秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(30)が婚姻届を提出される10月26日が刻一刻と迫ってきた。本来なら、多くの人から広く祝福されるはずの慶事だが、宮内庁は眞子さまが「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」の状態であることを公表。それでもなお、小室さんをめぐる報道は過熱し、SNS上の批判的な書き込みは増すばかりだ。

 婚約内定後に発覚した小室さんの母・佳代さんと元婚約者との金銭トラブルはいまだ終結していない。そればかりか、小室さんや佳代さんにかかる警備費用などが税金で賄われていることが批判されたり、小室さんが留学の際などに「眞子さまのフィアンセ」ということを利用したのではないかと疑う声まで上がったりと、騒動が続いている。

「眞子さまが一時金を辞退されたのも、そうしたネガティブな声が届いていたからです。さらに小室さん母子に関するさまざまな疑惑も報じられ、ついにはその批判は秋篠宮家の子育てへの批判にまでエスカレートしていきました。秋篠宮家にとっては長女のご結婚ですから、これほど喜ばしいことはないのですが、結婚に伴う儀式や結婚式も行わず婚姻届の提出のみという異例の形をとらざるを得ないのは、やはりおつらいと思います。特に母親である紀子さまのご心痛は想像に難くありません」(皇室ジャーナリスト)

 26日に眞子さまと小室さんは記者会見に臨まれ、それから間もなく新生活となるニューヨークへ移る予定だ。

「11月の秋篠宮さまのお誕生日会見では、眞子さまと小室さんの結婚問題は“解決済み”ということになるのではないでしょうか。むしろ、眞子さまのご結婚が一段落しても、今度は悠仁さま(15)の進学先がどうなるか、また佳子さま(26)が眞子さまの二の舞になってはいけないという懸念など、ご心配は尽きません」(同前)

 9月に15歳になられた悠仁さまは現在、お茶の水女子大学附属中学校の3年生。以前から進学先に注目が集まっていた。



「筑波大学附属高校や東京農業大学第一高校などが候補にあがっていると報じられています。紀子さまは悠仁さまが小さい頃から、“帝王教育”の一つとして東大に進学させたいというお考えのようでしたから、学習院以外の進学先も検討されておられるようです。ただ、眞子さまのご結婚で『学習院へ進まれていたなら、このようなことは起こらなかったのに』という声も聞こえてくるのも事実です。悠仁さまの進学先によっては、再び紀子さまへの向かい風が強くなるのではと……」(皇室記者)

 また、眞子さまの結婚が佳子さまのご結婚にも影響を及ぼすことも十分考えられる。

「姉思いの佳子さまは、眞子さまのご結婚についても『姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています』(2019年3月、国際基督教大学を卒業された際の会見)と結婚を後押しされていましたから、ご自身が将来、結婚される際に眞子さまと同じような選択をされる可能性もあり得るかもしれません。眞子さまの悩まれる姿を間近で見て『皇室から出るためには、結婚しかない。自分がいいと思える相手なら、(細かいことは)構わない』と周囲に語っておられたそうです」(同前)

 眞子さまのご結婚により、今後は佳子さまの公務はさらに増えることも考えられ、「秋篠宮家として、佳子さまへかかる期待は大きくなりつつある」(皇室ジャーナリスト)という。

「海外メディアでも、眞子さまと小室さんの結婚はスキャンダラスに報じられ、皇室そのものへの信頼が揺らぎかねません。秋篠宮さまは、そうした潮流にも心を痛められています」

 眞子さまがご結婚されても、秋篠宮家の心痛と危機はまだ解消されそうもない。(緒方博子)