ミュー株やイータ株など、さまざまな新型コロナウイルスの変異株が国内で検出されている。気を付けるべきこと、知っておくべきことは何か。AERA 2021年9月27日号の記事を紹介する。

*  *  *

 厚生労働省は9月1日、新型コロナウイルスの変異株「ミュー株」が6月と7月に国内で計2例検出されたと発表した。世界保健機関(WHO)が8月30日付で同株を「注目すべき変異株」に指定したため、検疫で採取した検体をさかのぼって調べたところ、判明した。9日には、「イータ株」が昨年12月以降、国内の検疫で18例見つかっていたことを明らかにした。

■ミュー株で抗体効果減

 国内で新たな変異株が次々と報告され、「ミュー株」や「イータ株」がSNSでトレンド入りするなど注目を集めている。

 実は新型コロナウイルスの流行株は変遷している。7月下旬からの第5波で猛威をふるっているのはインド由来の「デルタ株」だ。だが、2021年1月をピークとする第3波までは従来株が中心で、同年4月上旬からの第4波では英国由来の「アルファ株」が広がっていた。

 デルタ株の感染性は高く、アルファ株の1.5倍ともいわれる。子どもたちへの感染も広がり、ワクチン接種後のブレークスルー感染も起きている。

 今後、もっと手強い変異株が流行する可能性はあるのか。

 WHOは、変異株のうち、感染性が強まるものや、感染した際の重篤度が高まるもの、ワクチンの効果を弱めるものを「懸念される変異株」に分類。現在、アルファ株やデルタ株など4株を挙げ、国際的に警戒するよう呼び掛けている。

 そのほか、感染性や重篤度、ワクチンの効果などに影響を与える可能性があるものを「注目すべき変異株」として、現在は五つを挙げている。

 ミュー株はまだわかっていないことが多いが、ワクチン接種などで得られた抗体の効果が弱まるという研究報告がある。東京大学医科学研究所などのチームが、ワクチンを接種した人や感染して治った人の、感染や重症化を防ぐ「中和抗体」の効果を調べたところ、従来の株に比べて7分の1以下になったという。

■個人の対策変わらない

 ただ、中和抗体の効きが悪くなっても、ワクチンが全く効かないということではない。東大医科研の佐藤佳准教授(ウイルス学)はこう説明する。

「ワクチンは血中の中和抗体の量を高く保つためだけに打つわけではなく、免疫の記憶をつくり、次に感染した際に免疫がウイルスを排除できるようにするために打つもので、血中の抗体が低くてもワクチンがミュー株に全く効かないわけではない」

 感染性の高さはどうか。コロンビアでは以前は主流だったガンマ株をミュー株が凌駕した。だが、日本と同様にデルタ株が主流の米国では、ミュー株が2千例以上流入したが、デルタ株を凌ぐ事態にはなっていない。このことからデルタ株ほどの強い感染力はないと見られている。

 佐藤准教授は新たな変異株の出現以上に、デルタ株が新たな変異を獲得し、流行する可能性を懸念する。実際、東京医科歯科大学は8月30日、国内で新たな変異が加わったデルタ株の市中感染事例が確認されたと発表した。また、大阪大学微生物病研究所は、デルタ株に特定の変異が四つ加わると、現在のワクチンの効果が大きく弱まる可能性があるとする研究結果をまとめている。

「どの変異株も新型コロナウイルスであることは変わらず、個人でとるべき対策は変わりません。ただ、どの株が流行しているのか把握することは、国の感染症対策として極めて重要。現在一部にとどまっているゲノム解析の体制を拡充することが必要です」(佐藤准教授)

(編集部・深澤友紀)

※AERA 2021年9月27日号