2度目の挑戦だった米ニューヨーク州の司法試験に不合格だった小室圭さん(30)。秋篠宮家の長女・眞子さん(30)との新婚生活にも暗雲が垂れ込める中、聞こえてくるのはまさかの「カナダ移住」説。新天地への「転進」の現実味を探ってみた。

*  *  *

「サクラサク」とはならなかったようだ。

 昨年10月に秋篠宮家の長女、眞子さんと結婚した小室圭さんが今年の2月に受験した米ニューヨーク州の司法試験。その結果が4月15日未明(日本時間)に公表されたが、そこに「KOMURO,KEI」の名前はなかった。

 その日の午前、小室さんは自身の留学を支援してきた奥野善彦弁護士に電話で連絡。「残念ながら落ちました。合格点に5点足りず、とても無念です」とのやりとりがあり、7月の試験へ再々受験の意欲を示したと伝えられる。

 ニューヨーク市内の法律事務所で「Law Clerk」として勤務する小室さん。昨年7月から数えて3度目の試験に挑むというのだが、いくつか不安材料がある。日本とニューヨーク州の弁護士資格を持つ樋口一磨弁護士が説明する。

「所属する事務所次第ですが、2度目の試験も落ちたとなると、一般的には解雇になる可能性が高い状況です。また、仮に雇用を継続してくれるとしても、ビザが取れないため、引き続き米国に滞在して働くこと自体ができなくなると思われます」

 アメリカでは大学や大学院を卒業後、そのまま米国に滞在して企業で働くことができるOPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)制度があり、小室さんはこれを利用している可能性がある。その期限が遅くとも今年の夏ごろにはやってくる予定なのだ。

 金銭面の不安もある。英字紙などは眞子さんがニューヨークのメトロポリタン美術館の仕事に関わっていると報じたが、無給のボランティアに近い契約との情報もあり、月50万円以上とも言われるタワーマンションの家賃を賄うには心もとない。

 二人の新婚生活は1年も経たず頓挫してしまうのか。今後を心配する声が高まる中、ネット上では「小室夫妻がカナダに移住するのではないか」という説がまことしやかにささやかれている。

“根拠”の一つとされるのが外務省の人事だ。1月の人事でニューヨーク総領事を務めた山野内勘二氏が異動となり、新たに森美樹夫氏が後任となったのだ。山野内氏といえば昨秋に小室夫妻がニューヨークに渡って以降、新居や勤務先、警備の配置など、二人を裏で支えてきた人物とされる。後任の森氏は、外務省の領事局長に着任してからわずか1年での異動。そして小室夫妻の「お守り役」を任されてきた山野内氏の新しい赴任先はカナダ大使なのだ。

 カナダといえば、2020年3月に英国王室を離脱したハリー王子夫妻が一時、移住した地。元々英連邦の一員で王室への親しみがあり、メーガン妃がトルドー首相と知り合いだったことから移住先に選んだという。

 日本の皇室とカナダの結びつきも古い。1953年に当時皇太子であった上皇さまがエリザベス女王の戴冠式に昭和天皇の名代として出席するため初めて外遊した際、カナダにも立ち寄った。78年からは高円宮憲仁親王がオンタリオ州のクイーンズ大学に留学し、それ以降、高円宮家とカナダとの交流は現在まで続く。

 皇室・王室事情に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏はこう語る。

「日本の皇室にとってカナダは深い関わりがあります。ニューヨークも最先端を行く楽しい街ですが、一方で危険も多い。先日もブルックリンで発砲事件がありました。治安という点では心配ですし、警備費用もかかる。結婚されたので、妊娠・出産や育児も考えておられるかもしれません。『複雑性PTSD』と診断された眞子さんのメンタルヘルスの問題もありますから、自然に囲まれた空気の良いところで過ごすほうがよいでしょう。安心安全を考えるとカナダはお薦めですね」

 ちなみに、小室さんの通った中学・高校は東京都内の「カナディアン・インターナショナルスクール」。同校はカナダの教育制度に基づいたプログラムを提供しており、卒業時にカナダの全ての州で認知されている卒業証書が授与されるという。

 自身もバンクーバーにロングステイした経験を持つ海外生活ジャーナリストの飯田道子氏は、こんな利点を語る。

「ニューヨークと比べ物価が安いのが魅力。お酒や贅沢品は高いですが食材には消費税がかからないので、外食せず自炊で慎ましく暮らせばお金もあまりかかりません。住居も30万円くらいあればセキュリティーのしっかりしたところに住めます」

 新天地としてふさわしいかに思えるカナダ。だが、そこにはやはりビザの問題が立ちふさがる。いくら信頼できる大使がいても、こればかりは自力で何とかするほかないはずだ。飯田氏が語る。

「恐らく、小室夫妻が取得できるビザは観光ビザ以外ほとんどないのでは。以前はお金を持っていれば投資家ビザで移住できましたが、現在は中断されています。最終手段として、学生ビザでまたカナダの大学に入り直す方法はありますが……」

 小室さんがカナダで法律関係の仕事に就くことも、難しいという。

「カナダなど英米系の法体系を基礎としている国では、米国の法律知識が部分的に役立つことはあります。しかし、司法試験に合格していない以上、小室さんはただの『知識のある日本人』にすぎない。米国とカナダの法律は全く違いますし、日本法についてアドバイスできる資格があるわけでもないため、ほかの国で雇用されるニーズはあまりない」(樋口弁護士)

 現地の反応も「ウェルカム」ばかりではないだろう。小室さんはメーガン妃と同じ「ゴールドディガー(玉の輿)」だと酷評するカナダのネットメディアもある。実際、カナダに移住したハリー王子とメーガン妃もその警備費用を税金で負担していたことから非難が殺到し、米国カリフォルニア州に転居することになった。

 やはり一筋縄ではいかなそうなカナダ移住。それでも、実現する可能性がないわけではない。

「スキルドワーカーのビザでは専門職として10年以内に1年以上のフルタイムの職歴が必要。小室さんの法律事務では難しいので、ビジネス関係で審査を通すのであれば眞子さんが頑張らないといけないでしょう。博物館の学芸員など専門性を生かした仕事でフルタイムで働けば、可能性はあります」(飯田氏)

 結婚会見で「心穏やかに過ごすことの出来る環境」を望んだ眞子さん。はたして安住の地は見つかるのか。(本誌・佐賀旭)

※週刊朝日  2022年4月29日号