秋篠宮家の長女、眞子さんと結婚した小室圭さんが7月に受験したとされる米ニューヨーク州の司法試験。10月29日、合格者の名簿が公表されたが、小室さんの名前はなかった。追加合格や遅れて名前が公表されるなどの可能性も否定できないが、小室夫妻の新婚生活は、いまだ先が見えない。

*  *  *

「大学で返済免除の奨学金をもらうレベルであれば、司法試験は合格します。小室さんの名前がないなんて、信じられません」

 そうため息をつくのは、ニューヨーク州で活躍するベテラン弁護士だ。

 合格者の名簿は、アルファベット別に発表された。「K」の欄に、小室さんの名前は見あたらない。

 ニューヨーク州司法委員会(The New York State Board of Law Examiners)はホームページで、7月に実施された試験における受験者の合格率を公表している。

 全体の受験者は、9227人で63%にあたる5791人が合格した。 

 では、小室さんが所属したフォーダム大学ロースクール(法科大学院)の学生の合格率はどのぐらいなのか。確認できる統計がある。

「PublicLegal」という法曹分野の集計を行う米国のランキングサイトがある。昨年のニューヨーク州の司法試験の合格率を見ると、同州ロースクールを修了した学生の、初めての受験における平均合格率は75.7%。

 フォーダム大学のロースクール修了生の合格率は、92.3%と大きく上回っている。

 ただし小室さんは、語学のハンディがある。

 先のニューヨーク州司法委員会によれば、小室さんのような外国人の受験者の人数は、全体の3分の1にものぼる。そして外国人の受験者は、31%が合格している。

 いまのところ、この3割に、小室さんの名前はない。

 一部報道で、「公表された合格者名簿の数が合格者の5791人より「6人」足りない。この6人の合格者に小室さんが含まれているのでは」という分析もなされた。

 奇しくも小室さんは、米ニューヨーク州弁護士会が主催する学生を対象にした論文のコンテストで優勝という栄誉を受けたばかり。結婚した26日には、バーチャルの表彰式が執り行われた。小室さんは、参加は叶わなかったものの、主催者はこう祝辞を送った。

「小室圭さんは本日、日本のプリンセス・マコと結婚しました。彼を心から祝福します。結婚と優勝に心からの祝福を伝えたい。偶然ではありますが、この賞は結婚祝いとなりました」

 米国で孤高奮闘し研鑽を積んできた小室さん。それだけに、「合格リストに名前がない」この状況に、世間は驚きを隠せなかった。

 先の弁護士がこう話す。

「受験者には自分の答案のコピーと点数も公開されます。小室さんが仮に不合格だった場合、結果に納得が行かなければ、ハンド・スコアリング(Hand scoring)といって、試験を主催した司法委員会に、採点のやり直しを申し立てることができます。米国の司法試験は、合格人数が決まっているのではなく点数さえクリアすれば合格できます。過去にそうした再採点の申し立てで追加合格となった例もあると聞いています」

 実際、「NEWSポストセブン」が主催者に取材した回答として、「公表した5791人が最終合格者ではなく、増減する可能性がある」と答えている。小室さんの名前が合格者名簿に入る可能性は、ゼロではない。

 また試験は、2月と7月の年に2回実施されている。仮に不合格だったとしても、2022年2月の試験に再挑戦することも可能だ。

「米国で、1回目の挑戦は不合格でも、問わない法律事務所がほんどです。しかし、2回目も不合格ならば、クビを宣告されるケースがほとんどです」(先の弁護士)

 いまの小室さんの肩書は、法律に関する事務職員である「Law Clerk」だ。仮に再挑戦となった場合、新米弁護士よりは、受験勉強の時間は確保できるのだろうか。

「とんでもない、下積みの弁護士であるアソシエイト(associate)でも、法務事務を仕事とするLaw Clerkでも、家に帰る暇もなくこき使われますよ。まあ、一般的な法律事務所であれば、司法試験の数週間ほど前になれば、勉強のための休暇をもらえます。2回目の挑戦ならば、勉強するには十分な時間です」(前出のニューヨーク州弁護士)

 ただし年収は、天と地ほどの開きがある。

 小室さんが所属する法律事務所は、350人ほどの弁護士を抱える中堅事務所。米国の大手求人サイトによれば、アソシエイト弁護士の1年目の報酬は、20万1022ドルと日本円で約2290万円。一方、法務事務の場合は、せいぜい600万円程度と言われている。

 眞子さんと小室さんの米国での新居は、ニューヨーク市内でも高所得層が住み、治安面の良いアッパー・ウエスト・サイドに構えるのではとささやかれている。

 値段を押さえるならば、隣の州のニュー・ジャージー州からニューヨークに通勤する方法もある。ニューヨークにアクセスのよいジャージー・シティーなど治安のよい地域は、新築や築浅のワンルームでも、2500ドル(約29万円)〜3000ドル(約34万円)はくだらない。眞子さんとの共働きでないと苦しいだろう。

 気になるのは、司法試験に合格できなかった場合、ビザはどうなるのか、という点だ。

 米国政府が公開しているリストによれば、小室さんが勤務する法律事務所は、専門職に従事する外国人に発給されるH−1Bビザの申請を行っていない。

 小室さんは、学生ビザであるF1ビザのままである可能性が高い。先の弁護士によれば、学生はその学位を卒業後、1年間は、Optional Practical Training (OPT)という名目で雇用許可書をもらうことができる。

 眞子さんも就職が決まっていれば本人の就労ビザが発給されるし、小室さんの配偶者としてF2ビザでも滞在は可能だ。

 仮に小室さんの司法試験が、残念な結果でも来年2月の試験に合格すれば、問題はないだろう。

 会見で、「私は眞子さんを愛しております」と宣言した小室さん。果たして、小室夫妻の新婚生活は、笑顔のスタートとなるのか。

(AERAdot.編集部・永井貴子)