秋篠宮家の長女・眞子さま(29)が、続いた誹謗中傷によって「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」を患っていることが公表された。眞子さまが具体的に何を中傷と感じたかは不明だが、ネット上には眞子さまや小室圭さんらへの批判があふれ、「正論と批判は誹謗中傷にあたらない」「どの内容を誹謗中傷と指摘しているのか」など、あくまで「意見だ」という声も多くみられる。法的には、どのような書き込みが問題となるのか。実際のコメントを例に、専門家に見解を聞いた。

*  *  *
 1日、小室圭さんとの結婚を発表する会見のなかで、眞子さまの症状を説明した精神科医の秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長は、「誹謗中傷と感じられる出来事が繰り返され、逃れることができないという体験をされた」と説明し、「幸福感を感じるのが難しい状態。集中困難、焦燥感、無気力といった症状もある」とした。また、「周囲の方々の温かい見守りがあれば、健康の回復は速やかに進むと考えられる」と強調した。

 これを受け、ネット上にはさまざまなコメントが書き込まれた。「下手くそな悲劇のヒロインを演じ同情を買おうとする態度には辟易する」「この状況で複雑性PTSDは医学的にあり得ないと思いますが本当に医師が診断してます?複雑性PTSDなのに明確な自己主張ができ恋愛や公務は行える…不思議ですね」などと、眞子さまの病気そのものを疑うもののほか、小室さんを指して「ヒモ男」「留学先の入学資格(法学部卒か弁護士資格所有)を満たしていないのに入学した時点で裏口入学でしかない」などというものもあった。こうしたコメントは法的に問題にならないのか。

 亡くなったプロレスラー・木村花さんへのSNSで中傷投稿に対し、花さんの母親が起こした裁判で代理人を務めている清水陽平弁護士は、「どのような書き込みが違法となるかについては非常に判断が難しいですが、名誉毀損に問われかねないコメントもあります」と話す。

 清水弁護士によると、刑法の名誉毀損には「事実の摘示」、つまり、本当かどうかの検証が可能な具体的事実を示したかどうかが必ず必要になる。例えば誰かについて、「詐欺をしている」「犯罪者だ」などと書き込むことがそれに当たる。

 一方、民事上では「事実の摘示」に加え、「意見や論評」での名誉毀損も成立する。

「例えば、過去に犯罪を犯したという前提のもとに『死んだ方がいい』『逮捕されろ』などと書き込むケースが該当します。また、民事上では『名誉感情の侵害』という、社会通念上、許される限度を超える侮辱行為だと認められる場合も、名誉毀損と判断されます。『バカ』とひとこと言うくらいでは成立しませんが、『死ね死ね』などと繰り返し書き込むと、違法となる可能性が出てきます」(清水弁護士)

 どこまでが問題のない「意見や論評」に収まるかの判断は簡単ではなく、清水弁護士も「人格攻撃にまで及んでいるかが一つの基準になりますが、この言葉がアウト、というのは非常に難しい。個別のコメントごとに判断していくしかありません」と話したうえで、今回の書き込みについて、こう指摘する。

「『下手くそな悲劇のヒロインを演じ同情を買おうとする態度には辟易する』はひどいですね。眞子さまの名誉感情を侵害しており、民事裁判になれば名誉毀損が認められると思います。眞子さまの診断を『あり得ない』とする書き込みも、同様の可能性があります。また、小室さんに対する『裏口入学』のコメントは『事実の摘示』に該当するケースなので、刑法の名誉毀損が成立する可能性があります。『ヒモ男』も、小室さんは眞子さまに養ってもらったわけではないでしょうし、現在仕事をしようとしているのですから問題となるかもしれません」

「結婚を中止しろ」などと繰り返し書いたとしても違法にはならないが、仮に有名人などに対し同様の書き込みを繰り返した結果、相手が自殺に追い込まれた場合は「結果の重大性を鑑みて、民事で損害賠償を認めることはあり得ます」(清水弁護士)という。

 だが刑法の名誉毀損罪や侮辱罪は「親告罪」のため、被害者の告訴が必要となる。悔しいと思っても、泣き寝入りが続いているのが現状だ。

 木村花さんの悲劇や、遺族の悲しみに向き合ってきた清水弁護士は、「当時、花さんをバッシングした人たちも、悪いことをしたという認識がない人が多かった。同じように、自覚がないうちに違法と思われるコメントをしてしまっているケースは多いと思います」とし、こう続ける。

「花さんが亡くなって以降も、ネットには批判や中傷的なコメントがあふれ続けています。仮に、書き込みの内容自体に法的問題がなかったとしても、バッシングされた側はとても傷つきます。正しい意見なんだ、意見は自由なんだと、大勢で個人を追い込む状況が許され続けて良いのかと感じています」

 コメントは一度書き込めば、「まずい」と思ってすぐに消したとしても、罪に問われるという。軽い気持ちで書いた一言が、実は問題かもしれないという事実は、知っておく必要がある。(AERA dot.編集部・國府田英之)