないと思うのですが…。元婚約者の男性は、きちんと説明してもらいたい、と伝えているだけです」(同)

 さらに元婚約者サイドが戸惑っているのは、この問題に関して「小室さんチーム」に当事者以外の「登場人物」と「指令役」が多すぎる点だ。

 本来は、小室さん親子と元婚約者の間のトラブルである。にも関わらず、西村泰彦宮内庁長官が小室さんの文書について「理解した」と発言したり、秋篠宮家を公私ともに支える加地隆治皇嗣職大夫にいたっては、「眞子さまの意向が大きい」と、皇族が一般人のトラブルの渦中に首を突っ込んでいると、説明し出してしまった。

「『船頭多くして船山に上る』ではないが、小室さん側の対応が一転二転したり、突然何かを公表してきたり…。なにか戦略が定まっていないように感じます。われわれからすると、相手が何をしたいのか分からない。さらに言えば、誰と交渉しているのかがまったく見えず、霧の中にいるような心境です。元婚約者も、今年72歳と高齢です。おまけに、生活のために働きづめで体力が落ちている。コロナに感染でもすれば、重症化しかねない年齢です。体調を崩したまま交渉が進まないまま時間切れになど、ならないことを願うばかりです」(元婚約者の代理人)

 小室さん側の司令塔が、小室さん親子なのか、宮内庁なのか。さらに言えば皇族なのかーー。

 小室さんは5月下旬、無事に留学先のロースクールを修了した。いまは7月末のNY州弁護士試験に向けて、準備に余念がないことだろう。

 時間の経過とともに、この金銭トラブルが「なかったこと」で決着がつくのは最悪の事態だ。このまま、皇族の「生きてゆくための必要な選択」を優先させた場合、皇室の歴史に「汚点」を残すのは、一体誰なのだろうか。(AERAdot.編集部 永井貴子)