「すべてを諦めたら政治をやってもいい」という“呪文”をかけられ、初婚は40歳、子どもを産んだのは50歳。若い女性に、こんな思いをさせてはいけない──。女性活躍担当大臣の野田聖子氏は、自らの経験からこう訴える。『大学ランキング2023』(朝日新聞出版)では、学生、研究、キャリア教育など、大学を巡るジェンダーの問題について、野田氏に聞いた。

*  *  *

──女性の大学進学率は年々上昇していますが、国立大や難関大では女子学生比率が低く、東京大学の学部生では2割を切っています。こうした状況をどうみますか。

 まず、地方の女子学生が大学進学の際に実家から離れづらいという現状があります。

 ひとつはお金の問題。経済状況が厳しい場合、女子学生が東京の一流校に行くというきっかけがなかなかつくれないこともあるでしょう。東京にいると違和感を覚えるかもしれませんが、地方によっては、たとえば「男の子は4年制大学に行かせるけれど、女の子は短大で」というような考え方がいまでもあります。学力の面で男女に遜色がなくても、女性がトップを目指そうという環境は、地方に行けば行くほど遅れているように感じます。

 もう一つは、セキュリティーの問題。すべての大学に寮があるわけではなく、地方の親からすると、東京で娘を一人で住まわせるのは心配だということもあるかもしれません。

──そうした問題は、どうやったら解消されるでしょうか。

 コロナ禍を経て、教育現場にはオンラインが普及しました。オンラインを使えば、地の利の不便を克服することができます。たとえば「東京大学沖縄サテライトキャンパス」ができれば、生まれ育った沖縄にいながらトップクラスの学びを得る、ということもできるようになるでしょう。

 ただ、そもそもの問題として、東大という一校が飛び抜けているところにも問題があります。世界トップクラスの学問に触れることができる環境が、どの地域の大学でもある程度整えば、ピラミッドが平準化され、教育のためにわざわざ東京へ、ということもなくなります。

 東大が一番、二番手がどこ、三番手がどこ、という考え方は、これからの時代に必要なのでしょうか。多様性の時代と言いながら、これ自体が反多様なんじゃないかな、と思います。

──国内の全研究者に占める女性の割合は17.5%、大学では28.3%と、研究分野でも男女の数に開きがあります。その背景に、女性研究者が出産や子育てによりキャリアを断念せざるを得なくなるという問題も指摘されています。

 私自身は学部卒ですが、かつて妹が政治・経済系の大学院で学んでいるとき、男尊女卑の環境を経験し、それに耐えられなくなって途中でやめました。国会議員も男女比は9対1で、政治の世界にも男性は多い。しかし有権者の半分が女性であるという点で女性の目にさらされ、政治家は女性に配慮しないわけにいきません。その点、アカデミアの世界は、閉鎖的で外から見えづらい部分があり、女性に対するアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)もあるのかもしれません。

 また、大学というのは仕事に至る手前の部分ですから、そこで格差や役割分業がつくられてしまうと、そうした人材が求められない。また、アカデミアの世界でも、女性にとって居心地が悪いのは日本にとってプラスではないはずです。「見える化」していくことを、これからの課題にしたいと思います。

■女子学生に伝えたいのは「自分たちの体を大切にしよう」

──大学は、学生が卒業後にどう生きるかを考えるキャリア教育にも力を入れています。女子学生に対し、どのようなキャリア教育が行われることが望ましいと考えますか。

 私は、女子大学である聖徳大の名誉学長を長く務めていて、学生に、キャリアについての特別講義を年に1回おこなっています。そこで彼女たちに言っているのは、「自分たちの体を大切にしよう」ということ。女性には、男性にはない子宮も卵巣も与えられている。母になるという選択肢を含め、女性として生きることが社会のオールドファッションな構造でつぶされるのはよくない、と思っています。

 私自身、若いときは自分を犠牲にして仕事をやってきました。「政治は男の仕事」だという空気のなか、「すべてを諦めたら政治をやってもいい」という呪文をかけられていた。そして私は、無邪気に全部諦めてきました。その結果、初婚は40歳、子どもを産んだのは50歳。若い女性にこんな思いをさせてはいけない、と思っています。

 そして、これは女性に限った話ではありませんが、仕事は自分の力の7分目、8分目ですればいいとも伝えています。自分の人生を豊かにするために仕事をするのであって、本末転倒になってしまってはおかしい。自分を犠牲にして仕事をしても、自分が安定しないから他人のことも思えないし、「自分はこんなに我慢しているのに」と考えるのも悲しいことじゃないですか。

──近年、女子大学に工学部や建築学部ができるなど、理系学部の新設が相次いでいます。こうした動きを含め、女子大学についてどう考えますか。

 私は小学校から高校まで女子校だったので、たとえば文化祭ではのこぎりをもって立て看板をつくったし、クッキーも焼きました。そこが共学だと「役割が」というふうになることもある。たとえば女性が工学部に入っても、実験は男子学生がやります、記録をとるのを女子学生がやります、という分業があることも多いと聞きます。男子学生にすれば「危ないから」と気を使っているのでしょうが、女子学生がそうやってチャンスを失っているなら、すべてが女子学生の中で完結する女子大学という環境もいいのかな、と思います。

 私が4年前に男女共同参画担当大臣を務めたとき、「企業は理系の女性を求めているが理系を志す女子学生が少なく、その状況を改善したい」という相談を受けました。それを受け、お茶の水女子大の学長(当時)とともに、工学部の設置に向けて取り組みました。2024年度にようやく共創工学部が新設されることになり、楽しみにしています。また奈良女子大ではすでに工学部が開設されました。こうした動きはすごくいいと思います。

──そのお茶の水女子大では、近年、トランスジェンダーの学生の受け入れを開始しました。LGBTや性自認を巡る対応について、大学に求めたいことはありますか。

 コロナ禍では、大変残念なことに女性の自殺、子どもの自殺が増えてしまいました。子どもの自殺のなかには「いじめ」を理由としたケースがあり、その背景として、性自認の戸惑いがかかわっていることがあるとも聞きます。大学においても、LGBTQは「当然あるもの」として、経営を考えていただきたいです。

■偏差値は「自分はこの程度」と可能性を切ってしまうもの

──ご自身の学生時代も振り返って、日本の大学制度について思うことはありますか。

 日本社会にはややもすると、「学歴が高い人ほど立派な人だ」という見方があります。出身大学の偏差値で卒業後の上下関係が決まったりすることもある。18歳のときの偏差値が、その後の50年、60年の人生に影響していくというのは、異様な光景です。

 私自身はアメリカの高校を出て、帰国子女枠で上智大に入学しました。実質、受験勉強を経験しておらず、その代わり卒業が非常に厳しく、単位を一つでも落としたらアウト。なので、大学に入ってから必死に勉強しました。

 そのため、上智大の偏差値がいくつかも知らないし、自分のなかに基準となる偏差値がありません。だからコンプレックスもないし、学歴で人を判断するということがない。

 私が好きなことばに、ジャーナリストの千葉敦子さんが残された「可能性は無限大」というものがあります。偏差値は、「自分はこの程度だ」と可能性を切ってしまうもの。わたしはそれがないから自分の可能性を無限大だと思っていますし、自己否定感がありません。客観的な基準を持ってしまうと、自分を固定化して「この程度の仕事」「この程度の人生」と考えてしまうのではないでしょうか。

──現役の女子学生に伝えたいことはありますか。

 いま、私たちが若いときにはまったくなかったような環境が生まれつつあります。政治の世界でも「政治家は男になれ」といわれていたのが、いまは「女性の政治家がほしい」といわれる。女性候補者5割を目指す政党まで出てきました。様変わりだと思います。「女性じゃなきゃだめ」ってすごいこと。だから「チャンス到来」だと、背中を押してあげたい。

 日本は人口減少という国難のなかにあり、斜陽が始まっています。さらにコロナ禍にも見舞われています。一方、「マイナス」の時代は、いままで浮かび上がらなかったポテンシャルが開花するときでもあります。ポジティブに考えて、前に進んでいってほしいと思います。

野田聖子(のだ・せいこ)
1960年生まれ。83年、上智大学外国語学部卒。岐阜県県議会議員を経て、93年、13年ぶりの自民党女性衆院議員として当選。37歳で郵政相として初入閣。現在、男女共同参画、女性活躍のほか、孤独・孤立対策、こども政策などの担当大臣を務める。

(構成/編集部・鈴木顕)

※『大学ランキング2023』から抜粋