新規感染者に占める子どもの割合が増えている。高齢者に次いで20代以上でワクチン接種が進めば、いずれ新型コロナウイルス感染症は子どもの病気になるかもしれない。AERA 2021年10月4日号から。

*  *  *

 新型コロナウイルスの新規感染者のうち、子どもの占める割合が増えている。国立感染症研究所によると、18歳以下の子どもが占める割合は、4月以降、増加傾向が続き、9月13日から始まる週には全新規感染者の4分の1に迫る勢いになった。

 東京都では、5月末には新規感染者数に占める比率が10%だった20歳未満の子どもの感染が、9月7日からの週には19.2%になった。とくに10歳未満の比率が増えており、5月末の3.8%から9.5%になった。

 子どもの割合が増えている一番の原因は、4月からワクチン接種の始まった65歳以上の高齢者を中心に成人へのワクチン接種が進み、相対的に新規感染者数が減ってきているからだ。都の場合、5月末には60歳以上の新規感染者に占める割合が14.2%だったのが、9月7日の週は9.4%だった。その分、相対的に子どもの占める割合が増えてきている。

 この傾向は国外でも同じだ。イスラエルでは、7月5日までの1カ月間の新規感染者のうち51.4%が19歳以下だった。

■子どもの病気になるか

 米国では、9月9日からの1週間の新規感染者数のうち25.7%が17歳以下の子どもだった。米小児科学会によると、9月16日までに17歳以下の子どもが累計約551万9千人感染したが、うち92万5千人(約17%)は16日までの4週間以内に報告された感染者だった。

「高齢者に続いて中年世代、次いで20代以上でワクチン接種が進めば、いずれ新型コロナウイルス感染症は『子どもの病気』になるかもしれない」

 勝田友博・聖マリアンナ医科大学准教授(小児科)はこう指摘する。

 国内ではこれまで10代以下の感染者で亡くなった人はいなかったが、9月に入り、大阪府と横浜市で10代の感染者が計2人亡くなった。2人とも基礎疾患があったという。従来は重症化する子どもは少なかったが、デルタ株のまん延で増えているのだろうか。

 米疾病対策センター(CDC)は、米国内14州の新型コロナウイルス感染症による入院データを分析した。デルタ株がまん延する前の6月6日〜7月3日の17歳以下の子どもの入院は、毎週10万人あたり0.3人だった。デルタ株がまん延するようになった8月8日からの1週間では同1.4人と、入院は約4.7倍増えた。

 ただし、重症化率には変化はなかったという。デルタ株が流行する前の2020年3月1日〜21年6月19日に入院した3116人と、今年6月20日〜7月31日に入院した164人を比較したところ、集中治療室(ICU)での治療が必要になるなど重症化する子どもの割合には、統計的に有意な差がなかった。

■小児病床逼迫の理由

 米国内の9月22日現在の17歳以下の死亡は555人だ。死亡率は約0.01%で、他の年代に比べて低いままだ。国内では9月14日現在、19歳以下の感染者数は24万5705人で、死亡率は約0.0008%と低い。

 米CDCによると、子どもの重症化のリスク要因についてはまだ不確かなところが多いものの、これまでのデータからは、0歳児や、遺伝性疾患や神経疾患、代謝疾患、先天性心臓疾患のある子どもは重症化しやすい可能性があるという。また、成人同様、肥満や糖尿病、喘息、慢性的な肺疾患もリスク要因だ。免疫抑制状態にある子どもも重症化の恐れがあるという。

 小児の医療体制は、崩壊する恐れはないのだろうか。

「関東地方の小児救急医療体制はこの夏、非常に逼迫していました。理由は新型コロナウイルスの第5波だけではありません。今夏までは子どもの感染者が成人に比べて少なかったので、小児用の病床の一部を成人の感染者の受け入れに使っていたところが少なくありませんでした。そこに、子どものRSウイルス感染症の大流行があり、小児病床はまったく余裕がなくなりました」(勝田准教授)

 RSウイルス感染症は新型コロナウイルス同様、呼吸器感染症だ。1歳までに50〜70%、2歳までにはほぼ全員が1度は感染する。鼻水やくしゃみ、せきなど呼吸器の症状が出る。初めて感染した時、特に1歳以下で初めて感染した時に最も重症化しやすい。感染研によると、初感染の子どもの2〜3割に気管支炎や肺炎が起きるという。3歳以降になっても再感染するが、ほとんど重症化はしない。

 昨年はRSウイルス感染症がほとんど報告されなかった。それが今年に入り、沖縄や九州地方を皮切りに、少しずつ流行地域が動きながら、全国的にかつてないほど大流行した。しかも例年は少ない2歳児の感染が増加傾向にあった。

■インフルエンザの免疫

 RSウイルスの感染予防策は新型コロナウイルスと同じなので、昨年はコロナ対策を徹底させたために、RSウイルスがほとんど流行しなかったとみられる。その結果、本来なら2歳までに1度は感染して免疫がついているはずの子どもたちに免疫がつかず、今年の大流行につながった可能性が高い。

 RSウイルス感染症は、初期の症状だけでは新型コロナウイルス感染症との鑑別が難しい。RSウイルスの流行で小児医療が逼迫したのは、重症化の恐れのある子どもが入院してきただけでなく、どちらに感染しているのかわからない子どもが多数いて、PCR検査で調べる間、個室に入院させるなどの対応が必要だったのも一因だ。

「今年の冬、RSウイルス感染症のようにインフルエンザが大流行しないといいのですが」

 勝田准教授は懸念する。インフルエンザもやはり昨年、まったく流行しなかったので、免疫を持たない子どもが大勢いると考えられる。子どもがインフルエンザになると、肺炎などのほか、頻度は低いものの脳症になる恐れもある。

■5歳以上に承認申請へ

 インフルエンザも新型コロナウイルス感染症も、持病がなく重症化リスクの低い子どもでも一定の頻度で重症化する。全体的には死亡率や重症化率が低くても、感染者の絶対数が増えれば一定数の子どもは重症化する恐れがあるので、どちらも感染を増やさないことが重要だ。

 子どもの新型コロナウイルスへの感染場所は一貫して家庭が最も多い。生活を共にする家庭内の感染は、特に子どもが小さい場合には完全に防ぐのは難しい。大人が家庭内に感染を持ち込まないようワクチンを打ったり、家庭外での行動に注意したりするのが一番の予防策だ。

 一方、子ども自身の感染や重症化を防ぐ一つの方法はワクチン接種だ。米CDCによると、デルタ株がまん延している今年6月20日〜7月31日の間に新型コロナウイルス感染症で入院した12〜17歳の子どもを分析した結果、ワクチン未接種の子の入院率はワクチン接種を完了した子の約10倍だった。

 国内では現在、12歳以上は接種ができる。米ファイザーは近く5歳以上についても特例承認を申請するとみられている。

「ワクチンの効果と副反応への懸念のどちらがお子さんにとって大きいかをかかりつけ医とよく相談し、接種するかどうかを決めてください。その際、地域の流行状況も一つの指標です。流行していなければ感染機会が少ないので接種の必要性は低いでしょうが、近所で毎週のように学級閉鎖が起きているようなら、効果がより大きいと思います」(勝田准教授)

(医療ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERA 2021年10月4日号