秋篠宮家の長女、眞子さま(29)との婚約が延期になっている小室圭さん(29)が、NYの法律事務所への就職の見通しが立ったと報じられた。一方で、母の佳代さんの元婚約者に提示した「解決金」に進展はなく。宮内庁も小室さん問題から一線を引いているという。


*    *  *
 猛暑が続く7月のある日、72歳の元婚約者男性から代理人をつとめる男性に、短いメールが届いた。

「大丈夫、食べてるよ」

 各地では熱中症で命を落とす人が急増している。代理人が出した体調を気遣うメールに対する返事だった。

 小室さんの代理人弁護士が「解決金の支払い」を公表したのは4月。婚約者の代理人に、「解決金の提案がある」とSMS(ショートメッセージサービス)が届き、数時間後、小室さんの弁護士は宮内庁担当の記者らが集まった場で、「解決金をお渡しする形で、この問題を終了したい」と発言した。だが、具体的な金額や提案はないまま、時間だけが過ぎた。
 
 5月23日に、小室さんは米フォーダム大学のロースクールの法務博士コースを修了。同じ時期、元婚約者の代理人は、小室さんの弁護士と都内で面会したが、「弁護士の口から、解決金についての具体的なお話は、出ませんでしたね」(元婚約者の代理人)。

 元婚約者の願いは、小室さんの母である佳代さんから、金銭問題についてきちんとした説明を受けることである。

「この希望は、以前から一貫して伝えていることです。彼の切実な願いが叶わなければ、お金だけ渡されて『はい、納得しました』とは、なりません」

 ときおり、元婚約者男性の代理人が小室さんの代理人に、「状況はどうでしょうか」と連絡するものの、「(佳代さんに)お伝えはしています」と、返事が来るだけだという。

 金銭トラブルの解決にはほど遠い状況だ。一方で、小室さんは米国での新たな人生にむけて、着実に駒を進めている。
 
 小室さんは、7月27、28日にNY州の司法試験の受験を終えた。昨年の合格率は89%と高く、合格は確実だと見られている。小室さんは現地の法律事務所に就職する見通しが立ち、引き続きNYに滞在して新生活への準備を進める意向だとニュースで報じられた。



 しかし、小室さんは、日本でパラリーガルとして勤務していた都内の法律事務所に籍を置いたまま米国留学に出発している。当時、在籍する法律事務所の担当者は、「現地での滞在費は事務所が貸与する」と、話していた。

 このとき、事情を知る関係者は、記者にこう話していた。

「はじめは丸ごと負担する形でしたが、『眞子さまとの交際がなければ、ごくごく普通の事務職員。なぜそこまでするのか』、という意見が所内で渦巻いた。そこで、貸与という形に落ち着いたのです」

 事務所に波風を立てても無理を通したのは、NY州弁護士となったあかつきには、事務所に貢献してくれることを期待してのことだったのだろう。
 
 小室さんは今後の生活の基盤を米国に置く意向で、日本に背を向けた格好となった。だが、宮内庁は、穏やかならぬ空気に満ちているようだ。小室家の金銭トラブルへの解決に向けて尽力してきた西村泰彦宮内庁長官が、小室さんにさじを投げたというのだ。

 事情を知る人物がこう話す。

「西村長官は、なんとか皇室の儀式に則った結婚に着地できるよう、奔走してきました。だが、小室さんや母親の佳代さん、そして小室さんの弁護士らがとったここ数カ月の行動に対して思うところがある様子なのです」
 
 これまで西村長官は、金銭トラブルについて国民にきちんと説明させるべく奔走してきた。小室さんの弁護士を宮内庁に呼び出すなど役所の範疇を超えて働きかけてきたのだ。その結果として小室さんは4月に、28枚の説明文書を公表することになった。
 それからがまずかった。文書のなかで、小室さんは元婚約者男性にお金を払うことを「名誉の問題」にかかわるとして否定していた。

 ところが、その4日後に一転。小室さんの弁護士は解決金を払うと発言し、混乱を招く羽目になったのは周知の通りだ。
 
 この件について長官は記者会見で、「事前にも事後にも説明はなく、把握していない」と説明している。
 前出の関係者も、こう話す。
「長官にとって寝耳に水だったのは、その通りです。小室さんに文書を公表させるべく力を尽くした長官は、面目を潰される形となったわけです」
 
 さらに、週刊誌を中心に、小室家の遺族年金詐取疑惑が再び蒸し返されるなか、6月発売の『文春WOMAN』では小室佳代さんの「いつ死んでもいい」といった発言が掲載された。
 
 宮内庁関係者のひとりは、こう話す。



 「真偽はともかく、このような騒ぎが起こること自体、皇族のお相手に相応しいものではない。ましてや、皇室には取り組むべき問題が山積しています。宮内庁としても、小室さんの金銭トラブルに対応し続けなければいけないのは、負担でしかない」

 小室さんを支えていたのは、皇族である眞子さま、代理人弁護士。そして皇族である眞子さまのために、小室さんの金銭トラブルの解決に向けて奔走したのが、西村宮内庁長官と眞子さまの意見を聞きつつマスコミや宮内庁との調整役を務めていた、加地隆治皇嗣職大夫だった。

「もはや、宮内庁トップである西村長官は、これ以上、小室さん問題のために動くつもりはないでしょう」(先の関係者)

 “チーム小室さん”は崩壊した。根強くささやかれていた、年内入籍のシナリオもまず、難しいと見られる。小室さんは、NYで新生活に向けた準備にいそしんでいる。日本で待ち続けるプリンセスを迎えに来るのは、いつになるのだろうか。(AERAdot.編集部 永井貴子)