社会人が全く経験のない異業種や異職種へ飛び込むことを「越境転職」という。今年1月、テレビ朝日のアナウンサーからベンチャーの旅行会社「令和トラベル」に“越境転職”したのは、大木優紀さん(41)。40歳を超えて、花形職業であるキー局のアナウンサーを辞め、創立1年目のベンチャー企業に飛び込んだ。テレビ朝日を退社した理由、新天地での驚きと葛藤、そして未来への希望……さまざまな胸の内を聞いた。

*  *  *

――2021年の秋に大木さんがテレビ朝日を退社するとの報道が出たときは、多くの人が驚いたと思います。それも転職先の「令和トラベル」は、21年4月に創立されたベンチャー企業です。テレビの世界とは全く違う旅行業界に、それも創立1年目の企業に転職することはかなり大きな決断だったと思います。そもそも、なぜテレビ朝日を退社しようと思ったのでしょうか。

 ここは勘違いされやすいのですが、40歳を過ぎてアナウンサーとして将来に悩んでいたから転職した、ということではないんです。私は03年にテレビ朝日に入社してから、本気で退職を考えたことは一度もありませんし、異動希望すら出したことがなかったんです。私はテレビ朝日という看板があるから番組に出させて頂いているという思いがずっとあり、フリーになるとか、ましてや異業種に転職しようなどという発想はまったくありませんでした。

 40歳からの10年間はアナウンサーとして「名脇役」になりたいなと考えていました。私はキャスターとしてメインを張るタイプではないけれど、情報を整理して伝える、ニュースをプレゼンすることは好きだったので、それを極めていきたいと思っていました。20年9月からは月曜から金曜まで夕方の報道番組「スーパーJチャンネル」も担当していたので、そこで頑張っていこうと意気込んでいたくらいです。

――それが大きく変わったのが21年4月で、「令和トラベル」創業者の篠塚孝哉氏の「note」の文章を読んだことで、「もっとワクワクする場所を見つけてしまった」と過去のインタビューで語っています。このときは、アナウンサーとして描いていたビジョンを超えるような衝撃があったということでしょうか。

 正直な気持ちは「両方やりたい!」でした。でもアナウンサーと両立できないことはわかっていたし、どちらかを選ばざるを得ないのなら、新しい道に進もうと直感的に思いました。「この人たちの仲間になりたい」「この事業の成功を一番近くで見届けたい」という熱い思いがどんどん湧いてきて、1週間後には応募フォームから入社の志望を伝えました。

 とはいえ、私はアナウンサーしか経験したことがなくてキャリアもとても偏っています。面接で「何ができますか?」と聞かれても、「人前で話すことができます」「原稿を読むことができます」など特殊なスキルばかり。パソコンスキルに至っては、メールとワードくらいしか使ったことがなかったので、IT企業への転職志望者としては、もう笑っちゃうレベルですよね(笑)。でも「令和トラベルのスポークスマンをやりたいです!」と熱意だけは伝えました。篠塚も私の応募にはかなり戸惑ったと後に聞きましたが、それはそうだろうなと(笑)。結果、熱意だけは伝わったのか採用してもらって、1月からは広報としてお仕事をさせてもらっています。

――テレビ朝日の同僚や上司に転職の意志を伝えたときは、さぞ驚かれたのではないですか。

 最初は私が社内で友達だと思っている5〜6人にだけ伝えたんですが、「大木らしいね」という反応が多かった気がします。私が海外旅行が好きということは皆が知っていましたし、自分の気持ちの赴くままに生きているイメージがあったのかもしれません。上司の反応はさまざまでした。元経済部の上司は「どんなビジネスモデルの会社なんだ?」「その事業は成功するのか」とか調べ始めたり(笑)。私のダメな部分を知っている上司からは「大木はだまされている」と心配されたり、オンライン面接のみで入社することを伝えると「それは詐欺だよ」という人もいたりして、本当にいろいろな反応がありました。一回りくらい年上の上司は「大木くらいの年齢なら自分もチャレンジができたかもしれないと想像すると、すごくうらやましいよ」と言ってくれたり、「また戻ってきてもいいんだよ」と言ってくれる人もいました。皆さんの優しさを感じましたね。

――そうした言葉を聞いて、会社を辞めることへの未練や後悔のような思いはありませんでしたか。

 未練や後悔はありませんでしたが、やっぱりすごく寂しかったです。同僚や直属の上司には話していましたが、周囲のみんなには言えない時期が長かったので、その寂しさをかみしめながら、最後のアナウンサー生活を送っていました。私の最終出社日は、担当していた「スーパーJチャンネル」の最終出演日でした。番組でも最後にごあいさつをさせて頂いたり、社内各所を回ったりもしたので、最後の日までずっと気を張っていたような状況でした。だから、それまでは泣いたり、感傷にひたったりする時間もなかったんです。でもすべてが終わって、会社の荷物やお花などを夫が迎えに来てくれた車に積んで出発しようとした瞬間、自分でもびっくりするくらい泣いてしまったんです。これまでに経験したことがないくらいの涙の量でした。今でも、そのときの気持ちを思い出すと涙が出てしまって……。それくらい、やっぱり私はテレビ朝日とテレビ朝日で働いている人が大好きだったんだなと思いました。

――そうして転職された今、ご自身がアナウンサーだったからこそ身に付けられたスキルや経験も活かされていると思います。現在の仕事で最も役立っているスキルは何ですか。

 先ほど申し上げたように、アナウンサーは専門職で、他の職種よりも身につけられるスキルには偏りがあります。ただ、その中でも「空気を読む力」を磨けたことは貴重でしたし、汎用性の高いスキルだなと感じています。アナウンサーは番組の空気、出演者の空気、世の中の空気、そしてテレビの前にいる人たちの空気など、いつも「空気」を気にしながら仕事をしています。ニュース番組でも、ニュース原稿を読み終わった直後の「ひと呼吸」で、そのニュースにまつわる世の中の空気が読めているかがわかってしまう部分もあります。原稿がうまく読めるかよりも、空気をいかに読むか、これがアナウンサーの仕事では最も重要で、今でも役立っているスキルになっています。あ、でも私も毎回空気を読めているわけではないんですけどね(笑)。

(構成=AERA dot.編集部・作田裕史)

<【後編】元テレ朝アナウンサー・大木優紀さん 転職後は「メディアに出たくなかった」理由>に続く。

◎大木優紀(おおき・ゆうき)
令和トラベル PRグループGM。1980年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、2003年にテレビ朝日に入社。アナウンサーとして『GET SPORTS』『やじうまテレビ!』『くりぃむナントカ』などを担当。2度の産休・育休を経て、復帰後の18年からABEMA『けやきヒルズ』、翌19年から『スーパーJチャンネル』を担当。21年末に同社を退社し、令和トラベルに転職。海外旅行アプリ「NEWT」のPRに従事。小学生の長女・長男の2児の母。