立憲民主党の小川淳也氏を追ったドキュメンタリーで注目を浴びた、大島新監督。続編では来たる総選挙でのライバルとの戦いを描く。AERA 2021年10月25日号では大島監督にインタビューした。

*  *  *

──映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」の続編「香川1区」の制作に入ったそうですね。

「なぜ君」は予想もしない反響を呼び、続編を望む声が多く届きました。ただ、小川淳也衆議院議員を追い続けるにしても、少なくとも4〜5年、場合によっては10年スパンの撮影を考えていました。舞台挨拶で半ば冗談、半ば本気で「これからも長く小川氏の撮影を続け、次回作のタイトルが『まさか君が総理大臣になるとは』になるといいなぁと思っています」などと話していたくらいです。

──続編を撮ろうと思ったきっかけは、2020年9月の野党合流による新しい立憲民主党の結成と、菅義偉政権の誕生だったと聞いています。

 この時、一部の中堅・若手議員から「小川氏を合流新党の代表選挙に」との声が上がりました。結果として小川氏は「自分は選挙区で当選していない」として名乗りを上げず、枝野幸男氏と泉健太氏の一騎打ちになりました。その過程で、小川氏は改めて選挙区で勝っていないという弱点を意識せざるを得なくなりました。党内で「選挙区で勝ったか否か」は、影響力が雲泥の差なのです。

 一方、菅政権が誕生すると、小川氏のライバルである自民党の平井卓也氏がデジタル改革担当大臣に就任したのです。驚きました。同じ選挙区で戦う相手が菅政権の看板大臣になるとは、小川氏にとって青天の霹靂だったと思います。保守地盤の香川県では「大臣」の名前は絶大です。映画が少々ヒットして話題になった程度では、とても太刀打ちできない。実際、小川氏はこの時期「人生と書いて試練と読む、という思いです」と私にこぼしていましたから。

■同じ地盤だが対照的

──そもそも、同じ香川1区を地盤にしながら、これほど対照的な政治家も珍しいですよね。二人の選挙戦を、今回は平井陣営にもカメラを向けて取材を行えば、日本の有権者の意識というものが見えてくるのではないか……。そう思われたのですね。

 平井氏は3世議員で、祖父も父も大臣を務めた政界のサラブレッド。加えて平井家は、県内のシェア6割強を誇る四国新聞や、西日本放送のオーナー一族で、「香川のメディア王」でもあります。美術館や私立高校の経営も一族が担うなど、影響力は絶大です。平井氏自身も、大学卒業後は大手広告会社の電通に勤務し、その後、29歳の若さで西日本放送の社長に就任します。いわば“銀の匙をくわえて生まれてきた”人物です。

──一方の小川氏は、自称「パーマ屋のせがれ」で、選挙に必要とされる「地盤・看板・カバン」はありませんでした。

 名門・県立高松高校を卒業して東京大学に入学。卒業後は自治省(現・総務省)に入りました。03年に当時の民主党から“無謀な”出馬をし、05年に比例復活で初当選しました。現在5期目ですが、平井氏相手の選挙は1勝5敗です。

■統計不正問題で脚光

 何しろ小川氏は政治家の資質に必要とされる“清濁併せ呑む”といった面がまるでありません。党内での出世争いにも関心が薄く、議員同士の社交や遊泳術もまったく下手。永田町では真っすぐ過ぎる性格ゆえに「修行僧」と呼ばれ、珍種扱いを受けています。けれども、渾身の正論で居並ぶ閣僚たちに迫り、聞く者の心を奪った19年の統計不正問題の追及によって、「こんな政治家がいたのか」と、熱い期待を寄せられています。

──今年6月11日、平井氏がIT総合戦略室の会議で、東京五輪・パラリンピックで使う健康管理アプリの開発を巡り、請負先の企業を「脅しておいた方がよい」「完全に干す」などと発言していたという朝日新聞のスクープが報じられました。

 平井氏は釈明に追われましたが、四国新聞には「税金の無駄なくすための発言」との見出しが躍りました。その5日後、文春オンラインが新たな音声を公開し、平井氏の発言が官製談合防止法に違反する疑いがあると報じました。これらの報道によって、盤石と思われた立場も揺らぎ、香川1区は全国でも屈指の注目選挙区となったのです。

■平井氏は“ザ・政治家”

──大島監督は今回、平井陣営や平井氏本人にも取材をしています。直接会ってみて、平井氏とはどんな人物なのですか?

 まさか取材を受けてくれるとは思いませんでした。東京の議員会館で30分だけのインタビューでした。「なぜ君」について、「小川さんの知名度が上がったので、平井さんにとって迷惑ではなかったですか?」と聞くと、「タイトルもキャッチーだし、政治に関心を持つ層が増えるのは良いこと」と、大人の対応でした。

「脅しておいて」「完全に干す」発言に触れた時には語気が強くなる場面もありましたが、全体としては隙を見せず、“ザ・政治家”という印象でした。

──これまで平井氏が勝ち続けてきたのは、有権者に選ばれたからです。平井氏に投票した人はどんな思いなのでしょうか?

「なぜ君」の監督ですから、警戒されるのでしょうか。平井陣営への取材は難航しています。それでも何度か香川に通ううちに、数人ではありますが話をしてくれる人に出会えました。ある建設会社の経営者は「ウチは公共工事の割合が大きいから政権与党に入れるのは当たり前」と正直に語っていました。高松市中心部で30年以上、商店を営む人は「この街で商売をしている以上、取材などで付き合いがある四国新聞は敵に回せないんです」と話していました。

■「現状維持」か「変革」か

 撮影はNGでしたが、商店街の顔役は「正直国会議員が誰か、ということは商売にあまり関係がないんだけど、県議会議員や市議会議員との結びつきが強く、そのほとんどが自民党だから」との答えでした。

──なるほど。共通するのは「現状維持」を望むという空気だったのですね。

 そもそも保守という概念は、理屈ではなく、これまで培われてきた伝統や価値観に意味を見いだす態度であり、現状維持を基本として、時代の変化に合わせて微修正していく考え方です。

 一方のリベラルは、理想や理念によって変革を求める政治姿勢であり、社会は変えられる、あるいは変えなければならない、という考え方ではないでしょうか。小川氏は特にその傾向が強く、これまでの日本の政治体制や政策体系を、ドラスティックに変えるという考えを持っています。

 その視野は気候変動への対応や、脱経済成長社会を目指すなど、世界の統治体制にまで及んでいる。大きく言えば、この選挙は「現状維持」か「変革」かを問う闘いなのです。おそらくこれは香川1区だけでなく、日本中の多くの選挙区で見られる現象だと思っています。

──小川氏にとっては7回目の対決になります。選挙区で勝てますか?

 こればかりは本当にわかりません。政権の支持率にもよります。ただ、前回以上のいい勝負になる可能性が高いと思いますし、無党派層の投票率が上がれば、勝機も出てくるでしょう。

(構成/編集部・中原一歩)

※AERA 2021年10月25日号