新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種が12月にも始まる予定だ。2回目を終えた12歳以上の全員が対象で、2回目の接種完了から8カ月以上経過した人から接種券が配布され、打つことになる。そこで、気になる3回目の副反応の強さやブースター接種の有効性、インフルエンザの予防接種とではどちらを優先するべきかなどを専門家に聞いた。

*  *  *

 ワクチン2回目の接種後に副反応がみられた人は、日常生活や仕事に影響が出たケースも少なくない。3回目も同じような症状が起こるのであれば、スケジュールの調整や心の準備をしておきたいところ。3回目の副反応はどうの程度になるのか、日本ワクチン学会理事などを務める長崎大の森内浩幸教授に聞いた。

――3回目接種後の副反応はどれくらいでしょうか?

 3回目の副反応は、2回目の時を超えるほどではないでしょう。一般的によくある局所の痛みや腫れ、発熱、倦怠感などについては、おそらく2回目よりも軽くなる人が多くなると思います。

――なぜ、2回目よりも3回目は軽い副反応で済むのでしょうか?

 私たちが持っている免疫には、ワクチン接種や感染することによって病原体を覚えていく「獲得免疫」と、生まれつき備わっている「自然免疫」というのがあります。自然免疫の仕組みで、ウイルスなどの異物が入ってくるとすぐに炎症反応を起こします。ワクチンを打った局所の炎症反応は、痛みや腫れで、全身に及ぶと熱や倦怠感になります。こうした自然免疫の反応は、獲得免疫を導くための準備段階として起こるのです。

 いったん自然免疫が発動すると、しばらくの間はスタンバイした状態が続きます。そこで2回目のワクチンが接種されると直ぐに反応するため、1回目よりも2回目の方が強く副反応が出ます。

 ただ、さすがに6カ月や8カ月が経過するとスタンバイ状態は緩んできますから、個人差ありますが、2回目よりも3回目は軽い副反応で済む可能性の方が高いと思います。

――3回目のブースター接種の有効性は高いのでしょうか?

 新型コロナウイルスのワクチンは、2回の接種でも重症化を防ぐ効果は持続しているとされます。しかし、感染そのものや発病を防ぐ効果は落ちてきます。

 抗体量は、1カ月で約2分の1に、2カ月で4分の1、3カ月で8分の1というように減っていきます。抗体が減るのは当然のことなのです。もし、抗体が減っていかなかったら、私たちは病気に罹るたびに、もしくはワクチンを打つたびに、高い数値の抗体が血液に溜まったままになってドロドロになってしまうでしょうね。

 抗体量が減ると感染を防ぐことはできなくなるので、ブレークスルー感染が起きてしまうのは仕方がないことです。抗体は減っていても、抗体を作る細胞は残っているので、感染した場合は直ちに抗体を増産し、発症や重症化を防ぎます。ブースター接種を受けることで、予め抗体を増産させておけば、感染そのものを防ぐことができます。

 海外の事例では、接種から時間が経過すると発症する人が段々と増えていったり、発症はしなくても感染するというブレークスルー感染を起こす人も増えたりしています。

 10月に米国のコリン・パウエル米元国務長官(84)が新型コロナにブレークスルー感染して合併症を起こして亡くなりましたが、もし医療施設や介護施設などでブレークスルー感染が起こると、特に高齢者や基礎疾患のある人は重症化や死亡する可能性もありますので、そうした悲劇を少しでも減らそうと思えば、2回目接種をして時間が経過した人から3回目を打つ意味は大きいと思います。

――3回目のワクチンは、1回目と2回目で打った種類と同一にすることを厚労省は基本としています。今後、検討される交互接種についてはどう思いますか。例えば、1回目、2回目にモデルナのワクチンを受けて、3回目にファイザーを打つなど。

 3回目も同じ種類にするのが原則です。ファイザー社もモデルナ社も、それぞれの製薬会社が、自社製品の3回目を接種した場合の安全性と有効性についてデータを出していて、エビデンスレベルが高いです。交互接種をしても医学的に考えて問題が起きることは考えにくいですが、十分なデータは得られていません。原則は同一種類がいいでしょう。

――例年、冬になるとインフルエンザが流行しますが、新型コロナワクチンとインフルエンザの予防接種とでは、どちらを優先したらよいでしょうか。

 まだ1回も新型コロナのワクチンを打っていない人であれば、1回目と2回目の接種をするのが最優先だと思います。新型コロナの方が、インフルエンザよりも重症化のリスクが高いです。

――新型コロナの3回目接種とインフルエンザの予防接種では、どちらを優先すべきでしょうか。

 インフルエンザの予防接種は現時点でも予約可能だと思うので、まずこちらを先に接種して欲しいです。それから2回目の接種を終えて8カ月以上経っている高齢者のブースター接種が開始されるタイミングになると思います。現時点では一方を接種してから2週間空けることになっていますので、先にインフルエンザを予約してから、新型コロナの3回目の日取りを決めるという順番が良いかと思います。

 インフルエンザも毎年死者を出す病気です。昨冬に流行らなかったので、社会全体の集団免疫が落ち、この冬に流行ることが懸念されています。インフルエンザは、地球から消えずにどこかで流行っています。新型コロナについては空港で検疫がありますが、インフルエンザについてはチェックしていませんので、国と国の行き来が盛んになるにつれて入ってくる可能性も高くなっていきます。新型コロナの感染者が減って、感染対策にも気の緩みが出ているタイミングでもあり、両方が流行ってもおかしくないかと思います。

 新型コロナとインフルエンザでは、どちらも症状が似ていますけども、インフルエンザは抗インフルエンザ薬を直ぐ処方できます。新型コロナに対する経口抗ウイルス薬もそのうち使えるようになるでしょう。どちらも、ウイルス量が少ないうちに薬を使えば重症化を防ぐことができます。そのためには、患者の数を増やさないようにするとともに、ハイリスクの人が発症後に直ちに検査して診断をつけ、治療が受けられる体制を整えることが重要になってきます。

 第5波のような医療崩壊を招かないためにも、この冬に向けたワクチン接種の計画を立てたい。

(AERA dot.編集部 岩下明日香)