地球温暖化の影響で海面が上昇。不安定だったプレートに負荷がかかる。そこで生じたひずみをシミュレーターに入れると、沈没区域を示す真っ赤な色で日本地図が染まり上がる……。日曜劇場「日本沈没−希望のひと−」のワンシーンだ。

 48年前に書かれた小松左京氏の原作「日本沈没」の根幹にあったのは、高度経済成長の終わりとプレートテクトニクスやマントル対流。一方で、現在放送されているドラマでは、作品の肝となる地震学者の田所雄介博士の設定はそのままに、物語の根っこに地球温暖化を置いている。

 なぜ、テーマを大きく変えたのか。プロデューサーの東仲恵吾さんは言う。

「今の時代に即して作るなら、地球環境をどう守るかをテーマに置きたいと思ったんです。人口減少やインフラの老朽化、地球温暖化などを懸念した2050年問題は世界的な命題。設定を作るなかで、海面上昇が沈没を導引するという設定で物語を作れないかと考えました」

 地震学の監修をした火山学者の山岡耕春氏は、原作への愛着を持つ読者の一人。温暖化と沈没を結びつけるという設定には「非常に困った」と吐露している。東仲さんはこう説明する。

「山岡先生とは、実際に起きている環境の変化が日本沈没という現象にどう影響するかを議論しました。地殻への大きなストレスや海面上昇が地殻変動に移行する可能性はありますか?という話からはじめて、『1万年という時を経たら起こり得る現象』といった答えを重ねていく。それをドラマというフィクションに合わせて、一週間とか一カ月という期間に集約しました。原作の設定を大幅に変えていくという点で、おそらく戸惑いがあったのだと思います」

予想外の「コロナ禍」に

 ドラマの構想が始まったのは、2019年。東日本大震災から10年となる今年、一つの節目として描きたいという思いからだった。当時の状況はもちろん、政府が立てている関東大震災のシミュレーションなども目を通した。

 だが、予想外のことが起きた。

「2021年は東京オリンピックが終わった翌年で、日本が経済的にも成長して上を向いている状況での放送を想定していました。視聴者の方の心にも余裕があって、改めて環境のことを考えられるようにと思っていたんです。それが、コロナ禍で大きく情勢が変わりました」

 日々の生活が苦しい人がいるなかで、ドラマのせいで鬱屈とした気持ちになってほしくない。そんな思いがよぎったが、そのたびに当初の思いに立ち返った。

「何回もリメイクされてきた作品を今この時代にやる意味は何かをスタッフも出演者も一緒になって議論してきました。2050年問題という現実が迫るなかでも、一人ひとりにできることがある。年配の方から小さい子どもまで、その思いを感じ取っていただきたい、というのが私たちの結論でした。ストーリー作りや演技で迷ったときも、このテーマを胸に秘めて乗り切ってきました」

 物語の舞台を少し先の2023年にしたのは、「まだ変えられる」と希望を持てるようにしたかったから。初回放送直前の10月7日夜、関東地方では最大震度5強の地震が発生したときには、不安をあおらないよう、打ち出し方を考え直した。現実に起きている問題と向き合うからこそ、リアルとフィクションのバランス感覚を欠かさないようにした。

 それ以上に大変だったのは、エンターテインメントの要素をどこまで許容するかだった。

「制作する側が言うのもなんですが、なかなか爽快な話ではないんです。日曜の夜って憂鬱じゃないですか。明日から仕事が始まるし、見終わった後にスッキリして頑張ろうと思っていただけるような作品を届けるのが日曜劇場の本質にあります。だから、これまでの日曜劇場よりは爽快感は薄れてしまうかもしれないと思っていました」

 ここ数年の日曜劇場は、物語の面白さに加え、出演者たちの想像以上に力がこもった芝居も評判だった。だが、「日本沈没」ではそうした演出も難しい。小栗旬演じる環境省の天海啓示が政府を動かす様子にスカッとすることもあるが、その一方で常に不安が横たわる。

田所博士がどれだけ弾けるか

 そんなドラマで唯一独自の路線を貫き、物語をエンタメに昇華したのが、香川照之演じる田所博士の存在だった。

「撮影を終えて振り返ってみると、田所博士がどれくらい弾けるかということがこのドラマの生命線になっていたと気づいたんです。田所博士は原作でも破天荒なキャラクターですが、見た目や芝居の雰囲気、ぶっ飛び具合も香川さんがすべてご自身でハンドリングしています。一番恐ろしいことを言う人物であり、唯一ハネられる役でもある。現場では監督と『かなりぶっ飛んでいますね……』と話していたのですが、ドラマとしてつなげていくとものすごい力学を持っていらっしゃる。絵力も迫力がありますが、自分が演じる役が作品にどう影響するかを計算されている方です。監督陣含め、脱帽しました」

 リアルとフィクション、そしてエンタメが混ざりあった「日本沈没」は視聴者の反応も大きい。放送のたびに、Twitterでは「#日本沈没」がトレンド入り。作品への感想や考察が飛び交っている。

「堅苦しいと思われるかもしれませんが、身の回りのものを変えようといった環境を意識する声も思った以上に多く、伝えたいことが伝わったと感じられてうれしいです。山岡先生も話していましたが、日本沈没は「非現実的」で、現実には起こり得ないと思います。でも、海面上昇が起きていて、地殻には日々大きなストレスがかかっているのは本当です。スタッフ、出演者ともに『こんなことは起きてほしくない』というアラートのつもりで作品と向き合っています」

 ドラマの後半では、国土を失うことの意味や、世界へ移民を受け入れてもらうためにどう動くかが描かれている。沈没までの限られた時間のなかで、どんな答えが導かれるのだろうか。(編集部・福井しほ)

※AERA 2021年11月29日号掲載に加筆