10月に結婚した秋篠宮家の長女、小室眞子さん(30)と夫の小室圭さん(30)は11月14日午前、羽田空港から米ニューヨーク州に旅立った。

 羽田空港の国際線の出発ゲート付近には早朝から100人以上の報道陣が集まり、夫妻の門出を見送った。夫妻が姿を現したのは出発ギリギリの午前10時8分で、マスクをした眞子さんは赤いパスポートを手に紺色のニット姿、圭さんはセーターとコーデュロイのパンツとカジュアルな格好だった。報道陣が「眞子さま」と声をかけると、眞子さまは軽く会釈。圭さんは目もほとんどあわせず、無言で足早に通路を通り過ぎた。

 一般人となった眞子さんは機内へのチェックインの際、マスクをさげてパスポートを職員に見せていた。圭さんも顎の下へマスクを下げるしぐさをみせ、機内へと移動した。アチコチでテレビ中継が行われるなど空港は騒然とした雰囲気だった。

  当初は圭さんだけがひと足先にニューヨークに戻るとも見られたが、夫婦そろって晴れて渡米することになった。ニューヨークでの新生活はどんなものになるのか。最新情報をニューヨークで旅行会社を営む経営者や皇室ジャーナリストに聞いた。

 ニューヨーク在住の旅行会社を経営するA氏は、マンハッタン暮らしをこう話した。 

「マンハッタンはお金がないと住めないし、遊べないところ。世界的に見て、物価は断トツに高いですから、それなりの高収入が必要です」

 ニューヨークはハドソン川下流の島であり、中心街であるマンハッタンの法律事務所で、圭さんは「Law Clerk」(弁護士の助手)として働く。事務所が入居している高層ビルには日系企業も入っている。

 そんなところで暮らすには、年収は一体どのくらい必要なのか。

「マンハッタンのミッドタウンに住んでいる人の平均所得は2000万円ぐらいだと思います。警察官とか郵便局員の初任給が800万円くらい。3年務めたら1000万円を超えます」(A氏)

◆小室さんの年収600万円は低所得者層

 世界経済の中心と言われるだけあって、給与水準は高いという。ただし、小室さんの年収は600万円前後とされる。

「600万円以下は低所得者層に入ると思います。おそらく、法律事務員なので、ライセンスなしでもでき、書類を裁判所に持って行ったり、事務所に持ち帰ったりという仕事、弁護士の資料集めの手伝いなどと思います」(同前)

 小室夫妻のニューヨークでの住居は既に決まっていると伝えられる。A氏は家賃についてこう解説する。

「小室さんの勤務先のあるマンハッタンの中心部だと、月の家賃は1 LDK で大体40万から70万円。たぶん、2人で住むんだから2 LDK だと、50万円から90万円くらいにはなるでしょう。高級な住まいは100万円を超えます」

 高いといわれる物価はどうなのか。

「日本より物価は相当高いですね。ニューヨークにはラーメン屋さんが結構あるんです。私の知っているところはチャーシューラーメン1杯を注文すると、約35ドル(約4000円)くらいになりますね」(同前)

 ニューヨークでも日本のようにSPがつくのかどうか……。眞子さんは一人で買い物に出かけても大丈夫なのか……。気になる治安はどうか。

「この間、ニューヨーク州にある刑務所を6つ閉鎖すると報じられていました。理由は犯罪の件数が悪かった頃に比べて半減しているからです。マンハッタンはニューヨークの中でも非常に安全なエリア。ニューヨーク州では銃を所持することは法律で禁じられています。銃規制は州ごとの法律ですから」(同前)

 現地のコロナの状況についてA氏はこう話す。

「マスクしている人はほぼいないですね。ミュージカルも毎晩満席ですし、ホテルも埋まってます。ヨーロッパからも観光客が入って来るようになりました。カナダとの往来も復活し、アメリカに入ってくる人が殺到し、国境付近では車が渋滞したりしています」

◆どうなる就労ビザ申請

 小室夫妻はこれからアメリカで働くための就労ビザを申請するのではないかとではと見られている。

「小室さんのビザは、OPTという大学に就学している学生が専攻している学問と関連のある職種で企業研修を行うものではないかと聞きます。小室さんがフォーダム大を卒業したのが今年5月。1年たつと切れるものなので、来年5月にビザが切れるのでは? それまでに就労ビザを申請しないといけないんですが、弁護士事務所がスポンサーになってくれないと取得は大変難しい。来年2月の弁護士試験に合格しなければいけない。ビザなしになる可能性もありますね」

 一方、眞子さんはICU(国際キリスト教大学)在学中に学芸員の資格を取得。東京・丸の内の博物館に5年半勤めた。資格を活かして、マンハッタンにある世界最大級のメトロポリタン美術館に就職する可能性がある、と報じられた。

「メトロポリタン美術館には、バスで乗り継ぎになると思いますが、30分もあれば着くと思いますよ。眞子さんは配偶者ビザを取ったとも報じられていますが、バックパワーがあるから、これから別のビザも取れるんじゃないですか。日本とアメリカの関係ですから。圭さんは自分のビザが切れても、眞子さんの配偶者ビザでやっていくということは、この先ありうることだと思います」(同前)

 ニューヨークにはお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二やタレントの渡辺直美らが活動の拠点としている。ニューヨークでも2人はメディア、パパラッチに追いかけられるのだろうか。

「こっちは眞子さまの結婚は誰も気にしていないし、ほとんどテレビのニュースにもなっていない。日本ではなぜ、そんなに気にしているのか、2人の好きにさせてあげればいいのにと思います。今はコロナの時代ですから、日本から一般観光客が来るのは先なので、しばらくは自由を満喫できるのでは。おそらく、来年になって日本からの観光客が増えたら、街中を歩いていても、見つかるかもしれません」

◆スピード渡米の理由は「日本嫌い?」

 結婚したのは10月26日。仮住まい先のマンションには19日間滞在しただけの”スピード渡米”となった。11月4日には、秋篠宮妃紀子さまの父で、眞子さんの祖父・川嶋辰彦さんが81歳で亡くなった。小室夫妻が急いでニューヨークに行く理由について、皇室ジャーナリストの神田秀一氏はこう見る。

「まだ祖父の川嶋さんの喪もあけていないうちに、こんなに急いだのは、仮住まいのマンションにいても、外も出歩けませんし、SPに監視されていますからね。それに、圭さんが司法試験に落ちただけで騒がれる。もう、日本にいるのが嫌になってしまっているんでしょう」

 圭さんは来年2月には再度、司法試験を受けるのではないかとみられている。

「合格率63%、初めて受験した人の合格率は78%というのはあくまでネイティブの人たちを入れての合格率ですからね。日本人が合格するためには、相当の英語力を習得することが必要。圭さんは仕事にも復帰しないといけないし、アメリカにいた方が英語力が磨かれるというメリットもある。1日も無駄にできない。眞子さんも、2人がバラバラに生活するよりも、一緒に向こうへ行きたいと思ったのではないでしょうか」(神田さん)

 圭さんは12日夜、母親の元婚約者と面会し、懸案の小室家の金銭トラブルに双方が解決することで合意した。眞子さんも渡米前日の13日、赤坂御用地を訪れた。

「出国前に家族に別れのあいさつをしたんでしょうね。2人とも、まだ就職先も不安定な状態で飛び出していくんだから、茨の道だと思う。だけど、努力していけばそれが平坦になるかもしれない。圭さんは会見で『愛しています』と言ったんだから、眞子さんを本当に大事にして欲しいね」(同前)

(AERAdot.編集部 上田耕司)