【※ネタバレ注意】以下の内容には、映画、今後放映予定のアニメ、既刊のコミックスのネタバレが含まれます。


14日、『鬼滅の刃』のアニメ「無限列車編」第5話が放送された。いよいよ無限列車編も後半にさしかかる。列車に乗り込んだ炭治郎たちは、鬼・魘夢との激闘の最中に、大きなダメージを負った。この任務には、炎柱である煉獄杏寿郎が同行していたが、彼は後輩剣士たちの援護にまわり、魘夢にとどめをさしたのは炭治郎だった。なぜ鬼殺隊実力者である煉獄が、直接、魘夢の首を斬らなかったのか。そこには煉獄の深い思慮があった。<本連載が一冊にまとめられた「鬼滅夜話」が11月19日に出版されます>

■「炎柱」が無限列車に赴いた理由

 まず、無限列車に炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)が赴いた理由について考えたい。鬼を滅殺するための組織・鬼殺隊(きさつたい)の戦闘の要は、「柱」と呼ばれる者たちだとされている。

「柱とは 鬼殺隊の中で 最も位の高い9名の剣士である 柱より下の階級の者たちは恐ろしい早さで殺されてゆくが 彼らは違う」(6巻・第45話「鬼殺隊柱合裁判」より)

 コミックス15巻には「柱は警備担当地区が広大」で多忙であると説明されており、柱が派遣されるほどの現場は、相当な危険が予想されるところばかりだ。

<短期間のうちにこの汽車で40人以上の人が行方不明となっている! 数名の剣士を送り込んだが全員消息を絶った! だから柱である俺が来た!>(煉獄杏寿郎/7巻・第54話「こんばんは煉獄さん」)

 無限列車には、鬼の実力者「十二鬼月」のうち「下弦の壱」にランキングされている鬼の魘夢(えんむ)が潜んでいた。下位クラスの鬼とは違い、血鬼術(けっきじゅつ=鬼の特殊能力)も予想以上に強力なものだった。

■煉獄の柱としての資質の高さ

 煉獄杏寿郎は、無限列車内で大量の弁当を食べ、後輩剣士たちとにぎやかに会話を交わしている。一見すると和やかな雰囲気であるが、はじめて列車に乗って興奮している伊之助(いのすけ)に対して、煉獄は「危険だぞ!いつ鬼が出てくるかわからないんだ!」と注意をうながしている。煉獄が警戒を怠らず、高い緊張感を持っていることが、このセリフからよくわかる。

 炭治郎が自分の新技である「ヒノカミ神楽(かぐら)」のルーツを探すために質問しても、「だが知らん!」「この話はこれでお終いだな!!」と煉獄に一蹴されている。

<待ってください そしてどこ見てるんですか>(竈門炭治郎/7巻・第54話「こんばんは煉獄さん」)

 こんなふうに炭治郎は、煉獄への相談を続けようとするが、煉獄の注意は列車内にいる鬼の気配を探ることに向けられていた。煉獄が目の焦点を炭治郎にだけ集中させなかったのは当然のことで、これは煉獄の危機管理能力の高さを示している。柱と一般隊士との意識の違いである。

■魘夢の能力・煉獄杏寿郎の実力

 しかし、煉獄がこれほど注意をはらっていても、彼らは魘夢の血鬼術(けっきじゅつ=鬼の特殊能力)に翻弄されてしまう。慎重な性格の魘夢は、自らは鬼殺隊の前になかなか姿をあらわさず、手先である人間を使って、煉獄たちを夢の中へと引きずりこんだ。

 それでも煉獄と魘夢の実力差は歴然としていた。コミックス7巻の説明によると、「通常 眠り鬼の術に落ちている時 人間は体を動かすことができない」はずなのだが、煉獄は攻撃されそうになった時、「動けるはずのない術の中で」動くことができている。

 煉獄の剣技、集中力の高さ、能力から考えても、彼が魘夢に直接とどめをさすことは十分に可能だった。だが、煉獄はそれを炭治郎たちに任せた。一体なぜか。

■煉獄杏寿郎の戦い方

 高速で走る列車。8両編成の長い車両。日輪刀を振りづらい狭い通路。200人の人質。魘夢は列車全体を支配しており、車内のいたるところに人間を襲う触手を発現させていた。煉獄には乗客全員の命を守る、という責務があった。それゆえ、煉獄の判断は早かった。

<俺は後方5両を守る!残りの3両は黄色い少年と竈門妹が守る 君と猪頭少年は その3両の状態に注意しつつ 鬼の頸を探せ>(煉獄杏寿郎/7巻・第60話「二百人を守る」)

 煉獄の実力なら、一気に先頭車両まで駆けて、魘夢の「頸の骨」を見つけることもできた。しかしその間、炭治郎たちでは、乗客を守り切ることができない。実際に炭治郎は、車両を守っている最中に「目の前の人たちを守るので精一杯だ まずいぞ どうする」と焦っている。

 この状況では、鬼を倒すことよりも乗客を守ることの方がはるかに難しいと煉獄は一瞬で理解した。そのため、煉獄は、炭治郎と伊之助に魘夢を任せて自分は車両を守ることに専念した。「乗客を1人も死なせない」という信念と共に。

■「守りながら戦うこと」の難しさ

 煉獄の判断は正しかった。善逸と禰豆子は3両の乗客を守り切り、炭治郎と伊之助は魘夢の弱点を発見して、その首を斬ることができた。煉獄は「8両編成の車両に分散している200人の乗客すべて」の命を守り切ったのだった。

 しかし、この魘夢戦直後に、それ以上の実力者である「上弦の参」の鬼・猗窩座(あかざ)がやってくる。炭治郎、伊之助、善逸の実力では、猗窩座と渡り合うことは不可能。その場では、煉獄杏寿郎だけが、猗窩座と互角に戦うことができる唯一の人物だった。

<動くな!!傷が開いたら致命傷になるぞ!!待機命令!!>(煉獄杏寿郎/8巻・第63話「猗窩座」)

 煉獄は1人で戦うならば、猗窩座とも十分に渡り合うことができただろう。しかし、傷ついた後輩剣士たちをかばいながら、2体目の十二鬼月と戦うのは困難を極めた。敵であるはずの猗窩座に「弱者に構うな杏寿郎!! 全力を出せ 俺に集中しろ!!」と苦言を呈されているほどだ。

■強く優しかった“煉獄さん”

 魘夢戦において、炭治郎は自分ができることに専念し、鬼の首を斬ることができた。しかし、猗窩座戦で炭治郎は何もすることができなかった。煉獄と猗窩座が到達している「地点」に、今の炭治郎では及ばなかったのだ。炭治郎は、母と弟妹の死以降、はじめて「自分が何もできないまま」に人を死なせてしまう。さらには、「自分を守るために死にゆく人」を目撃することになる。

 猗窩座との戦いで致命傷をおった煉獄は、泣き叫ぶ炭治郎を優しく呼び寄せ、語りかける。列車内で聞かされていた「ヒノカミ神楽」の情報が、自分の生家になら残っているかもしれないと告げるために……。重傷の激痛に耐える中、命が燃え尽きようとするその時に、煉獄は最後まで後輩剣士のことを思いやっていた。

 無限列車における煉獄の判断は、常に「人を救うこと」を最優先になされた。だからこそ、魘夢との戦いでは後方支援に回り、猗窩座戦では身を挺して炭治郎たちを守った。

 この後、激化する鬼との死闘の中で、鬼殺隊の隊士たちは、それぞれに煉獄杏寿郎の姿を思い出す。それが力となって、今後もたくさんの人たちを救い続けるのだった。

◎植朗子(うえ・あきこ)
1977年生まれ。現在、神戸大学国際文化学研究推進センター研究員。専門は伝承文学、神話学、比較民俗学。著書に『「ドイツ伝説集」のコスモロジー ―配列・エレメント・モティーフ―』、共著に『「神話」を近現代に問う』、『はじまりが見える世界の神話』がある。AERAdot.の連載をまとめた『鬼滅夜話』(扶桑社)が11月19日に発売予定。