藤井聡太が竜王戦七番勝負で4連勝を飾り、史上最年少の19歳で四冠を達成した。名人と並ぶビッグタイトルの竜王獲得で将棋界の席次も1位に。「藤井時代」がついに到来した。渡辺明王将への挑戦も決まり、次は史上最年少五冠を目指すことになる。

*  *  *

 あえて、われらが藤井聡太、と書こう。

 若き国民的スーパースター藤井は今年度、竜王戦の挑戦者となった。そして秋に開幕した七番勝負で、王者・豊島将之(31)を相手に4連勝ストレートで竜王位を奪取。史上最年少の19歳でタイトル四冠同時保持者となり、将棋界の席次は1位に。われらが藤井聡太は、名実ともに将棋界の頂点に立った。

「将棋史に残る戦いにふさわしい名局でした」

 渡辺明名人(37)は、藤井新竜王が誕生した第4局(11月12、13日)をそうたたえた。藤井の節目の勝局が毎度のように「名局」と言われるのは盛り過ぎでもなんでもない。現実にそうなのだから、仕方がない。

■「藤井曲線」とはならず

 本局、先手番の豊島は得意の角換わりを選んだ。しかし序盤からポイントを積み重ね、中盤で優位に立ったのは藤井だった。

「先手番で作戦があまりうまくいかなかった」

 短手数で敗れた第2局と合わせて、豊島はそう振り返った。

 通算勝率8割4分を超える藤井は多くの場合、形勢を少しずつ広げてそのまま勝つ。コンピューター将棋ソフト(AI)が示す評価値をグラフにすれば、俗に「藤井曲線」と呼ばれる右肩上がりの図が示される。しかし本局はそうならなかった。豊島はギリギリのところで踏みとどまって巻き返す。

 104手目、藤井は自陣の危険を承知の上で、相手陣に飛車を成り込み、豊島玉に迫った。もはやどちらが勝ちかはわからない。持ち時間8時間のうち、残りは藤井9分なのに対して、豊島は2時間29分。これは豊島の勝ちパターンだ。今年度に入って藤井が勝ち越すようになったとはいえ、最初は豊島が藤井を圧倒していた。豊島がそれまでの棋士人生で、タイトル戦でストレート負けを喫したこともない。本局は豊島が勝ち筋を見つけ、逆転でカド番をしのぐのかとも思われた。

 豊島は盤に向かって、こんこんと読みふける。しかし明快な勝ち筋が見つからない。

「将棋の終盤は悪手の海」

 とも言われる。分岐まで含めれば、人間にとっては無限とも思われる変化の中で、正解はただ一つしかないという場面が現れるのが将棋の難しさだ。

 考えること1時間39分。豊島は意を決して指し進めた。その先の変化で、桂で藤井玉に王手をかけるか、王手をかけずに相手の角を取るか。運命を決する選択で、豊島は前者を選んだ。この瞬間、将棋史は新たなステージに進むことが決まった。

 残り時間がほとんどない藤井は、その先、一切の手順を間違えることがなかった。終局後、渡辺名人をはじめ多くの棋士が驚いた通り、豊島玉はあらゆる変化でぴったり詰んでいた。それを藤井は読み切っていた。

「三桂あって詰まぬことなし」

 という有名な言葉がある。その由来は諸説あるが「算計」や「三計」などにひっかけていると言われる。要するにダジャレの類いであり、現実には使いづらい桂馬が3枚あっても、相手玉は詰まないことが多い。しかし天才藤井は違う。本局、最後の詰み手順の変化で、藤井からは使いづらいはずの桂3枚を見事に使い、禁じ手の「打ち歩詰め」を回避する順まで現れる。

「三冠あって詰まぬことなし」

 と言うべき場面だった。

■フィクションを超えた

「藤井の存在はあらゆるフィクションを超えている」

 そう言われるようになって久しい。藤井が意識せぬうちに生み出していく、数々の記録はまさにそうだ。しかしそれだけではない。藤井がライバルたちと盤上で紡いでいく棋譜は、どんなフィクションよりも劇的だ。

 藤井は盤も見ず、がっくりとうなだれたようにうつむく。顔をしかめるように、目をつむる。藤井が勝ちを意識して、感情を表すのは珍しい。しかしそれは勝ちを目前とした者の姿のようには見えない。

「99% 藤井聡太三冠」

 中継画面の形勢表示がなければ、どちらが勝勢なのか、ほとんどの人にはわからないだろう。

■「すーん」ではなかった

 昨年度最高の名局に選ばれた棋聖戦五番勝負第1局。タイトル戦初陣の藤井七段(当時)は「現役最強」の呼び声が高かった渡辺明棋聖を相手に、劇的な終盤を制して乗り切った。渡辺の妻で漫画家の伊奈めぐみは、藤井の落ち着いた様子を「すーん」という擬音を使って描いた。本局の終盤で見せた藤井の様子は「すーん」ではなかった。藤井もまた決して「神」などではなく、「人の子」だ。

 万感の思いは静かに去っていったのだろうか。122手目。藤井は冷静な手つきで金を打ち、豊島玉に王手をかけた。

 最後、完全に詰まされてしまうところまで進めないのは、400年来変わらぬ、上級者のたしなみである。豊島は居住まいを正し、次の手を指さず、美しい終局図を残して投了した。

「実力不足を痛感したので、実力をつけていかないといけないと思います」

 王位戦、叡王戦、そして竜王戦と続いたタイトル戦を振り返って、豊島は静かにそう反省した。一方で藤井はどうか。

「実力が足りないというのは一局指すごとに感じることで。対局ごとにうまく判断できない局面があるので、そういう局面を減らしていかないといけないと感じています」

 言葉だけを聞けば、どちらが敗者だかわからない。盤上の真理に謙虚に向き合う者だけが、この世界では生き残っていく。

 2017年。藤井四段(当時)がデビュー以来無敗で29連勝し、最初のフィーバーを巻き起こした頃。筆者はあるベテランの名棋士に、藤井について尋ねた。

「いまの段階でタイトルをいくつ取っても、まったくおかしくありません」

 自分にも他者にも厳しく、とりわけ若手に対してめったに甘いことを言わないその棋士は、藤井の図抜けた才能を激賞した。藤井は14、15歳の段階で、すでにトップに匹敵する実力の持ち主だった。

■羽生も10代で竜王獲得

「藤井聡太が竜王になるまで、あと4年かかりますよ」

 17年に戻って当時の人々にそう告げたとすれば「あの藤井でもそんなにかかるのか」と思われるかもしれない。

 1989年。10代にしてすでに図抜けた実力の持ち主であった羽生善治(51)がついに初タイトル挑戦を決めた際、河口俊彦八段(故人)はこう記した。

「あえて、我等が羽生、と書こう。羽生善治五段が、竜王戦の挑戦者になった。(中略、15歳で四段デビューし)それから約4年で、棋界最高の位に手をかけた。十代でタイトル戦出場は、史上初のことである。私の感じでは、ようやく出て来てくれたか、であるが、記録を見ると、けたちがいに早い出世と判る」(河口俊彦『一局の将棋 一回の人生』)

 羽生もまた、藤井と同じ19歳で竜王位を獲得した。将棋界を知らない人にとっては驚嘆すべき早い出世に見えるかもしれない。しかし羽生や藤井が盤上で表すまばゆいばかりの才能を感じ、将棋の天才が生きる時間軸を想像できたとすれば、決して早いとも感じないだろう。

 天才の周りでは、異次元のスピードで時間が過ぎていく。11月19日、藤井が王将挑戦権を獲得し「史上最年少五冠」へのチャレンジが決まった。羽生善治が奇跡の全七冠制覇を達成したように、8大タイトル制となった現在、藤井聡太もまた、着実に全八冠制覇への道を歩み続けている。

(ライター・松本博文)

 ※AERA 2021年11月29日号を一部改変