「2回」の接種ではもはや太刀打ちできないのだろうか――。ワクチンを3回以上接種する行為は“ブースター”と呼ばれ、今、その必要性について世界で盛んに議論されている。イギリスやイスラエルでは抗体レベル向上への期待から、3回目の接種に向けて準備を進めている段階だ。



 一方、2回目の接種すら浸透していない日本で、いち早くブーストをかけてしまった高齢者がいる。7月に入ってからというもの、80代の男性がワクチンを4回接種する事態が2件発覚しているのだ。

 北海道・弟子屈町では8日、同町に住む80代の男性が、ファイザー製の新型コロナワクチンを計4回接種したと公表。この男性は医療機関に出入りする業者で、4月と5月に医療従事者の枠で2回の先行接種を受けた。その後、破棄を求められていた町の接種券を使い、一般高齢者として2回、接種した。「たくさん打てば免疫が高まると思った」と話しているという。

 男性は町の接種の際、予診票に「未接種」と記入していた。不正による倫理面での問題は当然ある。だが、4回接種したことによる、その後の健康状態も気になるところだ。

 弟子屈町の担当者は男性の予後について、「今のところ本人に変化はなく、熱もない」と話す。6日の発覚以降、電話や自宅訪問などで健康状態の聞き取りをしてきたが、12日時点でこれといった副反応はないという。

 新型コロナのワクチン4回接種は日本においては前例がなく、男性にとっても未知の領域のはずだ。なのになぜ、4回接種というブースターに踏み切ったのか。同町の担当者は聞き取りの様子についてこう話す。

「男性は病院に出入りしている業者で、『感染して院内にウイルスを持ち込んだら、何を言われるか分からない』といったことを話していました。『インド株などいろんな変異株が出ているから、2回より4回打った方が免疫ができて、より効果があるんじゃないか』とも。こちらとしては、4回接種は想定外でした」

 80代の4回接種は、大阪・岬町でも発覚。こちらは故意ではなく、2回で接種完了とは知らなかったという。

 岬町の担当者によれば、男性には以前から認知機能の低下がみられていたといい、3回以降は「接種券をなくした」として町から再発行を受けて接種。町は接種券を再発行する際、接種記録を把握していなかった。

 心配なことに、3回目の接種があったのは、2回目の接種をした6月16日からわずか2日後。結局、その後も気づかないまま今月9日に4回目を済ませたというが、体調は大丈夫なのだろうか。岬町の担当者に予後を問い合わせたところ、「定期的に家族に電話連絡をしているが、14日時点で健康状態に変化はない」とのことだった。

 大事に至らずに済んだのは不幸中の幸いだが、ワクチン接種で遅れをとる日本が、管理不足ゆえに世界でもあまり例がない“4回接種者”を生んでしまったというのは、混乱ぶりを物語るようで残念な話だ。現に日本における2回の接種完了者は、7月14日時点でわずか19.7%(首相官邸HPより)。菅義偉首相は10〜11月までに希望者全員の接種を完了させると表明しているが、各地で供給ストップの状況が続き、自治体からは不満の声が噴出。16日には、東京23区の区長らが河野太郎行政改革担当相に「年内の2回接種は終わらない」として苦言を呈した。

 日本が遅れをとる一方、ワクチン接種で先行するイギリスやイスラエルでは、すでに3回目接種の方針を打ち出し、8〜9月の接種開始に向けて準備を進めている。これらの国を皮切りに、今後は3回以上打つブースター接種の流れが世界的に加速していく可能性も考えられる。

 こうした動きについて、ワクチンの専門家である中山哲夫・北里大学特任教授(臨床ウイルス学)は「優先度」の観点から懐疑的な見方を示す。

「ワクチン接種の進んだイスラエルではコロナが再流行しているといわれていますが、感染者はワクチンを打っていない層が依然として多いです。イギリスやアメリカでも同様、接種率の低い20代の若者たちを中心に感染が広まっています。未接種者の感染が多数である以上、ブースターに注力するよりも、2回の接種率を上げていくことを優先するべきです」

 デルタ株が猛威を振るう現状が示すように、ウイルスは急速に感染力を増している。2回の接種で本当に大丈夫なのだろうか。

「アメリカにおいて約1億5千700万人いるワクチン接種者の中で、再感染した人は約5700人。100万人あたり、33人程度です。ごく軽微なものや無症状者を合わせるともう少しいるとは思いますが、(100万人あたり)1000人には至らないはずです。ワクチン接種済みで感染した人の数は、実はそれほど多くないのです。2回接種の時点で十分にワクチンの効果は出ていて、効いていると言えます」(中山医師)

 ブースターをめぐっては、アメリカの製薬大手ファイザーが新たな動きを見せている。同社は8日、2回目の接種から半年後に3回目の接種を受けることで、抗体レベルが従来の5〜10倍に上がるという見解を発表。来月には、規制当局に3回目の追加接種の緊急使用許可を申請する見通しだ。これに対して米食品医薬品局(FDA)と米疾病対策センター(CDC)は共同声明で「現時点ではブースターは必要ない」との見方を示した。

「ワクチンをめぐって意見が分かれるのは当然だとは思います。CDCの中でも、ブースターが不要だと唱える人もいれば、必要だと考える人もいるでしょう。私自身の考えとしては、『備えは必要だが、今すぐには必要ない』という見方を持っています。2回の時点で持っている免疫で、ほとんどの重症化は抑えられると思います」(同)

 ただ、今後の状況によってはブースターが必要になる場合もあるという。

「新たな変異株が次々と出てくるようであれば、ブースターが必要になることも考えられます。変異株の発生に備えてブースターを打つための用意は必要だと思いますし、今後のワクチン開発では、その時々の流行株に対応させていく必要があります。また、2回のワクチン接種で1年程度は抗体が持つと思いますが、2〜3年が経つと免疫が落ちてくる可能性もあるので、その場合は3回目を打つ必要が出てくると思います」

「特に高齢の方々は、比較的早く抗体レベルが下がってしまうのではといわれています。まずはどれぐらいの割合の人がどの程度下がっていくのか、把握していく必要がありますね。そうしたデータがなければ、ブースターの有効性を強く主張することはできません」(同)

 さらに中山医師はワクチンの供給について、自国だけでなく地球規模での視点を持ち合わせるべきだと話す。

「まずはブースターではなく、発展途上国などワクチンが十分に行き渡っていない国に供給しようという意識を向けてほしい。自国のことを考えると同時に、世界全体のことを考えなければ収束には向かわない。世界全体の足並みがそろわないと、流行は終わらないと思います」

 先行国での議題が3回目接種のフェーズに移行している中、日本では接種を希望しながら、1回目の接種すら叶っていない人も数多い。ブースターが本格的な議論になるのは一体いつになるのだろうか。足踏みはしばらく続きそうだ。
(取材・文=AERA dot.編集部・飯塚大和)