安定的な皇位継承のあり方を議論する政府の有識者会議の議論が続いている。秋篠宮家の長女・眞子さまの結婚問題の影響で、世の中には、女性・女系天皇、女性宮家創設に対して、以前よりも複雑な感情を抱くようになった人も多い。その一方で人気を集めているのが、今年12月に成年を迎え、本格的な公務デビューする愛子さまだ。人気の背景を、皇室ウォッチャーの辛酸なめ子さんが分析する。



*     *  *
 小室さん問題が女性宮家創設の防波堤になってくれたーー。男系による皇統の維持を主張する保守派からは、こうした声が漏れている。たとえば明治天皇の玄孫で政治評論家の竹田恒泰さんは、自身のYouTubeで、こんな見解を述べて話題を集めた。

「KK現れたから女性宮家の話が吹っ飛んだ。女性宮家をするってことは、すなわちKKが皇族になる。通るわけないっしょ」

 だが、竹田さんをはじめとする保守派の主張を、世の中が全面的に支持し始めたかというとそうでもない。愛子さまを想定すれば、女系・女性や女性宮家に対する拒否感は少ないようなのだ。

 今年二十歳の成年を迎え本格的な公務デビューをする愛子さまに対する世間の期待は高い。週刊誌などは、「愛子天皇」といった見出しの記事をたびたびつくり、巷でも「愛子さまは天皇にならないのか」と思ってる人は意外に多い。
 
 こうしたちまたの声について、皇室ウオッチャーで知られる・コラムニストの辛酸なめ子さんは、こう分析する。

「愛子さまは、いわば本家筋のひとり娘。正統派のロイヤルプリンセスとして、王道を歩んでいらっしゃる安定感があるのです。対して、これまで進歩的で自由な家風をモットーにしていた秋篠宮家は、どことなく不安定な印象を受けてしまいます」
 
 辛酸さんは、それは天皇家と秋篠宮家の教育方針に如実に現れている、と感じている。

 たとえば秋篠宮家の眞子さまと佳子さまは、高校までは皇族が通ってきた伝統を持つ学習院であったが、大学は英語教育を重視する国際基督教大学(ICU)に進学した。

 その後は、眞子さまは小室さんとキャンパスで出会い交際。佳子さまは、露出度の高いタンクトップ姿でICUの学生行事やヒップホップダンスの発表会に参加して週刊誌に写真を撮られるなど、世間を騒がせてしまった。

 一方で、愛子さまは、王道である学習院に大学まで通い続けた。

 ちなみに、愛子さまが学習院女子中等科を卒業するにあたり、記念文集に寄せたのは、「世界の平和を願って」と題した作文で、広島県の平和記念公園を訪れた際の思いをつづっている。高等科の卒業リポートは、源氏物語や枕草子などの古典文学を読んだうえで「平安時代の猫と犬ー文学作品を通してー」という内容だった。
 
 おまけに愛子さまの進学先は、文学部日本語日本文学科である。

「人びとがイメージする、古き良き伝統を大切に守ってくれる内親王、という理想にしっくりはまります。お顔もお父さまによく似て、お徳が高そう。ファッションについても、流行を追ったおしゃれな装いではないけれど、皇室らしいクラシカルなワンピースやロング丈のスカートや身体のラインを出さない服装です。露出の少ない服装は、好感度が高いですね。どことなく、黒田清子さまを思い起こさせますね」

 単に、ロイヤルファッションというだけではない。国民に寄り添う皇室を意識しているようにも見える。

「愛子さまは、12月に二十歳の成年を迎えます。コロナ禍でなければ、お誕生日は、ティアラとドーブデコルテの正装をして宮殿行事デビューの日です。でも、今年はティアラの予算が計上されていないと報じられてます。今年の新年行事では雅子さまも、コロナ禍の国民に配慮してティアラを身に着けていませんでした。そうした、ご配慮を感じさせるところも、お上手です」

 こうした安定感は、お相手選びにも発揮されるだろうという期待もある。女性宮家が創設された場合、お相手選びはよりいっそう慎重にすすめてほしいと誰もが思うところ。

 これまで女性皇族のお相手は、元華族など「家柄」のある人物がほとんどだ。しかし、眞子さまの結婚問題でつきまとっているのは、小室さんの家柄や資産の有無ではない。皇室に関わる人物としてはふさわしくないのでは、という国民の懸念だ。

「審美眼をお持ちの愛子さまがお選びになるお相手は大丈夫でしょう、という安心感があるのです。幼なじみののび太くん似の少年も、将来有望なイケメンに成長したという記事を目にしました。また、愛子さまは、ジャニーズファンだと各週刊誌などで報じられています。仮に、ジャニーズのメンバーが、愛子さまのお相手としてうわさになったとします。その場合、『小室さま』とは呼びたくなかったけれど、愛子さまが選んだジャニーズメンバーならばむしろ喜んで『〇〇さま』と呼びたいですね。ジャニーズもいまは慶応や六大学など難関大学への進学者や育ちの良いメンバーが増えています。芸能活動を真剣に頑張っているメンバーならば応援したい、という気持ちになります。ジャニーズでなくとも、お目が高い愛子さまのお相手次第では、皇室の人気も復活するでしょう」
 
 コロナ禍の今年は、新年の一般参賀は中止になったが、来年は成年を迎えた愛子さまがお手ふりデビューをする年だ。
 
皇室ウオッチャーとして一般参賀に通っている辛酸さんは、こう期待を込める。

「次の一般参賀も見通しは立ちませんが、愛子さまのお手ふりデビューの瞬間には、ぜひ立ち合いたいと思っています」

(AERAdot.編集部)