10月26日に結婚した秋篠宮家ご夫妻の長女、小室眞子さんと小室圭さんの夫妻が、11月14日東京・羽田空港からそろってニューヨークに向けて出国した。『だめんず・うぉ〜か〜』の著書がある漫画家の倉田真由美さんは、かつて小室さんを「売れないミュージシャン」と例えていたが、まさに、司法試験に不合格の身で渡米とは“的中”してしまった。このことに倉田さんは「だから、続きが気になるんです」と言う。

*  *  *

 結婚会見で報道が落ち着くのかと思われていた小室圭さんと眞子さんだが、倉田さんはこう見る。

「結局、小室圭さんってあまりにも注目されているから、アメリカ行っても『こういう生活しています』というのが報じられ続ける運命なのかなと、ちょっと考えてしまうようになりました。みんなが知りたい、気になっていることを追うというのが基本だから、『そっとしておいてあげたらいいのに』と思う気持ちも、もちろんありますけど、とは言え、折に触れて、小室圭さんと眞子さんの話は出てきてしまうのだろうなと思うんです」

 結婚会見を倉田さんは「小室さんと眞子さんの掛け合いで卒業式のセレモニーみたい」とツッコミを入れていたが、質問に答える従来の会見でなかったことも関心を引きずってしまう要因と分析する。

「小室さんは、ある意味で『人気者』になってしまった。人気者という表現はどうかとは思うけれでも、注目の人になってしまった。どうしてこうなるかというと、『今、どうなっているんだろう』って、知りたいところで終わっちゃっているから。例えば、小室さんのストーリーは、『司法試験に落ちた』というところで終わってしまっているので、これって、漫画で言えば、『続きが気になる!』みたいな話なんですよね。試験に落ちて渡米となると、この主人公は『どうなるの??』みたいな。元々就職先がしっかり決まっていて、目指す資格試験を通過し、海外で生活を始めますならば、めでたしめでたしでのハッピーエンドで漫画なら最終回になりうる。落ち着きどころが決まるまではどうしても気になってしまうので、小室さんと眞子さんは追われてしまうのかなと思う」

 小室さんが合格できなかったNY州の司法試験には、2022年2月に再チャレンジすると見られている。

「落ちてしまった試験も、もちろん一生懸命勉強していたと思う。でも、元々英語を母国語としていない人が、英文の試験を受けるだけでハンディだから、私は最初から難しいことにチャレンジして頑張っているなと思っていました」

 かつて、倉田さんは小室さんを「売れないミュージシャン」と例えていたが、司法試験に落ちたことは、あくまでも試験だから仕方ないこととし、生活をしていければ、それでいいのでは? と言う。

「無職でないなら、私はいいと思う。贅沢言い出したらキリがないし。司法試験はもう一回チャレンジするのであればチャレンジすればいいし、生活していく上で大事なのは、『ちゃんと食べていく』ということ。食べていくことだけ見通しがついているのであれば、司法試験通っていれば弁護士1年目の年収が2000万円だとか、試験に通らないと事務員として年収600万円とか報じられていますけど、この際、金額の多い、少ないはいいんじゃないですか? 600万円がダメで2000万円がいいという話ではないので。そこは、『小室さん、頑張ってね!』と応援したいな。小室圭さんには『こんないいところがある』というのをまだ見せてもらっていないので、ここからでいいので地道に積み上げていって欲しいですよね」

 小室さんにいいところを見せて欲しいと言う倉田さんだが、母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、小室さんは10月26日の結婚会見でこう話している。

「母は精神的な不調を抱えており、元婚約者の方と会うことはドクターストップがかかっています。私が母に代わって対応したいと思いそのことをお伝えしました。元婚約者の方からは前向きなお返事を頂いています。解決金を受け取っていただきたいという気持ちは変わっていません」

 出国の前々日の12日夜、小室圭さんは母・佳代さんの元婚約者と対面で金銭トラブルの交渉に臨み、解決金を支払うことでようやく合意したという。晴れて交渉を果たした小室さんにマスコミ各社の質問が投げかけられたが、無言のままだった。倉田さんの言う「続きが気になる」状態ということ。

「小室さんのお母さんの問題ですし、報道されていることからは何とも言えないですが、ちょっと長引きすぎましたたね。そもそもこの話題が出てきてから小室さんへの注目が集まってしまった。早く解決することを第一義に置かなかったことが、そもそもの間違いだったのかもしれないですね」

 日本を離れて無事にニューヨークに向かうことができても、1年以内に就労ビザを取得しなければ、就職した法律事務所で働き続けられないという。就労ビザは当選確率約28%の抽選に当選しなければ審査すら進めない狭き門。来年には帰国ということもあり得る。

「そうなると、折に触れて、小室さんと眞子さんがどのように暮らしているかという話は出てくるんじゃないんですか? 暮らしぶりはもちろんのこと、『小室さん転職』とか、それこそお子さんが生まれたら、どこかが報じるでしょう。従来の降嫁された皇族の女性たちよりもはるかに注目度が高いので、こういう例は歴史上いままでにない。だから、渡米したとしても、そこはある程度の覚悟は必要なのかもしれませんね」

 無事に出国は序章で「最終話」はまだしばらく先なのかもしれない――。(AERAdot.編集部・太田裕子)