2020年に全国の自殺者が11年ぶりに増加した。コロナの影響により生活が一変し、経済的に厳しくなり、先が見えず、将来への不安が増して、苦しい思いを抱える人は少なくない。認定NPO国際ビフレンダーズ東京自殺防止センターは、電話相談でさまざまな悩みを抱えた人に心を寄せ、その思いを受け止めている。相談員でもある村明子理事にコロナ禍での相談業務について聞いた。

◆開始時間と同時に一斉に電話が鳴る

 トゥルル、トゥルル……。相談開始の午後8時になると、センターの電話が一斉に鳴り出す。これから、午前2時30分までほとんど途切れることなくかかってくる電話の対応が始まる。

 相談内容はさまざまだ。もちろん、電話をかけてくる人の性別、年齢も違う。しかし、程度の差こそあれ、「つらい」、「死にたい」という気持ちを皆一様に抱えている。

 センターの相談はコロナ禍でどのように変わったのか。コロナ以前は午後8時から翌朝の5時30分までだったが、コロナにより、相談時間を午前2時30分までに短縮せざるを得なくなり、相談件数も例年の約1万1000件から約6000件に減ったという。

「緊急事態宣言が出たこともあり、昨年の3月末から約1カ月、活動を休止しました。コロナ禍だからこそ、休止したくなかったのですが、相談員たちの健康や生活を考えると、やむを得ませんでした。休止期間中に相談室が密にならないようにするなど再開後の態勢を整え、5月から週に1回活動を再開し、7月からは通常の活動に戻っています」

 相談内容や電話をかけてくる人の事情も変化した。特に昨年は孤独感や生きていたくないという厭世的な内容、人生についての相談が多かった。また、コロナ以前は電話をかけてくるのは何らかの精神的サポートを必要とする人が圧倒的に多く、全体の7〜8割ほどだったのが、コロナ禍の現在はそうではない人からの電話も目立ってきている。また、コロナ以降は性別の内訳にも変化がみられるという。

「以前は7対3ぐらいで女性の電話が多かったのですが、一昨年ぐらいから男性の相談が増えてきました。コロナをきっかけに失業や仕事が上手くいかないなど経済的な相談も多いです。また自殺せずとも『死にたい』という気持ちを抱えている人はこの何倍もいると思います」

 警視庁と厚生労働省のデータによると、2020年の全国の自殺者数は2万1081人(前年比4・5%増)。うち男性の自殺者は1万4055人。2021年の8月末までは1万4207人でうち男性は9510人で、いずれも女性の約2倍だ。

◆高校生や大学生は将来の遠望を描けず…

 長引くコロナ禍で時間の経過とともに、変化したこともある。実は昨年春の感染拡大直後はコロナについての相談は少なかった。それが、コロナが生活に入り込むともにコロナと直接関係のある悩みの相談が増えてきたという。

 たとえば、職場や家庭で自分が感染を広めてしまい、「自分は死ななければならないんじゃないか」と思い詰めた人からの相談だ。また実際に会社を辞めざるを得なくなった人からの相談も増加している。

 一方、コロナに感染し、本当に治ったのかどうか疑心暗鬼になり、「ほかの人に感染させたらどうしよう」と考えすぎて会社に行けなくなったという人や必要以上に感染を恐れ、生活行動の幅が極端に狭くなり、息苦しく、「何のために生きていいるのかわからない」と訴える人も徐々に出てきている。

 年齢も以前は30代以上が多かったが、昨年の夏頃から高校生や大学生など若い人からの相談が増えたという。

「学校に行けない、家族全員が常にイライラしている状態で息抜きができず、家庭に居場所がないとう人も増えたような気がします」

 大学生は就活の悩み相談が目立ってきた。さらに内容も以前とは変化。

「今までなら、『就活に失敗してどうしたらいいのかわからない』というものが多かったのですが、今は『将来像が見えず、精神的に不安定になって就活に臨めない』など就活前から大きな不安を訴える人が増えてきました」

◆長引くコロナ禍で経済的な悩みが発展

 ほかにも夫からのモラハラや、離婚して頼る人が誰もいなくて死にたいなど孤立感を抱える深刻な相談や失業中の人からの相談も増加した。

「コロナで職を失い、再就職もうまくいかず、経済的にひっ迫し、生活が立ちゆかず、苦しいという相談もかなりあります」

 それまでは、なんとかもちこたえていたが、コロナの終息が見えないなか、いよいよそれが困難になり、死にたい気持ちが増幅されているのではないかともいう。

「一時的に生活保護に頼ってみるのも方法のひとつだと思いますが、一度そういう制度に頼ると、『自分がもう人並の生活が営めなくなってどんどん堕ちていってしまうのではないか』、『社会から必要とされていなのではないか』と思うと頼れないという人が多いのです」

◆今まで「死」を考えたことがない人でも

 コロナが流行する前には死を考えたことがなかったが、コロナによって死を考えるようなったというケースも多い。コロナ禍の昨年と今年はメンタルの不調を訴える人が例年以上に多くなり、新たに精神科を受診する人が増えたといわれている。

「特に今年に入ってから、眠れない、食べられないなど体にはっきりと不調が出てきて精神科に通院したという人や通院したいけど、診療まで2カ月ぐらい待たされ、つらいという相談がずいぶん増えました」

 心身ともに健康な人でも現在のように人を会うことや移動が制限されているのはしんどいこと。ましてや心身に不調をきたしている人にとっては、こうした状況は圧迫感があり、生きにくいと想像がつく。

◆「電話すればいいんだ」心のよりどころでありたい

 コロナが終息しても、「つらい」「死にたい」気持ちを抱えている人がゼロになるわけではないだろう。むしろ増加するかもしれない。そんなときこそ、自分の心のうちを話せる場所が必要だ。

 センターの相談時間は制限があるわけではなく、長いと1時間以上になるケースもあるというが、平均は30分ぐらいだそう。

「悩んでいる人は24時間そのことを考えているわけで、20〜30分話したくらいで解決するわけがありません。以前、きょうだいの中で自分だけが母親から、虐待まがいの仕打ちを受けていて、今でもそれがトラウマになって死にたいという相談を受けたことがありました。話の中で私が疑問に思ったことを聞いてみたら、『そんなこと今まで考えたこともなかった。驚いた』という返答だったんです。相談員の何気ない一言でいつも同じ方向に向いているベクトルや視点が変わり、気持ちが少し整理できるのだと思います。そして考え方に少し幅が出て、ラクになる、それが話すことの意味なのかもしれません」

 耳を傾け、じっくりと話を聴く相談員は一定の研修を積んだ20〜80歳のボランティアだ。団体名の「ビフレンダー」は自殺を考えている人、苦しみの状態にある人の友だち(friend)になる(be)になるというのが由来だ。

「電話をかけてくる人の問題を解決することはできませんが、それでも、『死にたくなったら、あそこに電話すればいいんだ』そんな心のよりどころであり続けたいと思っています。そして自殺を思いとどまってくれる人が一人でもいればいいなと思いながら活動しています。もちろん、このような相談場所が必要のない世の中が理想ですけどね」

(スローマリッジ取材班 須藤桃子)

■東京自殺防止センター
電話番号 03−5286−9090
相談時間 午後8時〜深夜2時30分まで(月曜日は午後10時30分〜、火曜日は午後5時〜) 年中無休
※岩手、あいち、大阪、宮崎、熊野にもある(ただし、熊野は現在活動休止)
相談時間・曜日は東京自殺防止センターのホームページ参照https://www.befrienders-jpn.org/