文科省の発表によれば、昨年度の小・中学生の不登校は19万6127人。8年連続で増加し、過去最多を記録しました(※)。なぜ不登校は増えたのでしょうか。不登校新聞編集長の石井志昂さんが、専門家や現場の声をもとに過去最多の背景を考えてみました。


*   *  *
「自分でも理由はわからないんですが、45分ぐらいしか学校にいられなかった」(中学3年生・女子生徒)

 中学2年だった昨年6月、突然、学校へ行けなくなった女子生徒の声です。彼女は、このあとも学校へ行けなくなったようです。彼女のように「自分でも理由がわからない」と語る不登校当事者が増えてきました。ほかにも突然の腹痛や頭痛などを訴えて学校を休む子、突然の成績不振から不登校になった子もいます。

 中学校教員を15年間務めてきた方は、教壇に立ちながら「こんなに不安な子たちを見たことがない」と感じていたそうです。

「この1年間、学校は大きく揺れました。コロナの影響で3カ月間の一斉休校。自宅ですごすあいだも、子どもたちは不安だったと思います。学校が再開してからは、もっとたいへんでした。部活や修学旅行がなくなるなど、学校行事のほとんどがなくなりました。その中には『一生に一度だ』と子どもが楽しみにしていたイベントもあります。私も気の毒に思いながら、子どもを励ましていましたが、気がつけば、子どもたちのなかには無力感が漂っていました。『がんばっても発揮できる場がない』と思ったのでしょう。長年、学校で勤めていますが、ここまで不安感で揺れる子たちを見たことがありません。また、コロナ禍のストレスはうまく言葉にならず、消化できないみたいなんです』(中学校教員)

 コロナ禍のストレスが「言葉にならない」という認識は、心療内科医・明橋大二さんも同じでした。明橋さんによれば、子どもたちは「コロナには慣れた」などと言って、コロナで苦しんでいることをあまり言わないそうです。「大人を心配させたくない」「苦しんでいるのはみんな同じ」という思いがあるからなのでしょう。ところが、ため込んだ思いは突然に爆発し、強迫行為にまで発展する子もいるそうです。その強迫行為は「1日に何十回も手洗いをしてしまう」「何時間も部屋のなかを歩き回ってしまう」というもの。子どもたちが表面上の言葉とは裏腹に、心の奥底で深刻なストレスを抱えているようです。 

「言葉にならないストレス」が不登校増加の背景の1つでしょう。「言葉にならないストレス」に苦しむとき、人はその苦しさから逃れようと、要因を忘れようとしたり、ごまかしたりします。苦しさから自分の意識から遠ざけるためです。しかし、それでは根本的な問題解決になりません。実際にはストレスで苦しみ続け、ある日、爆発することになります。それが今増えている強迫行為や不登校です。

 つまり「理由がわからない」と語っていた不登校当事者は、「理由がない」のではなく、本当はコロナで苦しんでいたということです。しかし苦しんでいることに気がつかず、爆発してから「突然に起きた」と感じるのです。学力低下も同様です。本人はちゃんとやっているつもりでも、ストレスから勉強どころではなくなっていたのでしょう。

 不登校過去最多の背景のもう一つは「生きづらさの低年齢化」です。今回の結果で特徴的なのが小学生の不登校増加でした。中学生の不登校が約5000人増に比べて、小学生の不登校は約1万人増。これまで思春期以降の問題だと見られがちだった不登校は、小学生のあいだでも広がっています。

 福島県会津若松市でフリースクールを開き、不登校の子を支えている江川和弥さん (寺子屋方丈舎)は「小学生でも同級生や教師らとの人間関係、学校生活で生きづらさを感じている子が増えています」と語っていました。私が取材した範囲でも、小学校の低学年から集団での無視やいじめがあり、「クラスカースト」と呼ばれる序列化もあります。当時19歳だった女性は「幼稚園でいじめられやすかったので、いじめられないキャラを研究して、小1は乗り切った」と語っていました。いまやいじめは「小学校入学前」にも意識する人が出るほど、低年齢化しています。このほかにも早期教育の影響もあるでしょう。子どもたちは「人間関係」や「早期教育」で早くから疲れているようです。

 不登校の過去最多の背景をまとめます。1つめは、コロナによる「言葉にならないストレス」があること。2つめは「生きづらさの低年齢化」が進んでいることでした。最後に、では「今後どうすればいいのか」を書きたいと思います。

 現在の学校システムを考えれば、不登校が一定数以上いるのは、ごく自然なことです。文科省も「不登校の子ども本人には非がない」(『不登校新聞』2017年)との認識を示しています。不登校をすること自体は悪いことではけっしてありません。しかし日本は学校中心の教育制度のため、不登校だと苦労を強いられます。いま不登校になった子は、学校で傷つき、致し方なく学校を離れた子です。これは苦しいことであり、解決されるべきことです。

 解決に必要なのは「公的なサブチャンネル」です。

 不登校で苦しむのは、義務教育のかたちを「学校へ通うことだけ」に縛っているからです。「学校へ通うことだけ」に縛るから、いじめがあっても行けない人が問題視されるのです。不登校だけでなく、さまざまな事情を抱えている人のためにも、この国の義務教育は「学校に通う」というメインチャンネル以外に、学校に通わないでも学べるという「サブチャンネル」が必要です。サブチャンネルの一番手は、オンライン教育でしょう。またフリースクールなど「オルタナティブスクール(もう一つの学校)」の広がりも必要です。将来的には、学校教育、オンライン教育、フリースクール教育などを本人が行き来できる仕組みが求められています。なにより「不登校が増えた」というニュース以上に、学校はどう変わればいいのか、という議論が必要でしょう。次のステップにつながる議論にも期待したいところです。

(文/石井志昂)

※「令和2年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」