中国で今、最も人気のある日本人と言えば、やはりフィギュアスケートの羽生結弦選手(27)だろう。老若男女を問わず、過去にここまで中国で人気を集めた日本人スポーツ選手はいないはずだ。中国事情に詳しいライターの広瀬大介氏は最近の羽生の人気ぶりをこう紹介する。

「北京五輪以降、ブームが冷めるどころか過熱化しています。5月28日の『日刊スポーツ』に羽生選手の写真が見開きで掲載されたのですが、知り合いの中国人留学生がその新聞を買いにコンビニやキヨスクを何十軒も回っていた。聞けば、中国のECサイトで高く売れるというのです。過去の羽生選手の掲載新聞には、1万円以上で売れたものもあると言っていました」

 中国における羽生選手の過熱人気は、関連グッズの盛況ぶりにも表れている。関連グッズは中国ECサイトに数多く出品され、なかには定価の5倍〜10倍で売買される商品もある。公式グッズだけでなく、ファンが自作したキーホルダーやTシャツ、写真集などもある。

「なかでも、女性の利用者が特に多い『 RED(小紅書)』と呼ばれるSNS型のECアプリでは、盛んに羽生グッズが売買されています。4〜5月に東京で開催された『羽生結弦展2022』には、多数の中国人転売ヤーが出没して話題になりました。キーホルダーやトートバッグなどが、REDで軒並み定価の3〜7倍の値段で売られているのです。さらに、羽生選手が今春から日本の高校生向け英語教材に14ページにわたって掲載されたことが中国メディアでも報じられると、ファンからは『中国人もこの教科書を購入できるのか?』という声が殺到し、こちらも現在、転売の対象になっています」(広瀬氏)

 現在、Weibo(中国版Twitter)の非公式の羽生選手のファンアカウントのフォロワー数は280万人。閲覧数も1日あたり100万アクセスを超える異例の人気ぶりだ。羽生選手は5月末から6月19日までアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演していたが、Weiboではリアルタイムで画像や動画が違法に共有され、「氷上では王者の貫禄がある。永遠に私の王子だ」「あなたのことを見ると元気に一日過ごせます。ありがとう」など、連日多くのファンが熱いメッセージを寄せていた。

■国営メディアが報じた交際疑惑

 こうしたなか、今、中国ファンが最も興味を持っているのは、ズバリ「彼女」。SNSでは恋人や結婚に関する臆測も盛り上がり、中国の大手検索エンジン・百度で「羽生結弦 彼女」と検索するとなんと関連ページが8000万件もヒットするのだ。中国で最も有名なQ&Aサイト・知乎でも、羽生の恋愛事情に関する話題が多くの人に読まれている。

「これまで中国では羽生の恋人として、フィギュア元中国代表の李子君(リー・ズージュン)の名前がたびたび取り沙汰されています。きっかけはかなり昔のことなのですが、2014年のNHK杯国際フィギュアスケート競技大会の際に、李が羽生とのツーショット写真をSNSに投稿したことがきっかけです。仲むつまじい2人の様子に当時、SNSでは『2人は恋人なのではないか』という声が多く寄せられ、国営メディア『環球時報』も交際疑惑を報じたのです。李は昨年、結婚しているにもかかわらず、2人が今も交際していると信じる中国人は少なくなく、4月にも中国メディア『深セン熱線』が、『交際は事実ではない』と報じたほどです。昔の話がいまだ尾を引いているのは、羽生に対して中国人が特別な感情を抱いているからでしょう」(中国駐在経験のある大手紙記者)

 ジャーナリストの周来友氏は、エスカレートする羽生人気についてこう述べる。

「北京五輪で羽生選手は惜しくもメダルを逃しましたが、会場の外で泣いて悲しむ中国人ファンの姿が現地でも大きく中継されていました。五輪期間中、中国メディアはかなりの時間を割いて羽生選手のことを紹介したり、特集したりしていました。結果、彼の人となりが多くの中国人に知れ渡ることになり、ファンがますます増えていったのです。また、コロナ前は羽生選手のショーを観賞する日本行きのツアーが人気でしたが、現在、中国人ファンは日本には行けません。そんなもどかしさが、羽生フィーバーを一層、盛り上げているように思います」

 会えない時間がファンの思いを強くする……中国での羽生フィーバーはしばらく続きそうだ。(山重慶子)