東京五輪・パラリンピックが閉幕してからずいぶんと月日が経ったが、大会運営で使用されたクルマをめぐっては、今もアツい戦いが繰り広げられているのをご存じだろうか。

 「東京2020大会運営車両」としてトヨタ自動車が提供(貸与)した大量のクルマが役目を終えた後、中古車市場で人気を博しているのだ。

 トヨタ自動車は国際オリンピック委員会(IOC)と契約した「ワールドワイドオリンピックパートナー」として、大会運営車両約2700台(パラリンピックでは約1700台)を提供した。

 トヨタの発表によると、約2700台のうち約9割がハイブリッドなどの電動車であり、水素自動車のMIRAIやプリウスPHV(プラグインハイブリッド)、ミニバンタイプのノア・ヴォクシー、同じくノア・ヴォクシーの福祉車両(ウェルキャブ)などだ。

 この他、バッハ会長の送迎にも活躍した高級ミニバンのアルファードやレクサスES、ピックアップトラックのハイラックスやSUVのRAV4、ステーションワゴンのカローラ・ツーリングなどもあり、注目を集めた。

 これらのクルマが、パラリンピック終了直後の9月上旬から、全国のトヨタ販売店やトヨタ中古車販売店で「認定中古車」として販売がスタートし、「入荷したらすぐ売れる」というくらいの人気となっているのだ。

 人気の理由は、「オリパラで使用された」というプレミアムな価値だけが評価されているわけでもないようで、「走行距離が少ない」「安心度の高いトヨタ認定中古車」「即納できる」ことなどのようだ。

 人気の理由をそれぞれもう少し詳しくご紹介しておこう。

(1)走行距離が少ない

 走行距離1千キロ以下が主流で、なかには20キロ以下など新車同様のものもある。車種によっては1万キロを超えるものもあるが、それは極めてまれだ。年式は2020年と21年がほとんどで、新規登録から3カ月以内という中古車もある。

(2)トヨタ認定中古車

  トヨタ認定中古車とはトヨタ販売店の中古車ブランドで、手厚い保証をしいて販売されている。新車といっても差し支えないようなクルマが、目に見えないところまで徹底的に洗浄されており、外観や内装はきれいだ。

  すべての中古車に「車両検査証明書」がついており、クルマの状態を徹底検査して公開。全車に1年間走行距離無制限の「ロングラン保証」がついているのも魅力だ。ハイブリッドカー(トヨタ・レクサス)には、初年度登録年月から10年目までは「ハイブリッド機構の無償保証」がついている。

(3)即納できる

 昨今、半導体不足やアジアにおける新型コロナの感染再拡大などで、トヨタを筆頭に日本の自動車メーカーは減産体制を敷いている。新車の生産が減るとなれば納車も遅れる。即納される新車同様の中古車に人気が集まるのは当然と言えるだろう。

  こうした背景が、人気の主な理由とみられる。

  ところで、大会運営車両といえば、「ゴールテープ」をイメージしてデザインされた赤や青の派手なデザインが思い浮かぶ人もいるだろう。ちなみにほとんどが赤だが、MIRAIだけは水素自動車の「水」をイメージしてか、ベースは同じだが青いカラーになっている。

  実際にご覧になった方もいるだろう。車両基地がいくつか設置されていた築地〜月島近辺や大会本部やメディアセンターが置かれていた有明〜お台場周辺では頻繁に見かけることができた。なお、大会運営車両と銘打って販売する場合、組織委員会との約束で「ラッピングはそのまま」が条件となるが、ユーザーが購入後にはがすことは何の問題もない。

  いくつかの販売店に尋ねたところ、ラッピングをはがして白い素の状態のボディーにするための専門業者を紹介してくれるところもあり、はがした状態にするか、そのままの状態かで価格設定を変えている販売店もあった。

  ちなみにはがす費用は車種や地域によっても異なるが2万〜3万円が相場とのこと。赤い部分だけをはがしてボンネットの『TOKYO 2020』の文字だけを残したいといった要望にもこたえてくれるという(費用が安くなる場合もある)。

  魅力の多いオリパラ使用車ではあるが、トヨタ自動車では転売されないように業者への販売を固く禁じている。必ず購入者本人に現車を確認してもらい、対面で販売すること。また、支払いは現金ではなくローンでの購入のみとしている。

  北関東のあるトヨタディーラーの話によると、五輪中古車は非常に人気が高く、入札形式で全国各地のトヨタ販売店が参加し、激しい争奪戦が繰り広げられていたという。

 「スタートした当初はそれほどでもなかったのですが、回を追うごとに仕入れが難しくなっていきました。とはいえ、新車の納車が遅れ気味である現在、新車同様の状態ですぐに納車できる中古車の存在はとてもありがたいです」(ディーラー)

  なお、11月に入り、パラリンピックで使用されたノアやヴォクシーの福祉車両(車椅子のまま乗り込めるなどの改造が施されている)が市場に出てくる。福祉車両が中古車市場に出てくる機会はそれほど多くはないため、こちらも人気が集中しそうだ。

(自動車生活ジャーナリスト・加藤久美子)

 ※週刊朝日オンライン限定記事