ジョニー・デップ主演の映画「MINAMATA‐ミナマタ‐」で、ヒロインに抜擢された美波さんが、演じたご本人アイリーン・美緒子・スミスさんとオンラインで語り合った。AERA 2021年10月4日号から。

*  *  *

アイリーン:ユージン・スミスと水俣については、実は、これまで2度ほど映画化の話があったのですが、実現しなかったので、今回も1〜2%ぐらいの可能性だと思っていました。でも、ジョニー・デップさんがユージンを演じたいと話していると聞いた瞬間、実現すると確信したんです。不安はありましたが、多くの人に水俣のことやユージンのことを知っていただく、大きなチャンスだと思いました。

美波:アイリーンさんは長く水俣と関わってこられました。

アイリーン:私にとって水俣は第2の故郷であり、大人の私を形成してくれた場所と人々です。水俣の患者さんと一連の出来事は大切であり、ユージンも大切。ユージンと私がどうやって仕事をしたかも大切な思い出です。水俣病の問題は今も終わっていません。映画化に当たって私がすべきことは、知っていることを正確にお伝えし、アンドリュー・レヴィタス監督の質問にきちんと答えることでした。責任をすごく重く感じましたね。

美波:私がオーディションでアイリーンさんの役に決まるまで、1カ月くらいかかりました。フレンチアクセントがなかなか抜けない苦労もありましたが、できることは全部やったので、「これで受からなかったら仕方がない」と思っていました。決まった時はすごくうれしかったんですが、同時に途方もないところに向かっているのではという漠然とした怖さもありました。「進むしかない」という気持ちで撮影現場のセルビア共和国に行ったことを覚えています。後々ですが、ニューヨークのユージンの自宅へ向かった時のアイリーンさんと、その時の私の気持ちはもしかしたら少し近かったかもしれない、と思いました。

アイリーン:美波さんと最初にお会いしたのは、セルビアの撮影現場でしたね。

美波:あの時はすでに役を作っていたので、ご本人とお話しすることで私自身がブレてしまうのがすごく怖かったんです。演じるにあたっては、ご本人を真似た方がいいのか悩みましたが、私には伝えるべきメッセージや、アイリーンさんが担っているものを表現しなくてはいけないという使命があったので、結局、似せることはしませんでした。

■ユージンとの共通点

アイリーン:私は撮影前に情報や思いをすべて監督に託していたので、美波さんの演技にこう思うとかこうすればとか、一言も言わないことが大切だと思っていました。美波さんがジョニーから学んだことや印象に残っていることはありますか。

美波:演技が本当にうまい! そう思う瞬間が何度もありました(笑)。特に驚いたのは、ライトやカメラ位置をはじめ、どこに映れば一番美しく映るか全部把握されていること。私との会話のシーンでは、私が自然と輝くスポットライトに入るように誘導してくださった。すごく感動しました。ジョニーは私が何をしてもどんなボールを投げても全部受け止めてくださった。おかげで感情のままに動けたように思います。アイリーンさんはジョニーのユージンをご覧になっていかがでしたか。

アイリーン:人間は50歳にもなれば、子どもらしさを持っている人はほぼいません。でも、ユージンは持っていたんです。無邪気さ、純粋な子どもの心っていうのかな。それは彼のクリエイターとしての大切な要素の一つでした。ジョニー自身を見ていてもそれを感じました。二人の共通点だと思います。

■私にできることは何か

美波:ユージンに似ていると感じたシーンはありましたか。

アイリーン:まず冒頭のニューヨークで写真を焼いている時ね。体形や体の動かし方、手つきから何から本当にユージンに似ていました。ジョニーは特に特殊メイクをしたわけでもなく、ベレー帽とメガネとヒゲだけ。現場で撮影を見ていたある日、とても不思議な体験をしました。美波さんとジョニーが高台から工場を見下ろすシーンを見ていて、「ユージンがあそこにいる。しばらく会ってないし会いに行こうかな」と一瞬本気で思ったんです。

美波:これまで台本を読むと、「(私が演じる人物は)なぜ、何を思ってこのせりふを言っているのだろう」と疑問に感じることが多かったんです。でも、今回はそんな疑問がほぼなく、言葉に気持ちがすんなり乗っていきました。英語でお芝居するのは難しかったですし大変だったんですが、アイリーンのせりふにはそれを超えたストレートさ、どんどん進んでいくという気持ちがありました。

アイリーン:美波さんは撮影前は水俣病についてどう考えていましたか。

美波:学校で習ったことくらいしか知りませんでした。映画に参加して、水俣の問題だけに限らず、声を上げるべきことには声を上げていかなくてはいけないという自覚がすごく強くなりました。見て見ぬふりをしていたり、意識にふたをしていたり。自分の中で冷たかったマグマがふつふつと湧き出てきている感覚がすごくあります。世の中はものすごいスピードで変わっているので、今まで通りのやり方や固定観念は捨て、私たちがどんどんアップデートしていかないといけない。私にできることは何だろうと、すごく考えるようになりました。

■もっと良い世の中に

アイリーン:美波さんが言ってくださったように、映画を見た人がワクワクして「今のままでは違うのでは」とか「何か自分もしたくなってしまった」とか、心が動いてくれること、それが私の願いです。この映画はドキュメンタリー映像なども出てきますし、ユージンと私の写真集や実際の出来事に基づいています。見る人が実際の人物たちや起こった出来事について知りたいという思いに辿り着いてくれたら、うれしいです。

美波:私にとってこの映画は人生の大きな宝物になりました。俳優として飛躍する大きなきっかけになりましたし、環境問題に対する意識も変わりました。日本で起こった出来事を米国が映画という形にし、メッセージとして世界に向けて伝えてくれたことにもすごく感動しています。日本人でないからこそ、描けたものもあると思います。

 水俣病は日本での出来事ですが、世界中の人々が国を超えて共通して話せるテーマがあります。もともとレヴィタス監督は、水俣病は日本だけの出来事ではないという意識で映画を作ったと思うんです。エンディングで、世界各地で起こっている汚染や公害の写真が出てくるのも、この映画を見て湧いたエネルギーが世界中の人々と共有しやすいからだと思います。見終われば自ずと「みんなが幸せに生きる世界とは?」と考えるはず。だからといって、説教くさくはない。この作品に参加できたことをとても誇りに思っています。

アイリーン:水俣病関連の裁判は現在、いくつも続いています。ひどく汚染された環境の中で胎児・乳幼児期を過ごし、今も行政から被害を認められていない人たちが数多くいます。国は汚染された魚介類を摂取した全ての人たちを網羅する疫学調査を、この65年間1回も実施していない。今も「調査方法について考えさせてくれ」と言ってずるずると引きのばしています。この映画は「こんなひどい話はない。もっと良い世の中にしようよ」と、みんなが気づく大きなチャンスではないかと思っています。

(構成/フリーランス記者・坂口さゆり)

※AERA 2021年10月4日号