26日、秋篠宮ご夫妻が東京都八王子市の武蔵陵墓地にある昭和天皇陵と大正天皇陵を参拝した。三重県伊勢市の伊勢神宮、奈良県の神武天皇山陵への参拝と同様に、秋篠宮さまが皇位継承順位第1位の皇嗣になったことを示す「立皇嗣の礼」を終えたことを報告した。これで2020年11月に行われた立皇嗣の礼の関連行事を終えたことになる。だが、この重要な節目にもかかわらず秋篠宮ご夫妻の周辺が騒がしい。皇室を支持する保守層からも愛子さまと「天皇論」を結びつけ期待する声が漏れ、令和の皇室の迷走が続く。

*  *  *

 4月21日早朝。

 モーニングと白いロングドレス姿の秋篠宮さまと紀子さまが伊勢神宮の外宮へと進んだ。直前まで降り注いでいた雨はやみ、あたりは静寂に包まれた。

 おふたりの奉仕を支えるのは、秋篠宮さまの妹で伊勢神宮の祭主を務める黒田清子さんだ。

 ご夫妻は、天照大御神の食事を司る豊受大神を祭る外宮(げくう)を参拝したのち、皇祖神である天照大神を祀る「内宮(ないくう)」に拝礼した。

 翌日は奈良県の神武天皇陵、そして午後は、ご夫妻の意向で京都の泉涌寺(せんにゅうじ)にある孝明天皇陵、京都伏見の明治天皇陵を参拝した。26日には東京・八王子の武蔵陵墓地にある昭和天皇陵と大正天皇陵などを参拝。

 いずれも秋篠宮さまが皇位継承順位第1位の皇嗣になったことを示す「立皇嗣の礼」を終えたことを報告し、20年11月に行われた一連の行事のいわば最終章である。

「立皇嗣の礼」に関わる一連行事の重要性はいうまでもない。いまの天皇陛下から皇嗣である秋篠宮さま、そして長男の悠仁さまへと受け継がれる皇位の在り方を、明確にするものだ。

 特に三重・奈良・京都訪問は、祭祀を大切にする秋篠宮家の姿勢がにじむものだった。秋篠宮さまの伊勢への参拝は今回で16回、紀子さまは9回目となった。

■やまぬ周辺の雑音

 ご夫妻の意向で参拝した孝明天皇稜は、泉涌寺内にある。

 皇室の菩提寺(ぼだいじ)として知られる泉涌寺には、後水尾天皇から孝明天皇までの江戸時代の天皇と皇后、妃の陵も造営されている。「御寺泉涌寺を護る会」の総裁を務める秋篠宮さまが、孝明天皇陵、明治天皇陵の参拝に臨んだのも自然な流れだ。 

 平成の時代から皇室の伝統と文化を熱心に継承し、公務や祭祀を立派に務めあげるご夫妻だが、周辺が何かと騒がしい。

 静岡福祉大学名誉教授で皇室制度を研究する小田部雄次氏は、こう嘆く。

「立皇嗣の礼の行事の締めくくりのタイミングで、秋篠宮家が親族の雑音に巻き込まれる結果となったのは残念です」

 ご夫妻のせいではないが、長女の眞子さんの夫の小室さんがNY州の司法試験に落ちて騒がれた。また紀子さまの親族の結婚相手が、神宮と神武、昭和以前4代天皇陵への参拝という神聖な儀式が続くなかで、邪推を招きかねないタイミングでのビジネス行為をマスコミに騒がれる結果になった。

「昭和の時代から皇室を見てきた身としては、一般の人の敬愛が薄れ、皇室離れにつながりかねない状況が続いている状況が心配です。秋篠宮ご夫妻は、親族の考えや行動について口をはさむことはなさらないが、大事な節目の時期は、周辺もしっかりとコントロールしていただきたかったとの思いはあります」(小田部氏)

■「愛子天皇」人気と現実

 皇室そして天皇という地位は、人気商売ではない。

 皇位の継承は典範に定められ、人気のある皇族だから天皇に即位することもない。しかし、秋篠宮さまに継ぐ、皇位継承者である悠仁さま(15)と愛子さま(20)が何かにつけて比較される傾向にある。

 悠仁さまの存在感が増すのは、皇族としての成年を迎える18歳からではあるが、先日20歳の成年を迎えた愛子さまの人気ぶりは、成人の記者会見の盛り上がりに象徴されている。サーフボードからご家族で落ちたお話や、「どこでも寝られる」といったエピソードを交えて、笑いもまじる明るい雰囲気で会見を終えた。

 先の小田部氏は、こうも言う。

「僕は今の皇室のご子孫が皇位を継承するのがいいと思っています。女系も容認していますが、男系を否定するわけでもありません。ただし、皇室の先行きを考えると愛子さまにも皇位継承権を持たせた方が幅は広がるように思います」

 巷でも愛子さま人気の時流に乗って、上皇ご夫妻と同じ世代の皇室ファンにも、そうした考えを持つ人は増えているようだ。

 先日、上皇ご夫妻の引越しに伴う葉山ご滞在のため、高輪の仙洞仮御所にたくさんの人が見送りのために集まった。上皇ご夫妻と同世代と思われる人も多く、杖を突き、また家族に支えられながらご出発を待つ人も少なくない。

 上皇さまと同じ年だという88歳の男性は、「皇室を維持するためには、愛子さまが天皇でも良いのでは」と話した。また別の男性も、「愛子さまの成年の会見の印象を挙げて、天皇という言葉を口にした」 

 元宮内庁職員の山下晋司は、こう肩を落とす。

「愛子内親王殿下の評価が高まっているのは喜ばしいことです。だからといってメディアなどが『愛子天皇論』といった見出しを掲げて、国民にその可能性があるように思わせるのは、よい状態ではありません」

 悠仁さまが誕生する前に小泉内閣で、女性、女系天皇論が議論されたときは、愛子さまは幼稚園入学前あった。山下氏が続ける。 

「その時期から将来の天皇として成長されているならばともかく、悠仁親王殿下がお生まれになったことで状況は変わりました。現在も、皇室典範で皇位は男系男子と定められています。その環境で20歳まで成長されてきた愛子内親王殿下が、天皇になることはないといっていいでしょう」

 山下氏は、男系男子維持のためという視点ではない、と話す。皇室のメンバーは、生まれながらに住居や生き方が決まっており、選挙の投票権や国民健康保険の適用など一般の国民よりも制約も多い。

 仮に、20歳を過ぎたこれから皇室典範が改正されて女性天皇の即位が可能になったとする。それは、結婚も含めて人生の選択肢が変わるという話だ。

「ここまで成長された後に制度を変えて天皇になっていただく――。それは、皇室の方々は人権が制約されているとはいっても、あまりに酷な話。決して起きてはならないことです」

■残る愛子さまの成年行事

 コロナ禍で皇室の行事も予定通り進まないなか、愛子さまの成年に伴う行事も遅れている。

 宮中三殿への参拝と皇居・宮殿で正装のローブ・デコルテに勲章と髪飾りのティアラなどの宝冠を身につけ、首相ら三権の長から祝賀のあいさつを受ける祝賀行事などは、滞りなく終わった。一方で、新型コロナ感染防止に配慮して、大学の授業も全てオンラインで受講するなど大変なことも多い。

 そうしたなか、誕生日の記者会見は3カ月遅れで行われた。

 そして、成年を迎えた皇族は、伊勢神宮と神武天皇陵、大正天皇の多摩陵と昭和天皇の武蔵陵等へ成年の報告を行うため参拝をする。だが、コロナ禍で先行きが見えないこともあり、まだ行われてない。

 愛子さまが成年行事に伴う神宮や天皇陵への参拝を終えていないことで、令和皇室の在り方を心配する声もある。

 伊勢と神武天皇陵は、遠方だが武蔵陵は東京。しかも、悠仁さまは、お茶の水女子大学附属中学校を卒業した翌日には八王子市に向かい、武蔵陵墓地で曽祖父母である昭和天皇と香淳皇后の陵を参拝し、中学卒業の報告をしている。

 愛子さまは2014年に学習院中等科入学に伴い初めて武蔵陵を参拝した。それ以来、参拝の機会は実現できていない。

 また皇后となった雅子さまも祭祀については、体調を考慮して御所で祈りをささげる遥拝(ようはい)が主となっている。そうした状況もあり、愛子さまの伊勢神宮参拝がいつ行われるのかについて、関心も高まっている。

 一方で、古代祭祀を専門とする日本史学者として知られる藤森馨・国士館大学教授は、「そう焦る話しでもない」と考える。というのも、そもそも皇室が伊勢神宮を直に訪れての参拝を始めたのは、明治以降の伝統であるというのだ。

「明治2年に明治天皇が伊勢神宮を参拝したのが最初で、実はそれまでの天皇は誰も参拝に行っていないのです。伊勢が特別な場所であったため、祟りが起きると天皇が参拝に行くことを止める公家もいた。そのため、天皇や皇族方は離れた場所で祈る遥拝を行っていました。御不例のときは、天皇は神祇官に付与して祭祀をおこなわせていたのです」(藤森教授)

■あと2年で悠仁さま成年に 

 愛子さまの成年に伴う参拝が遅れている点について、かつて掌典職をつとめた人物はこう話す。

「成年のご報告については、誕生日の祝賀行事が行われた昨年12月5日の朝には、宮中三殿を参拝なさっています。三殿とは、天照大神をまつる賢所(かしこどころ)、皇室の祖先をまつる皇霊殿(こうれいでん)、さらに国内の神々をまつる神殿です。そこで成年の報告をなさっていますので、コロナ禍でできることはなさっているとも見えます。ただし、八王子の武蔵陵墓地はそう距離がありません。海外へ出る際や卒業などの節目で、曾祖父母の陵のある武蔵陵墓地へのご報告をなさるのは、天皇家の内親王としてなされたほうがよろしいかもしれません」

 愛子さまの伊勢神宮と天皇陵の参拝は、コロナ禍が落ち着いたのちに行われると見られる。

「26日に、秋篠宮同妃両殿下の昭和天皇陵ご参拝が終わりました。そして同じ日の夕方、上皇上皇后両陛下が葉山から赤坂御用地の仙洞御所にお入りになりました。これで御代替わりに伴う一連の行事等がひと段落したわけです」(前出山下氏)

 コロナ禍で皇室も人の目に触れない形での活動が主流になり、それが2年以上続いている。

 秋篠宮ご夫妻の伊勢神宮と天皇陵への参拝は、祭祀を守り続ける皇室のあるべき姿を久しぶりに発信する機会となった。

「眞子さんの結婚問題に端を発した秋篠宮家への批判は、いまだおさまったとは言えません。しかし、悠仁親王殿下が18歳の成年を迎えるまであと2年4カ月ほどです。将来の天皇である悠仁親王殿下が宮中行事や式典などにお出ましになって、存在感が増してくれば、令和の皇室をとりまく空気もまた変わってくるのではないでしょうか」(同)

(AERAdot.編集部・永井貴子)