5月下旬から、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が始まる。今回の接種対象は限定的だが、秋にはより幅広い人を対象にした接種が再び始まる可能性がある。AERA 2022年5月30日号から。 

*  *  * 

 新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が、5月下旬から各地で始まる。4回目が必要と判断されたのは、3回目の追加接種から時間が経つと、感染した時に症状が出るのを防ぐ発症予防効果が下がってくるからだ。

 英国健康安全保障庁(HSA)によると、検査で感染が判明した人のワクチン接種状況などを基に分析したオミクロン株に対する実世界でのワクチンの発症予防効果は、最初の2回の接種がファイザー社製ワクチンだった場合、3回目接種の直後は6割以上に上がった。しかし、20週間以上経つと、発症予防効果はほとんどなくなった。

 英国では3回目接種にはファイザー社製かモデルナ社製のワクチンを使っている。モデルナ社製の方がやや発症予防効果は高い傾向にあるが、大差はない。

 最初の2回がモデルナ社製だった場合は、3回目接種後19週間目までのデータしかないが、やはり時間と共に効果が下がった。

 ただし、重症化を防ぐ効果は、3回目接種から時間が経ってもそれほど大きくは下がらない。英HSAによると、急性呼吸器疾患の症状が出て2日以上入院するのを防ぐ効果は、65歳以上の場合、接種から15週間以上経っても約85%あった。

 一方、18〜64歳の人では、3回目接種直後は約91%あった効果が、15週間以上経つと約67%に落ちた。もともと重症化するリスクが低い世代なので、実際よりも効果が低く出ている可能性があるという。

■接種対象は限定的

 英HSAによると、50歳以上の人の死亡を防ぐ効果は、2回目接種から25週間以上経つと約48%に落ちたが、3回目接種で90%以上に上がり、10週間以上経っても、その効果は約88%あった。

 こういった現状を考慮し、イスラエルや欧米などは、高齢者など重症化リスクの高い人を対象に4回目の接種を始めた。

 日本政府も海外の動向を踏まえ、4回目の接種の開始を決めた。接種対象は3回目接種までに比べて限定的で、3回目から5カ月以上経った、重症化リスクの高い人だ。

 具体的には、60歳以上の人全員と、18歳以上で肺や心臓、腎臓、肝臓などに慢性の病気を持つ基礎疾患のある人、免疫抑制剤を飲んでいたり抗がん剤治療をしていたりして免疫が抑制された状態にある人、BMI30以上の肥満の人などが対象だ。

 4回目接種の効果はまだデータが限られている。ほとんどが、世界に先駆けて3回目接種を始め、昨年末からは4回目接種も始めたイスラエルからの報告だ。イスラエルの4回目接種の対象は、60歳以上の人に加え、18歳以上で重症化リスクの高い人、医療従事者らだ。

 ワイツマン科学研究所などの研究チームは、保健省のデータベースに登録されている60歳以上の約125万人のデータを分析し、今年4月、米医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で発表した。4回目接種をした人は、3回接種の人に比べ、重症化を防ぐ効果が接種後36〜42日目には4.3倍高かった。これは、ワクチンの重症化予防効果約77%に相当する。

 一方、感染を防ぐ効果は、接種後22〜28日目には2倍高かった(ワクチンの感染予防効果約50%に相当)が、接種後50〜56日目には1.1倍(同約9%)に低下した。

 同じ研究チームによる、専門家による評価の終わっていない論文によると、4回目接種から2カ月後でも、重症化を防ぐ効果は3回接種の人の約3倍に保たれていた。

 60歳未満の人に対する4回目接種の効果は、基礎疾患のある人も含めてまだデータがない。

 副反応については、4回目接種がすでに始まった国から3回目と異なるような副反応が起きたという報告は、これまでのところない。

 イスラエルのシェバ医療センターなどの研究チームは、4回目接種を受けた医療従事者の副反応を米医学誌に報告した。60歳より上の人に限ると、4回目にファイザー社製ワクチンを打った人(79人)のうち接種部位の痛みや腫れなど局所的な副反応が起きた人は約70%、モデルナ社製(47人)では約81%いた。また、発熱や倦怠感など全身の副反応が起きた人は、ファイザー社製で約35%、モデルナ社製で約53%だった。

■60歳以上は努力義務

 厚生労働省の研究班によると、3回目接種としてファイザー社製ワクチンを打った医療従事者のうち60歳以上の人219人では、接種部位に痛みのあった人は9割、全身の倦怠感を感じた人は5割以上いた。モデルナ社製を打った60歳以上の44人では、接種部位に痛みのあった人が9割以上、全身の倦怠感を感じた人が6割近くいた。

 単純な比較はできないが、4回目接種後の一般的な副反応は、3回目接種の後より多いことはなさそうだ。ただし、もっと大勢が4回目接種を打てば、若い男性の心筋炎などのように、非常にまれな副反応が出てくる可能性はある。

 予防接種法は、予防接種業務を担う自治体には接種対象者に接種を呼びかける「接種勧奨」をするよう求めている。一方、接種対象者や、対象者が子どもの場合はその保護者に、できる限り接種を受けるようにする「努力義務」を課している。新型コロナウイルスワクチンの最初の2回の接種と3回目の追加接種は、12歳以上の全員に努力義務が課されている。

 一方、4回目接種は60歳以上には全員に努力義務が課されているが、60歳未満の基礎疾患がある人については課されておらず、自治体の接種勧奨のみが課されている。

「わかりにくい状況になっているのは、4回目接種の効果について科学的な根拠が限られているからです。3回打てば、多くの人は重症化を防ぐのに必要な免疫が獲得でき、ある程度の期間持続します。それに対し、副反応を考えると、3回目の接種までとは異なり、広くあまねく接種を推奨する、ということにはなりませんでした」

■1回は追加接種を

 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の分科会長代理を務める中野貴司・川崎医科大学教授(小児科)はこう説明する。

 日本は3回目接種のスタートは欧米より遅かったが、接種率は欧米の一部の国を超えつつある。首相官邸によると、5月19日現在、国民の約57%、うち65歳以上の人は約89%が3回目接種を終えている。

 欧米では4回目接種よりも確実に最低1回の追加接種を打つよう呼びかけることに力を入れている。加えて秋以降には、再びワクチンを打つ必要が出てくる可能性を視野に入れ、検討が始まりつつある。

 欧州医薬品庁と欧州疾病対策センターは4月6日、4回目接種に関する声明で、新型コロナウイルス感染症のような呼吸器感染症を起こすウイルスは冬に流行しやすいことを踏まえ、秋以降のワクチン接種についてこう述べた。

「今後、(すでに接種した)ワクチンの重症化予防効果がどれだけ低下し、新規感染者がどれだけ増えるのかによるものの、秋から冬にかけて、高齢者に限らずあらゆる年代の人に追加接種をする必要性が出てくる可能性がある」

 米国や英国でも、政府の諮問機関などが秋以降にさらなる追加接種が必要になる可能性があると言及しており、政府内で検討が始まっている。(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERA 2022年5月30日号