時代に名を残す大ヒット作品となった『鬼滅の刃』。この作品が名作であるゆえんは、作者・吾峠呼世晴氏が構築する「独特の世界観」にあることは言うまでもない。魅惑的なキャラクター造形、耽美的な悪、秀逸なセリフ回し、モノローグの使い方など、名篇といわれる文学作品に通じる技巧も駆使されている。AERA dot.で『鬼滅の刃』の連載を持つ神戸大学研究員の植朗子氏が、文学研究者の視点から吾峠氏の世界観を分析した。<本連載が一冊にまとめられた「鬼滅夜話」が発売中>

*  *  *

■圧倒的に多いモノローグ・セリフの秀逸さ

 まず、『鬼滅の刃』の特徴として「モノローグ(独白)とセリフの多用」が挙げられる。漫画は絵で語るものという見方もあるが、セリフの多い・少ないは、作品の特徴であり、単純な優劣では語れない。鬼滅では「セリフの多さ」が特色となっているのは間違いない。鬼滅アニメ版・映画版でも、そこは実力派声優たちの腕の見せどころとなっており、彼らの名演も相乗効果となって、質の高い作品を作り上げている。

 漫画では、とくに1巻の導入部分にモノローグが多く、さらに水柱・冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)の長セリフは圧巻だ。

<生殺与奪の権を他人に握らせるな!!惨めったらしくうずくまるのはやめろ!!そんなことが通用するならお前の家族は殺されてない 奪うか奪われるかの時に主導権を握れない弱者が 妹を治す?仇を見つける? 笑止千万!!>(冨岡義勇/1巻・第1話「残酷」)

 冒頭から、読者は吾峠呼世晴氏ならではの「語りの世界」に圧倒される。しかもこれらは単に長いわけではなく、ひとつひとつにキャラクター特性、独特の世界観が込められている。他の漫画とは違う、良い意味での“違和感”といえるだろう。『鬼滅の刃』のセリフの数々を紐解くと、吾峠氏の叙述の才腕がよくわかる。

■「セリフの反復」による「昔話的世界観」の構築

『鬼滅の刃』は、炭焼きの一家・竈門家の悲運のエピソードから始まる。家族の殺害、化け物の襲撃、親のいない子ども、2人兄妹、人里離れた山中、というシチュエーションは、文学的に解釈すると、「昔話」的な要素に満ちあふれている。

 そして、シチュエーション、モティーフだけでなく、この幻想的で、怪奇的で、昔話的な世界観を「セリフとモノローグ」が補完するのだ。「昔話」(※メルヒェン、おとぎ話、神話的な物語)には、「出来事と言葉の反復」が必ず必要とされる。以下がその代表的な事例だ。

 鬼になってしまった禰豆子は陽光を弱点とするため、日中は歩き回ることができない。そのため、炭治郎が禰豆子を運んでやる必要があった。これは、背負って運びやすいようにと、炭治郎が鬼の妹に「小さくなれ」と声をかけた時のセリフだ。

<小さく 禰豆子 小さくなれ>(竈門炭治郎/1巻・第2話「見知らぬ誰か」)

 実際に小さくなる能力を持っているのは禰豆子なのだが、言葉が反復することによって、まるでおとぎ話の不思議な呪文のように、炭治郎のセリフが響く。「鏡よ 鏡よ 鏡さん」という「白雪姫」のあの有名な一節と同じ物語的効果があるのだ。

 その後、天狗の面をつけた謎の老人・鱗滝左近次(うろこだき・さこんじ)が登場し、炭治郎に剣術を指南する。鱗滝は昔話世界でいうところの「過去の勇者」であり、若者に超自然的な力を授ける「賢者」でもある。

 物語が進むと、炭治郎は鬼殺隊の入隊試験に際して、かつて鱗滝に捕縛され、藤襲山に封印された「魔物(鬼)」と戦うことになる。この鬼・「手鬼」は江戸時代から大正時代まで捕らえられたままで、途方もない長い年月、鱗滝への恨みをつのらせていた。

<鱗滝め 鱗滝め 鱗滝め 鱗滝め!!!>(手鬼/1巻・第7話「亡霊」)

 手鬼によるこの言葉の反復は、鱗滝を恨み続けたとてつもなく「長い時」を表現するとともに、「常軌を逸した狂気」を表現している。鬼に名前を“繰り返し”呼ばせるだけで、これらが巧みに表されているのだ。

■“死んだ人”の言葉がよみがえる「反復」の技巧

 吾峠氏による優れた叙述技巧は、これだけにとどまらない。長い論考にしないと語り尽くせぬほどの多彩さがあるのだが、文字数の関係で、あと一つだけ紹介したい。“死んだ人”の言葉がよみがえる「反復」の技巧だ。

 「心を燃やせ」――これは「無限列車編」で命を落とす煉獄杏寿郎が、炭治郎たちに遺した言葉だ。「心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け」という煉獄の言葉は、その後も炭治郎の心の中で「反復」され、彼らに大きな勇気をもたらす。煉獄が遺した言葉のひとつが繰り返されることによって、大きなうねりを生み出し、人々の心に押し寄せる。

<燃やせ 燃やせ 燃やせ!!心を燃やせ!!!>(竈門炭治郎・煉獄杏寿郎/9巻・第77話「轟く」)

「心を燃やせ」とつぶやくのではなく、このセリフのままに、「燃やせ 燃やせ 燃やせ!!心を燃やせ!!」と言葉を“繰り返して”読んで欲しい。この「反復」にどれだけの効果が込められているか、実感することができるだろう。

■絵で表現される「悪徳の美」

 吾峠氏の技巧でもう一つ特筆すべき点は、「美の造形」の秀逸さである。少年漫画のいわゆる「ラスボス」には強さが希求されることが多い。しかし、『鬼滅の刃』の最大の敵である、鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)は、初登場シーンから“美しさ”が抜きんでていた。

 無惨は浅草の街で炭治郎につかみかかられた時に、一瞬だけ「鬼の眼」で描かれているが、その直後には、世にもまれな美青年であることが印象づけられる。明らかに上質な洋装姿、おしゃれで、連れ歩いている妻子も愛らしい。

「鬼でありながら魅惑的である」ことは、読者を“悪への陶酔”へと引き込む。実際に、鬼滅ファンには、主人公よりも、鬼のキャラクターが好きだという人が数多くいる。人間を喰う恐ろしい存在であるにもかかわらず、惹きつけられずにはいられない。

「鬼滅」において人間の捕食シーンは、肉を喰う描写にされることもあるが、血を吸っているのではないかと思わせる場面が多々見られる。吸血鬼的な耽美さ、美しい魔物の魅力がここにある。無惨以外にも、童磨(どうま)、堕姫(だき)など、登場だけで話題となった「美しい鬼」も、ストーリーの中で“美”が重要な役割を果たしていることを示す。

■作品にあふれる「美」の要素

 それだけではない。鬼殺隊の「柱」である、冨岡義勇の技の数々が披露された那田蜘蛛山編では、どのキャラクターよりも大きなコマが連続して描かれ、その流麗さに多くの人がみとれた。アニメでは「水の呼吸 拾壱ノ型・凪」が、美しい世界観で再現されている。他の柱たちの技も、メインキャラクターたちも、それぞれの「呼吸」の特性にあわせて、スピード感・技の正確さ・強さなどが、その“美”とともに描かれている。

■語り尽くせぬ吾峠呼世晴氏の才能

 ここまで、ごくわずかな例ではあるが、叙述技巧の手法、キャラクター造形の美しさにがいかに緻密に計算されているかをみてきた。だが当然ながら、吾峠呼世晴氏の天才的ともいえる物語の構築力は、まだまだ語り尽くせない。

 献身と保身、血の継承と技の相承、鬼の実存と神仏の不在など、物語の随所に読者を引き込む妙技が散りばめられている。アニメや映画はもとより、ぜひ原作の漫画で確認してもらいたい。この時代に、『鬼滅の刃』という名作をリアルタイムで見ることができる喜びを、一人の研究者としてもっとかみしめたい。

◎植朗子(うえ・あきこ)
1977年生まれ。現在、神戸大学国際文化学研究推進センター研究員。専門は伝承文学、神話学、比較民俗学。著書に『「ドイツ伝説集」のコスモロジー ―配列・エレメント・モティーフ―』、共著に『「神話」を近現代に問う』、『はじまりが見える世界の神話』がある。AERAdot.の連載をまとめた「鬼滅夜話」(扶桑社)が11月19日に出版された。