新型コロナウイルスワクチンの「ブースター接種」と呼ばれる3回目の接種。12月にも始まる見通しだが、副反応やワクチンの種類は2回目までと同じなのかなど、気になる疑問に回答する。AERA 2021年11月8日号から。

*  *  *

Q:副反応は2回目までの接種よりも重くなる?

A:米食品医薬品局(FDA)や米疾病対策センター(CDC)によると、ファイザーでもモデルナでも、ブースター接種後の副反応のほとんどは、数日以内にはよくなる接種部位の腫れや痛み、倦怠感や発熱などだった。発生頻度には大きな差はなかった。例外はわきの下のリンパ節の腫れで、2回目接種に比べると発生頻度が高かった。ただし、これも数日以内によくなる。心筋炎などまれな副反応については、臨床研究では参加者が少ないので不明だ。

 米CDCによると、8月12日〜10月10日に実施した、ブースター接種をした約27万3千人を対象にした調査では、接種後にもっとも多かった副反応は打った部位の痛みで、ファイザーを打った人の約5割、モデルナを打った人の7割超が経験。疲労感はファイザーの3割超、モデルナの約6割、筋肉痛や頭痛はファイザーの2割超、モデルナの約5割が経験した。

 このうちファイザーを打った約18万9千人の分析では、接種部位の副反応も全身の副反応も2回目よりも3回目の副反応の方が発生頻度が低く、副反応のために仕事ができなかった人の割合もブースター接種後の方が低かった。

 一方、モデルナを打った約8千人の分析では、全身反応や仕事ができなかった人の発生頻度はブースター接種後の方が少なかったが、局所反応はブースター接種後の方が高かった。差は大きくなかった。

 わきの下のリンパ節の腫れはどちらのワクチンも発生頻度が高くなっていた。ファイザーは2回目接種までの発生頻度が0.4%だったのに対し、3回目の接種後は5.2%、モデルナは14%から20%になった。

■毎シーズンの可能性

Q:ブースター接種は2回目までと同じワクチンを打つの?

A:厚労省は当初、原則として、ブースター接種はそれ以前に接種したのと同じ種類を打つことを可能にするとしていたが、今後、輸入できるワクチンの種類や量などにもよるので、流動的だ。11月中旬の分科会で決まるとみられる。

 米国は、ブースター接種ではどのワクチンを打ってもいいとしている。シンガポールは、ブースター接種では、より高い効果が期待できるm(メッセンジャー)RNAワクチンを打つよう求めている。

Q:若い男性は、接種後に心筋炎が起こるリスクを考慮し、モデルナではなくファイザーのワクチンを選んだ方がいい?

A:ブースター接種の臨床試験は、両社とも対象人数が少なく、発生頻度の低い心筋炎が2回目までよりも起きやすいかどうかは不明だ。また、ファイザーは2回目までと同量を打つが、モデルナは半量になり、その影響も不明。ファイザーもモデルナと同じmRNAワクチンで、心筋炎の発症がゼロではないことを理解した上で、どちらにするか選んだ方がいい。

 厚労省は若い男性で、モデルナの方がファイザーより心筋炎が起きる頻度が高い傾向がみられるとして、10代と20代の男性は1回目がモデルナでも2回目はファイザーに変更できるとした。ただし、米CDCは、両社のワクチンによる心筋炎の発生頻度に差があるかどうかはまだわからないとしている。

Q:3回目の後、いずれ4回目接種も必要になる?

A:まだ不明な点も多いが、インフルエンザワクチンと同じように、毎シーズン接種が必要になると考える専門家が多い。(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

>>【前編:ブースター接種の効果はどれくらい? ファイザー、モデルナそれぞれの調査結果】より続く

※AERA 2021年11月8日号より抜粋