「今回の大河ドラマは『新・平家物語』(1972年)や『草燃える』(79年)とは一線を画す、リアリティーのある歴史ドラマになっています」

 そう力強く話すのは「鎌倉殿の13人」(三谷幸喜脚本)で風俗考証を担当している立正大学教授(中世史)の佐多芳彦さんである。佐多さんは「平清盛」(2012年)で儀式・儀礼考証に参加して以来、「真田丸」(16年)、「麒麟がくる」(20年)など、これまでに計5本の大河ドラマで風俗考証を手掛けている。

 歴史ドラマの場合、史実はどうだったかについてグレーゾーンがあり、その部分をどう伝えるかの方法が二つある、と佐多さんは言う。一つは脚本家が創作で作り上げる手法で、もう一つは時代考証を担当する専門家が史料から可能な限り類推していく方法だ。

 佐多さんによると「鎌倉殿」はより後者に力を入れ、数々の資料などから史実を積み上げているという。そうした時代考証による「成果」の見どころとして、佐多さんは特に、物語の進行とともに変化する衣装をあげる。

「義時をはじめ、武家の男性はいつも直垂(ひたたれ)を着用しています。初めのころは薄くて素朴なものだったのが、次第に布も厚みが増し、上等になります。義時が手を広げている『鎌倉殿』のメインビジュアルがありますが、あの服装が義時の最終形の直垂です」

 女性の服装の変化はより顕著だという。

「政子はドラマのスタート時は庶民の服装である小袖に前掛けのような湯巻でしたが、小袖の素材が上等になりました。今や高貴な人が着る袿(うちぎ)です。政子の服装の変化や進化は、源氏の立ち位置を如実に表していますね」

 さらに今回、佐多さんたち風俗考証チームが力を入れているのが武装だ。義時は歩兵の甲冑(かっちゅう)からスタートし、その後、肩に防御用の「袖」がつき、源平の戦いのときは「大袖」や胸にも防具がついた。

「鎌倉武士は少しずつグレードを上げているので、その点に注目すると鎌倉幕府の確立の過程が見えてくると思います」

 甲冑は当時は数が少なく、まとめてそろえることができなかったのではと考え、左右非対称で、色もそろっていない武装の武士も登場させた。

 ドラマの中で行われる儀式や儀礼にも着目してほしいという。武家の儀式儀礼は鎌倉時代に始まった。

「儀式儀礼を守らせることで御家人を統率できますし、席次などの決まりごとがしっかりしているので、人心掌握にも有効です。頼朝はそういうしたたかな幕府運営をしたのですね」

 服装や儀式儀礼に目を凝らすと、「鎌倉殿」がより深く楽しめるはずだ。(本誌・鮎川哲也)

※週刊朝日  2022年5月27日号