TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。映画『MINAMATA』について。

*  *  *

 國村隼さんの事務所から一枚の葉書が届いた。『MINAMATA−ミナマタ−』の試写状だった。

 試写で感銘を受け、公開中の映画館の大きなスクリーンでもう一度観た。

 高度成長期のタブーとして半ば封印された公害「水俣病」を、ニューヨーク生まれのアンドリュー・レヴィタスが監督・脚本を手がけたこの作品は、当時の警察官の制服、チッソ作業員が被るヘルメット、デモ参加者のタスキなどすべての衣装を一から作り、水俣に出向いたサウンドチームが水、雨、雷、鳥、風の自然音を録音、セルビアとモンテネグロに70年代の水俣を再現するなど、隙のない演出で「公害の原点」を今に蘇らせた。

 ジョニー・デップ演じるフォト・ジャーナリスト、ユージン・スミスはLIFE誌から水俣へ派遣されるが、そこで立ちはだかるチッソ社長役が國村隼さんだった。

 オーディションを経てキャスティングされた國村さんは思案する。

「水銀を垂れ流す加害企業社長というステレオタイプのイメージではないだろう。私が演じる社長は初めて因果関係を認めた人。温かい血が通っていただろう。社会的な立場も、社員を守る責任もあっただろう」

 深い洞察に基づく彼の演技は昭和の陰陽を見事に象徴し、国策プロジェクトの歪みに関わった苦悩に揺れる社長の姿は静謐な詩のようでもあった。

「演じる上でも根っこは一つ。与えられた役柄が自分の腹に落ちるかどうか。それだけです」

 水俣では住民の半数以上がチッソ関連の仕事に就いている。

「加害者と被害者が同居しているのは東電の福島原発事故も同じ。国策プロジェクトの基本構造は変わっていない」

 今なお多くの被害者が患者認定を求める中、作品上映会が水俣市の文化会館で行われた。ボランティアの協力もあったが、そこには家族がチッソに勤めている人もいた。現地の若者には水俣病を知らない人がいる。それだけに現地上映の役割は確かにあった。

「水俣での上映会が無事に終わってほっとした」と國村さんが表情を緩めた。TBSドラマ『日本沈没』など、社会派の映像作品が相次ぐ彼だが、『MINAMATA』のオーディションに臨んだもう一つの理由に、ジョニー・デップと共演したいという思いがあった。

「(無垢な心の人造人間と少女の触れ合いの)『シザーハンズ』の主人公、エドワード・シザーハンズは素晴らしかった。ピュアでナイーブ。そんな役柄をジョニーほど完璧に演じる役者はいません」

 プロデューサーにも名を連ねたジョニー・デップがユージンを演じると、元妻のアイリーンさんが一瞬本人かと思うほど似ていたという。「一人の関心を持つ者として、この歴史は語り継がなければならない」と彼はベルリン国際映画祭の公式記者会見で語った。

 命の尊厳と人間社会のあり方を質(ただ)す『MINAMATA』で、ジョニー・デップ、國村隼が正面から対峙したが、「過去の誤りをもって、未来に絶望しない人びとに捧げる」(ユージン・スミス/写真集『MINAMATA』)という言葉が、彼らの演技の根幹にあったのは間違いない。

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

※週刊朝日  2021年12月10日号