23日に北海道・知床半島の沖合で観光船が消息を絶った事故で27日、運航会社の社長が事故後初めて記者会見を開き、土下座で謝罪をした。会見では事故前の船舶の様子などに質問が集まった。AERAdot.編集部が入手した情報によると、消息を絶った船はかつて瀬戸内海を航行していた船とみられ、建造後37年経っている可能性が高いことがわかった。専門家からは「海域の特性にあわせて船は造られる」という指摘も出ている。 

*  *  *

「このたびはお騒がせして大変申し訳ございませんでした」

 記者会見の冒頭で、「有限会社知床遊覧船」(北海道斜里町)の桂田精一社長が約10秒間にわたり土下座した。その後、事故にあった船の状況や船長とのやりとりなど事故までの経緯を説明した。記者からは「他の事業者から出航しないほうがいいと言われながら、なぜ出航を決めたのか」、「会社の安全管理規定はどうなっているのか」などと、事故の真相を明らかにしようと、厳しい質問が相次いだ。

 事故にあった乗客乗員26人のうち、これまでに女児1人を含む11人の死亡が確認された(27日17時現在)。事故発生から4日たったいまでも「どうにか全員みつかってほしい」「非常に胸が痛む」といった声がSNS上で繰り返しあがっている。

 事故にあった船は「有限会社知床遊覧船」が所有する観光船「KAZUI(カズワン)」だ。同社のホームページによると、定員は65名となっている。総トン数は19トンで、小型船舶に分類される。材質は「FRP(繊維強化プラスチック)と見られる」(海上保安庁担当者)という。

運行管理上の問題大きい

 今回の事故の問題点はどこにあったのか。

 九州大学の元客員教授で、造船工学や波の海洋工学に詳しい小林正典氏はこう指摘する。

「荒天が予想される中で運行させた会社側の判断が大きな問題です。遊覧船は大きな波の中を航行することを想定して、設計されていません。船が消息を絶ったとき、波の高さは3mにもなっていた。一般的な遊覧船であれば、通常運行できる波の高さは1m以下に設計されていると思います。設計条件が守られていれば、安全に航行できる。運行管理上の問題が極めて大きいでしょう」 

 海上保安庁は、沈没した可能性がある船体の捜索を進めている。その場合、事故の詳細は沈没した船が引き上げられて判明すると見られる。他方で、船の出航前のメンテナンス不備や老朽化を指摘する声も出ている。

 報道によれば、地元業者や現地を訪れた観光客からは「船体に傷がついていた」という証言が出ている。また、カズワンは昨年5月にロープとの接触事故、6月には座礁事故を起こしていることも明らかになっている。

小型船舶登録原簿の情報 

 いったいこの船はどういった船だったのか。

 AERAdot.編集部では、カズワン船体の写真から判読できた船舶番号から、所有権の移転などを記した「小型船舶登録原簿」(原簿)を入手した。

 原簿を見ると、新規登録されたのは、この小型船舶登録制度の運用が始まった2002年4月になっている。制度開始と同時に登録された可能性が高く、それ以前の情報は確認できない。

 02年4月時点の所有者は岡山県で旅客船業を営むA社だった。その後、04年10月に大阪府の個人に所有権が移転。05年10月に、今回事故を起こした「有限会社知床遊覧船」に所有権が移転している。

 02年の登録時点では、船籍港は日生町(岡山県)、総トン数19トン、長さ11.86m、幅4.15m、深さ1.52mだった。所有権が移った05年には船籍港は斜里町(北海道)に変更。その後、15年に改造され、長さ12.14m、深さ1.62mに変更されている。

 さらに編集部では、02年4月以前のカズワンの就航状況を知るという男性(40代、広島県瀬戸田出身)に話を聞くことができた。瀬戸内海の旅客船に詳しいこの男性によると、「カズワンは、瀬戸内海を02年以前から航行していた船でほぼ間違いない」と言う。

 雑誌「旅客船 207号」(日本旅客船協会)に掲載された1998年10月時点の高速船艇就航状況を見ると、A社の船で、岡山県内の日生〜牛窓を行き来する旅客船を確認することができた。総トン数は19トン、船質はFRPで同じだ。旅客定員は79名でこちらのほうがやや多いが、ほぼ同程度の大きさだ。

 この資料によると、進水年月は1985年2月、造船所は「B造船所」であることがわかった。

 さらに「日本客船総覧」(1989年)を見ると、カズワンと同じ形と思われる船の写真を見つけることができた。事業者は広島県のC汽船という会社で、航路は県内の三原〜瀬戸田。定員は79名で、船質はFRP、進水年は1985年、B造船所とこれまでの情報と一致する。

  先の男性は、こう説明する。

「船舶は使用環境やオーナーの好みによって改造されることがあり、多少の差異はでてきます。しかし、自動車、飛行機などほかの乗り物と比較して船舶は製造数が少なく、造船所と建造年、仕様等が同一であれば限りなく同一船の可能性が高いです。それに加えて、B造船所という会社はあまり旅客船を建造していないため、カズワンとA社の船、C汽船の船は同じだと見ています。子どものころC汽船のこの船に乗ったことがあります。悲惨な海難事故が起きて残念でならないです」

水域の特性を見て建造も

 これらの情報について、どう見るべきか。FRP廃船のリサイクルを行う日本マリン事業協会の黒田光茂リサイクルセンター長は「あくまでも一般論」としたうえで、こう説明する。

「FRPは寿命が設定されているわけではありません。FRPは腐食するようなものではなく、適切に使用されて、整備されていれば、30年でも50年でも十分に使用できる素材です。22年が経った船の引っ張り試験をしたところ、生産したときとほとんど強度が変わらないほどです。しかし、適切に使われていなかったり、整備されていなかったりすれば話は変わってくる。船体に強い衝撃を受け、補強材がはがれていたり、割れていたりすると船体の寿命は早まります」

 瀬戸内海で航行していた船が、北海道・知床という荒波が想定されるオホーツクの外海で航行することの影響はないのか。

「通常、旅客船は運航事業者が定める安全管理規程に基づいて運航されており、各事業者は、海域の条件や船の性能に応じて、例えば波高が何mは運航を中止するなどと決めている。ただ、例えば同じ風速でも地域によっては波の特性は変わってくる。漁船であれば、瀬戸内海仕様や沖縄仕様、東北仕様など海にあわせて製造している場合もあると聞いています。遊覧船についても造船所やオーナーの判断で水域の特性を見て建造することはあるでしょう」

 全国には事故を起こさずに長く活躍する船が数多くある。カズワンよりも古い船も珍しくない。改めて適切に運行されているか、管理がなされているかが問われている。

(AERA dot.編集部・吉崎洋夫)