ライトノベルは、いまや一大ジャンルだ。老いも若きも気軽にチャレンジできる表現の場であり、エンターテイメントの発信源でもある。ラノベ作家で現役医師でもある津田彷徨さんに聞いた。

■異世界でキマイラに麻酔

「誰かが頼ってきたなら、僕は治療を拒みたくない。悪人だろうと神さまだろうと何であろうと、僕は医者ですから」

 そう言って主人公が緊急手術に挑むのは、ライオンの頭と山羊の胴体、ヘビの尾を持つ異形の巨大生物・キマイラだ。麻酔をかけて傷口からかえしのついた槍を抜き、傷ついた静脈から血が噴き出せば出血点を押さえて止血し、血管を結紮する。傷口の縫合時にはぺンローズ・ドレーンを置き、膿の蓄積を防止する。

 異世界ファンタジーと現代医学が鮮やかに融合するこの作品は、「高度に発達した医学は魔法と区別がつかない」(講談社刊)。ライトノベル作家が原作を手掛けた漫画作品の一場面だ。 ひょんなことから異世界にトリップした主人公の総合診療医は、僅かな器具と現代医学を武器に、異世界でも臨床の道を突き進んでいく――。

 ライトノベル、いわゆる「ラノベ」からアニメーションやドラマ作品が生まれることは、すっかり珍しくなくなった。特に漫画やアニメになると、かなりの原作がラノベとくくられるジャンルの作品だ。ラノベはいまや一大ジャンルだ。

■現代の文章を読む文化

 この作品の作者で、医師でもある津田彷徨さんは、隆盛するラノベ文化についてこう解説する。

「2004年に開設された大手小説投稿サイト『小説家になろう』には95万作品が投稿されており、ユニークユーザーは1400万人、月間20億PVと言われています」

 この数字からもこのサイトがいかに多くの読者を抱えているかがわかるだろう。若者の活字離れが指摘されて久しいが、文章や物語を読む文化は実は変わらず続いているのだ。

もちろん、現代ならではの傾向はある。

「2010年代前半の投稿は、1話あたり5千〜7千字ほどの、長めの文章が主流でした。けれども、スマホが浸透した15年以降は、移動時間に読める2千〜3千字ほどの投稿が主流になっています」

 スマホが浸透し、通勤や通学、就寝前などの隙間時間に投稿を読む人が増えた。そのニーズに合わせるように投稿作品も変化した、と津田さんは分析する。

 

 津田さんは執筆のほか、ライトノベルに関して他の作家から相談を受け、アドバイスを送ることもある。

「人気を得るうえで大切なポイントは、文章が短く読みやすいことです。また、サイトに投稿する時間も関わってきます。昼休みや通勤通学時間、寝る前の夜などにアクセスが上がることが多い。僕の場合、ほかの人気作品と敢えて投稿時間をずらすこともあります」

■右肩上がりの物語が人気

 どんな物語が好まれているのか。内容についてはこんな傾向があるという。

「異世界ものは王道の人気です。けれども、男性主人公の場合も女性主人公の場合も、不幸になる話は受けにくい傾向です。たとえば主人公が弱くて負けたりするとPV数が減り、明らかに読者が離れるんです。読者がつらい話や不幸な境遇を許容してくれるのは1話目まで。例外はありますが、その後は基本右肩上がりの物語が求められていると考えています」

 長期連載であれば、“ちょっと幸せな日常”がずっと続いていく作品が受けやすいのだという。

「ストレスを感じることなく、読者がちょっとだけ気持ちよくなれる。新聞連載の4コマ漫画と同じ位置づけなのではと思います。現代の読者は、通勤途中や夜寝る前のひととき、5分や10分のささやかな楽しみを求めているのかもしれません」

 投稿された小説は、人気を得れば書籍化されることも多い。だが、津田さんは読者層の違いを踏まえ、書籍化の際には大幅な改稿を行うという。

「サイトに投稿した小説を書籍にする際には、大幅に書き直します。5万字くらいの作品であれば、だいたい2倍以上になります。読者層が違うからです。投稿サイトの読者は10〜20代が中心ですが、書籍は30代の購入者層を意識します」

■ラノベは大衆娯楽の原点

 ラノベは黎明期だった1980年代から40年近い文化の蓄積がある。直木賞や山本周五郎賞をはじめとする、大衆文学賞受賞者を見渡しても、元々ラノベの文庫で本を出していた作家も少なくない。

 例えば、2021年下半期に直木賞をとった米澤穂信は、01年の角川学園小説大賞からデビューした。ヤングミステリー&ホラー部門の奨励賞受賞作となった「氷菓」は京都アニメーションから12年にTVアニメ化され、大ヒット作となった。

 中国では、ラノベ自体、一大ジャンルとして認知されている。

「『テンセント』が運営する中国の投稿サイトは、日本の『なろう』の10倍以上の規模があり、いまや中国発のあらゆるメディアミックスの原点として機能しているといっても過言ではありません」

 津田さんは日本でもそれは変わらず、ラノベ投稿サイトは、老若男女を問わない表現の場だと語る。

「投稿サイトには小中学生もいれば、80歳以上の作家もいます。たとえば、戦争中の実体験を書かれている方もいます。物語を書いて投稿するということは、書籍化を目指す修行の場というより、趣味の一大ジャンルです。誰に迷惑をかけるわけでもない、誰もが気軽にチャレンジできる、大衆娯楽の原点だと思います」

(ライター・河嶌太郎) 

※AERAオンライン限定記事