新型コロナウイルスの脅威が身近に迫っている。自宅療養者は全国で13万人を突破。入院したくてもできない事態に陥ったとき、なにをすればよいのか。事前に準備しておきたいものとは──。AERA 2021年9月20日号は「自宅療養」特集。

*  *  *

「ニュースで連日、入院したいのにできず、自宅療養になる人たちのことが伝えられるのを見ながら、家族3人で感染して共倒れしたらどうしよう、といつも話しています」

 愛知県に住む57歳の女性は、20代の娘2人と暮らす。自身は心臓に基礎疾患があり、感染自体も心配だ。それ以上に、「自宅療養って、どんな生活になるんだろう?」と不安でいっぱいだという。せめて準備はしておこうと、食料品を少しずつ買い始めている。

「いまのところ水は2リットルを12本。500ミリリットルのスポーツ飲料24本。他にもレトルトのおかゆやご飯、カップ麺やお菓子などをそろえています。できることはやっておいたほうが、と思うんです」

 自宅療養する前からの準備。そこまで必要なのだろうか?

 厚生労働省によると、新型コロナウイルスに感染して自宅で療養している人は全国で13万人を超す(9月1日時点)。終息が見通せないなか、病床不足は深刻化。長い闘いになる。

■24日間の隔離を覚悟

 冒頭の女性のように「自分が感染したときのために、事前の備えをすべきです」と訴えるのは、日本在宅医療連合学会代表理事の石垣泰則さんだ。

「コロナ禍は単なる感染症の蔓延(まんえん)ではなく災害です。『災害対策』のつもりで食料品などを準備しておく必要があります」

 では何を、どれだけ用意すればいいのか。それにはまず、自宅療養の期間を知っておこう。

 陽性が判明した本人は「発症日(無症状の人は検査日)から10日間が経過。かつ症状軽快日から3日間(72時間)が経過するまでの期間」とされている。さらに、その人と同居する家族がいる場合、全員が濃厚接触者になる。陽性者の隔離が終わった時点から、さらに14日間の隔離が求められ、計24日間という長丁場になることもある。

「自宅療養中の食料や日用品は原則、自分で調達する必要があります。保健所から配食サービスの希望を聞かれることもありますが、自宅療養者の急増で、対応が遅れるケースも出ているようです。自分で10日間から2週間分は用意しておくといいと思います」(石垣さん)

 水やスポーツドリンク、経口補水液などは1人1日2〜2.5リットルを目安に準備する。500ミリリットル入りのペットボトルを用意しておくと、枕元に置いておけるので便利だ。ほかにレトルトのおかゆや、のど飴(あめ)なども重宝するという。

「新型コロナなどの感染症に罹患(りかん)して発熱した場合、それだけで著しくエネルギーを消耗します。食欲がなくても食べられて、少しでもカロリーを摂取できるゼリー飲料やプリン、アイスなどもお薦めです」(同)

 自宅内の感染対策も重要だ。

 東京医療保健大学大学院の菅原えりさ教授(感染制御学)は「まずは市販されている消毒用エタノールを1本、準備しておくと便利です」と話す。

 家族で暮らしているケースを想定しよう。陽性者がトイレや風呂に行くときは、他の家族はなるべく近づかない。陽性者が部屋に戻ったら、しばらく換気して、ドアノブなどをエタノールで拭く。そんなイメージだ。

「加えて石鹸(せっけん)と、手指消毒用に保湿剤が入ったアルコールを別途、準備しておくといいです」

■看病は1人に限定する

 家族が陽性者の看病をする必要も出てくる。その役割は1人に限定することが大事だと、菅原さんは言う。基礎疾患がある人、小さな子どもや高齢者は、なるべく陽性者に近づけない。その上で、看病する人はマスクはもちろん、ビニール製のカッパや使い捨て手袋などを使う。

「陽性者を隔離する部屋に入る際は、アルコールで手指を消毒し、マスクを着けて入ります。陽性者もマスクをしましょう。陽性者が子どもで、抱っこしながら世話する際は、水気のものをはじくビニール製のカッパを着るのが望ましいです。ただ、大きなポリ袋に穴をあけて頭からかぶってもいいし、その部屋だけで羽織る専用の上着でも構いません。ビニールの手袋も、お世話する人の安心感につながるので、あるといいですが、部屋から洗面所に直行、手指消毒をきっちりとやるなら、素手でも問題ありません」(菅原さん)

 他に必要なものは何だろう。自宅療養者へのオンライン診療などを実施している「ロコクリニック中目黒」共同代表医師の瀬田宏哉さんは、「体温計、パルスオキシメーター、そして血圧計」を挙げる。

「いわゆるバイタルサインを見極めるために、この三つを持っておいていただけると医師としては判断の際に有用で、ありがたいです。ただ『電池がいま切れていて』というケースも多く、電池の予備も大事です」

 また、扇風機やサーキュレーターもあるといいと言う。

「コロナは対策として『換気』がとても大事です。部屋や自宅のどこを開けると空気の通りがよくなるか、どこに扇風機を置くと換気が効率的かなど、あらかじめ知っておき、家族で共有しておくのもいいと思います」

(編集部・小長光哲郎、野村昌二、ライター・羽根田真智)

※AERA 2021年9月20日号より抜粋