手製の銃を発砲し、安倍晋三元首相を殺害した山上徹也容疑者(41)。母親が入信する「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」に「人生をめちゃくちゃにされた」と激しい恨みを募らせ、同団体と安倍氏の関係を知って逆恨みしたことが動機の一端とされている。旧統一教会は過去に多くのトラブルを起こしたが、信者の子どもである「2世」の実状はあまり知られていない。AERA dot.は両親が統一教会信者という家庭で育った女性を取材し、問題となっている高額献金システムや、「2世」がいかに精神的に追い詰められているかなどを聞いた。

*   *   *
「私は父親も母親も統一教会の信者です。2人は教団によるマッチングで結婚して、私が生まれました。いわゆる『祝福2世』です。『祝福2世』はサタン(非信者)の血統が混じっていないことから、ずっと『あなたは神様の子だから』と言われて育ちました。そして外の世界については『サタンがはびこる悪い世界だ』と教えられてきました。だから私もずっと、教会の外の世界は怖いものだ、という価値観で生きてきたのです」

 外山道子さん(仮名)は、物心つくときから両親が信仰する宗教の価値観の中で育った「宗教2世」である。その宗教こそが、旧統一教会だった。年齢は30代後半で山上容疑者とそれほど変わらない。両親が教団に多額の献金をしていた、という点でも山上容疑者とは共通点がある。

 外山さんには忘れられない記憶がある。小学生のころ、人々の不安をあおって壺(つぼ)などを高額で売りつける旧統一教会の「霊感商法」が大バッシングを受けていた。メディアもこぞって追及していたが、外山さんは子どもながらに、マスコミに大きな怒りを覚えたという。

「母親が『マスコミは根も葉もないうわさでお父様のことを非難して、ひどい』と言って、毎日泣いていたんです。あのころ、私は母親のことが大好きだったから、お母さんをこんなに泣かせるなんて、マスコミというのはなんて悪い人たちなんだと思いました。統一教会が正しいかどうかよりも、母親を泣かせたことが許せなかったんですね」

 ちなみに「お父様」というのは旧統一教会の創始者、文鮮明(ムン・ソンミョン)のことである。

■先祖430代で1千万円超

 外山さん自身は中高生の時から教義に疑問を感じ始め、大学生の頃には教団から距離を置いた。だが、幼いころから心の奥底に染み込んだ教義はその後も外山さんを束縛した。世間とかけ離れた教団の「常識」がなかなか抜けず、人間関係で苦労し、両親の献金により学費にも苦慮した。母親は教団を捨てた外山さんを責め、その呪縛にもずっと苦しめられてきた。

 それでも外山さんは「両親も教団の被害者だ」と思いながら親子関係を維持してきた。それゆえ、問題となっている高額献金のシステムなども間近で見てきたという。

 1980年代後半から90年代にかけて霊感商法が問題視されて以降、教団は壺は販売しなくなったが、グッズを販売する集金システムはいまも変わらないという。

「例えば『天聖経』という教祖の言葉が書かれた本があるのですが、これは1冊140万円です。実家にも天聖経は置いてありますが、人によっては何冊も購入します。他にも亡くなった後に霊界で住む家の模型なども高額で売られていて、グッズ販売が献金の代わりのような役割を果たしています」

 外山さんによると、最近の主な高額献金は『先祖解怨(せんぞかいおん)』だという。

「韓国に清平(チョンピョン)という聖地があって、そこで先祖の恨みを解くための儀式『先祖解怨』をしてもらうのです。私の場合、たとえ両親が信仰によって神様の血統に転換されていても、その前の代、さらにその前の代にはサタンの血統が混じっているという理屈で、先祖代々の因縁を解放するという名目で行われます。先祖をどんどんさかのぼって、最終的には430代にも上ります。ウチの両親もこの献金を行っていましたが、最近、父親が『うちは相当つぎ込んだ。ふつうに家一軒買えるくらい』って、ぼそっと言っていましたから、数千万円は献金したみたいです」

 清平とは、ソウル近郊にある「HJ天宙天寶修錬苑(旧天宙清平修錬苑)」のことだ。

 外山さんが他の2世に提供されたという資料によると、先祖解怨の後は、先祖を「祝福」する儀式がセットになっていて1段階、すなわち7代ごとに献金が求められる。1〜7代までは70万。以降、7代〜210代まで7代ごとに解怨感謝献金が3万、祝福感謝献金が1万。29段階で合計186万円。教団は祖父母を含めた夫婦8家系の先祖解怨、先祖祝福を推奨しており、これをすべて実施すると、合計金額は1488万円にもなる。

 なお、世界平和統一家庭連合の広報部に確認すると、「先祖解怨ですか、それは清平の修練所でやっているもので(儀式の)主催元が違うので、教団広報でその値段をお答えするのは筋違いだと思います」(担当者)と回答した。

 外山さんは「実家にあった献金の達成表みたいなもの」と言って、あるグラフを見せてくれた。そこには8本の棒グラフが書かれており、それぞれのグラフの下には父方、母方の家系名が記されている。縦軸に先祖の代が記され、一番上には「430」とある。グラフのタイトルは「先祖解怨祝福勝利430代」。外山さんの両親はこの棒グラフを伸ばすために、数千万円になるまで献金を繰り返していったのだろう。

「統一教会にはサタンに打ち勝つ意味で『勝利』という言葉があるのですが、これは献金額を達成する意味でも使われます。『この家庭はこんなに勝利しました』みたいな感じで礼拝の場で発表されて、みんなから『すごいね』と称賛される。教会内での地位も高くなるから、献金額がどんどんエスカレートしていくんです」

■全財産を差し出せ

 儀式にともなう献金のほか、定期的な“献金ノルマ”もあるようだ。

「収入の10%を献金する『十分の一献金』が基本ですが、『摂理』と呼ばれる教会のミッションがあって、そのたびに献金を要請されます。教会からファクスなどで頻繁に連絡事項が送られてくるのですが、そのなかに『〇〇摂理を達成するために、1家庭、100何十万、お願いします』みたいなことが書いてある。摂理によって献金ノルマは変わるんですが、1990年代の後半には、全財産を差し出せ、みたいな要請もあったようです」

 献金ノルマについて、教団広報部はこう答えた。

「『十分の一献金』とは月例献金のことだと思いますが、強制ではありません。摂理というミッションがあるとは、私は聞いたことがないですね」(担当者)

 教団によると、建設会社を経営していた山上容疑者の母親は1998年に入信し、その4年後に自己破産したとみられる。この時期は外山さんが証言した超高額献金が要請された時期と重なる。

 しかし、なぜ山上容疑者の母親は破産するほど旧統一教会にのめり込んだのか?

「報道で知る限り、夫が亡くなったり、子どもが病気だったり、つらい事情があったと思うんです。統一教会は、そういうところにつけこむのが常套手段です。『亡くなったご主人が霊界で苦しんでいる』『子どもの病気も先祖の因縁のせいだ』などとかこつける。実態のない霊界を持ち出されて恐怖を植え付けられると、もうお金の問題じゃなくなっちゃうんです。それが高額献金に結びつく。なぜそう思うのかというと、うちの親もそうだったからです」

 外山さんの父親はネグレクトに近い状況で育ち、兄弟も知的障害や精神疾患を患っていたことから、昔から家庭についてかなり悩んでいたという。そして、母親も家庭の悩みを抱えていた。

「母親のお母さんは若くして脳卒中で要介護状態になってしまった。ずっと自分は何で生きるんだろうと考えていたみたいです。いろいろな宗教に救いを求めて、最終的に行き着いたのが統一教会だった。うちの両親も心の穴につけ込まれて教団にのめり込んで、高額献金してしまったのです」

■高額献金は幹部の懐に

 銃撃事件後、教会の田中富広会長は信者の献金について「ご本人に対するノルマという扱い方はしておりません」と発言したが、外山さんは「それはまったく違う」と断言する。さらにこう続ける。

「記者の『これ以上献金すると破綻するからやめましょう、と言うことはあるのか』という質問に対して(田中会長は)『むしろそっちの方が多いです』と答えましたけれど、そんな事例は聞いたことがありません。私は他の2世たちともつながっていますが、むしろ、山上容疑者の母親のように自己破産した信者の家庭の話はよく聞きます。他にも、献金に困って子どものクレジットカードを勝手に作ってカードローンを組んだり、奨学金を使い込んだという話もよく耳にします」

 教団広報に聞くと「(破産した人が)いるという話は聞いたことがあるが、よくいるという話は聞いたことない」と回答した。

 実際、外山さんは両親が教団に高額献金してきたのを間近で見てきたのだから、会長の発言にはより思うところがあるだろう。だが意外なことに、両親は教会の体質に問題があることは知っているという。

「父親は献金の使い道を知ったとき相当ショック受けていました。信者は献金の使い道を追及してはいけないんです。そのお金は天に返した、ささげたものだから。ところが実際は韓国にいる教会の幹部の懐に入っていたということが、2012年に教祖が亡くなった後、教会内部から漏れ出たのです(教団広報は「聞いたことがない」と回答)。でも、父親は文鮮明先生や教義は間違っていないと言う。必死で自分を納得させていたように見えました」

 母親はどうだったのか?

「母親はそういうことについて語らないんですよ。父親よりも教会にのめり込んでいるし、自分の非を絶対に認めないタイプなので、間違ったことをやったとは一切思っていない。だから、信仰は絶対にやめないんです」

■教団に対する「恨み」はある

 外山さんに旧統一教会を恨む気持ちはあるのか? たずねると、「それは、ありますよ」と語気を強めた。そして、「人生をめちゃくちゃにされた恨み」と、山上容疑者が語った事件の動機とまったく同じ言葉を口にした。

「親への恨みというより、教団への恨みですよね。だって、親もカルト教団につけ込まれた被害者だと思っていますから。教祖も憎いけれども死んでしまった。いまは教祖の妻がトップになっていますが特別な感情はありません。だから教団そのものが憎い。教団によって、どれだけ多くの2世の人生が狂わされてきたか。本当に怒りがわいてきます」

 ちなみに、外山さんが「祝福2世」と呼ばれるのに対して、山上容疑者は教団内では「信仰2世」となる。それは彼が生まれた後で母親が入信したことを意味する。

■山上容疑者と同化する苦しみ

 外山さんは「信仰2世の方の気持ちは十分にはわかりませんが」と前置きしたうえでこう語る。

「もともと裕福なご家庭で、不自由のない暮らしをしていたのが、お母さんが統一教会に入信したことでガラッと生活が変わってしまった。人格的にも変わってしまったであろうお母さんを見て、相当ショックだったんだろうと思います。もちろん、山上容疑者の行為は擁護できませんが、彼の気持ちに共感できるという2世は多いんです」

 それと同時に、大きなショックも受けているという。

「これほどの重大な事件に自分たちが育った教団が関わっているというのは、やはりショックでした。さらに、事件の容疑者が自分たちと似通った境遇で、2世たちはそれと同化するように苦しみを感じてしまっている。もしかしたら、ちょっとボタンを掛け間違えていれば、自分たちも山上容疑者のようになっていたかもしれない。私たち2世は今、そういう苦しみが大きくのしかかっています」

(AERA dot.編集部・米倉昭仁)

※「後編」に続く。