胎児から高齢者まで1万人以上の脳を分析・研究した経験を持つ脳内科医の加藤俊徳先生は、自ら「音読がうまくできない」という困難を抱えていました。小さいころから学校で教科書を読むよう指されるたびに「地獄にいるような気持ちになっていた」という加藤先生。なぜ黙読はできるのに音読がうまくいかないのか、自分の脳を研究し続け、脳のメカニズムをもとに、どうすれば音読がうまくいくかを見つけ出しました。加藤先生が「音読困難症状」を克服するまでの道のりについて聞きました。

*    *  * 

 読もうと思っても読み上げる文字が頭に入らず、文の内容も理解できない……。加藤先生の小・中・高時代は、「なぜだろう」という苦悩の連続だったといいます。

「本を読むのはすごく好きだったのに、音読となるとうまくいかない。これは学生時代の悩みでもあり不思議の連続でした。国語の成績は小学校低学年のときは5段階評価で2。どういうわけか漢字が増えると読みやすくなり、学年が上がると少しは音読が上達しましたが、それでもまだうまくはできませんでした」

「本をたくさん読めば音読ができるようになるのでは」と本屋街の近くに住んだり、なぜか英語のほうが音読しやすいと気がついたり。それでも根本的な理由が分からないまま学生生活を過ごしていたそう。その後、脳の研究を本格的にするようになってだいぶ経ったころ、原因となる自身の脳の特徴を突き止める出来事がありました。

「文を読むとき、多くの人は頭の中で声に出すのと同じように『音』が鳴っているのですが、自分は『言葉』の音が鳴らない――これが分かったのは、40歳ごろに自分自身で作った『言葉を暗記する課題』をやってみたときのことです。例えば『いぬ、うさぎ、ねこ、くま、うま』を文字で見て記憶するのと、耳から聞いて記憶するのとでどちらがより覚えられるかを比較したとき、私の場合、記憶できる量が全然違うのです。耳からの情報では記憶できない。自分は『声を聞きながら記憶する仕組みができていない』とはっきり分かった瞬間でした」

 知的能力や一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書きに著しい困難がある場合には、「難読症」「読字障害」といわれます。医学的にはディスレクシアといわれ、脳の機能に障害があるとされる限局性学習症の一種と考えられています。

「しかし、私の体験上、トレーニングによって改善していくことから、障害と表現するには適切ではなく、『読字障害』というよりも、改善可能な『音読困難症状』と考えるべきだという結論に至りました。つまり、音読の練習が十分でない子は、みな音読困難な状態なのです」(加藤先生)

 加藤先生は、自らの脳の機能の特徴を「聴覚記憶が弱い」と表現します。実際に文を声に出して読むときの感覚を、自身が提唱する「脳番地」という考え方を用いて、このように説明します。

「私の場合、自分が発した言葉を聞きながら『同時に』理解するのが難しい。頭の中で音が鳴らないと言いましたが、自分の声は響いてはいるけれど同時に言葉として聞こえてこないのです。私の研究では、脳の中で言葉を聞く『聴覚系脳番地』と、言葉を理解する『理解系脳番地』のつながりに、何らかの発達上の問題があり、時間的にずれて機能していると思います。さらに、言葉を発するときは脳の前のほうにある『伝達系脳番地』に意識の比重が大きくなるのですが、理解するのは脳の後ろのほう。私の場合、この距離感のせいなのか、声の調子や自分の言ったことを、同時に記憶する量が少ない。反対に黙読をするときは声を出さない分、理解することだけに注意すればいいので、読むことができるのです。後々分かったことですが、頭の中で音が鳴らず、『脳内で行われる音読(脳内音読)』ができていなかったのです。本を読むときに、黙読がスラスラできる人は、頭の中で音が鳴り、『脳内音読』ができるのです」

「自分の読む声が言葉として記憶できない」と気づいた加藤先生は、ここから「読んだ文の音を聞いて言葉を記憶する方法」を模索し始めました。「漢字が入ると読みやすい」「短歌や俳句なら読める」「短い文章なら分かる」と少しずつ発見があり、試行錯誤の末にたどりついたのが次のような「脳活性おんどく法」の発見だったといいます。

「あるとき、文意を丁寧につかもうと、助詞を際立たせて大きな声でゆっくり読んでみたのです。すると、単語一つひとつがクリアに聞こえてくることに気がつきました。滑らかに読むことをよしとする、学校の音読とは正反対の読み方の『助詞を強調させて読む(助詞強調音読)』です。助詞を意識すると、名詞や動詞など単語の区切りがはっきりと分かり、文章の音が自分の頭で鳴り始めました。しかも記憶されるうえに内容も理解できる。自分の脳の中で聴覚記憶が育っているのだと思いました。音読は、目で文字を見る(視覚)、口を動かして声に出す(運動)、自分の声を聞く(聴覚)という3つの感覚を使って読むのが第1段階。次に、読んだ言葉が脳にインプットされ(記憶)、人に伝わるように読める(伝達)ようになる。この脳機能から見た音読の発達段階を知っておけば、どうしたら自分の声を聞きながら読むことができるようになるのかが理解できると思いました」

 加藤先生は自身の体験から、音読が苦手な子や大人にこうアドバイスします。

「音読困難の症状は、『脳活性おんどく法』を使って短い文を読めば、確実に改善します。子どもだけでなく、大人になってからでも上手になります。40歳代から私自身もさらに改善しつつあります。音読が苦手な子どもには『ひらがな読みが苦手』『カタカナ読みが苦手』『漢字読みが苦手』と、さまざまなケースがあります。まずは、一生治らない障害だと誤って理解しないこと。どの状態であっても、助詞をはっきりと言って『名詞』『動詞』を自分の耳で聞いて理解できるようにさせてあげると、文章を理解する能力が上がるのが分かります。日常でも友だちの言いたいことが分かるようになり、トラブルが減るケースをたくさん見てきました。短い文章でいいので、丁寧に声に出して読んだり、内容について楽しみが広がったりするようサポートしてあげてほしいですね」

(AERA with Kids編集部・久次律子)

○加藤俊徳…1万人以上の脳を分析・研究した経験を持つ脳内科医。小児科専門医。医学博士。加藤プラチナクリニック院長。昭和大学客員教授。「脳番地トレーニング」の提唱者。発達脳科学・MRI脳画像診断の専門家で、自らの体験からひらがな音読困難症状を改善する「脳活性おんどく法」を考案。著書・監修書に、「脳活性おんどく法」に基づく『かしこい脳が育つ!1話5分 おんどく』シリーズ(世界文化社)や『頭がよくなる! 寝るまえ1分おんどく366日』(西東社)、『1万人の脳を見た名医が教える すごい左利き』(ダイヤモンド社)など、ベストセラー多数。