宮内庁は「ご家族での養蚕写真」を公開した。英国王室とも比較しながら、独自の視点で皇室の広報のあり方を考える。AERA 2022年8月1日号の記事から。

*  *  *

 宮内庁が7月14日、天皇陛下と雅子さま、愛子さまが皇居内の紅葉山御養蚕所で養蚕に取り組む写真を5点、公開した。

 歴代皇后が受け継ぎ、雅子さまも2020年から取り組んでいるご養蚕だが、陛下と愛子さまが参加したのは今年が初めて。カジュアルな装いで、いつもと違う素顔のご一家が写っている。

 日本テレビはこのニュースで、紅葉山御養蚕所元主任の代田丈志さんに話を聞いていた。「非常に和やかで楽しそうですし、カメラに撮って私がネットにアップしたいくらい。すごくいい家族だなと」と代田さんはニコニコと語る。見ているこちらもニコニコ顔になってくる。

「インスタで見たい」

 同時に激しく共感したのが、「ネットにアップしたいくらい」という言葉。陛下のボタンダウンのシャツ、雅子さまのダウンベスト、愛子さまの可愛いブラウス……この写真、インスタグラムで見たい! と思うのだ。

 というわけで、「天皇ご一家と蚕とインスタと」という話を書かせていただく。

 そもそも皇室における養蚕は1871年、昭憲皇太后から始まる。雅子さまへバトンタッチした美智子さまはとても熱心で、『皇后さまの御親蚕』(04年刊)、『皇后さまとご養蚕』(16年刊)と2冊の本も出ている。『皇后さまとご養蚕』からは、美智子さまもご家族と一緒に養蚕に励んでいたことがわかる。

 小学校3年生だった眞子さま(現在の小室眞子さん)宛ての「眞子様へのお手紙」が中に収録されていて、「眞子ちゃんは、ばあばがお蚕(かいこ)さんの仕事をする時、よくいっしょに紅葉山(もみじやま)のご養蚕所(ようさんじょ)にいきましたね」などとある。だが、美智子さまの養蚕に関する写真は単独のものばかり。「皇后が受け継いでいく伝統」だからかもしれない。

 その意味で今回公表された「ご家族での養蚕写真」は前例がないもので、そこに宮内庁の「広報戦略」が感じられる。新型コロナウイルスのせいで遠くなってしまった「国民との距離」。それを取り戻そうという作戦に見えるのだ。

皇室報道に危機感

 コロナ禍も3年目になり、陛下と雅子さまの公務は皇居からの「オンライン出席」や「オンライン視察」がデフォルトになった。そしてこの間の皇室報道は眞子さんの結婚問題ばかりが目立ち、宮内庁にも危機感があるのではないだろうか。

 感染が少し収まった5月19日には、雅子さまが明治神宮会館(東京都渋谷区)で開かれた全国赤十字大会に出席した。皇居外での単独公務は約3年ぶりで、各メディアも大きく報じた。6月27日には陛下と雅子さまが、日本学士院会館(東京都台東区)での公務に。が、このところの感染急拡大で、外出もいつまで続くかわからない。

 そんなタイミングでの写真の公表だ。それもテーマは皇室の伝統である養蚕で、カジュアルな写真。絶妙な広報だと思う。

 養蚕には、生物と向き合う温かさがある。「御養蚕始の儀」では豊作を祈る神事もあるなど「これぞ皇室」という側面もあるが、人となりが見えてくる行事でもある。

 代替わり直前、詩人の吉増剛造さんが美智子さまの詩心について「皇后陛下がお作りになる蚕の御歌も素晴らしいものです」という言葉を寄せていた(「文藝春秋」19年5月号)。1997年に出版された美智子さまの歌集『瀬音』には、「養蚕」を詠んだ歌が9首収められている。得意な御歌と養蚕が結びつき、美智子さまらしさが国民に伝わっていた証しだと思う。

 同じように養蚕から雅子さまらしさが見えたのが、6月2日の朝日新聞デジタルの「生物クラブだった雅子さま カイコも素手で」という記事だ。

生物好きのお二人

 小学校時代、生物クラブに入っていた雅子さま、同じく生物好きで小学生の頃から蚕を育てていた愛子さま、お二人の話に加え、宮内庁関係者のこんな言葉が紹介されていた。

「皇后さまは、今どきの方には珍しく、カイコを手で触られるので、お好きなことがよく分かる。丁寧に作業をしておられるので、愛子さまにもそのような姿勢が伝わっているのでは」

 雅子さまと愛子さまと蚕。明るい光景が目に浮かぶ。やはり養蚕は、しみじみ広報に向いている。となれば宮内庁、もうあと一歩だ。公表した養蚕の写真をSNSにあげる。ごく簡単な話だと思う。

 先述した代田さんの言葉、「ネットにアップしたいくらい」が全てだと思う。ご一家の仲睦まじさを伝えたいための何げない一言が、SNS時代を表している。今や誰でも、いいことがあったらネットにアップが常識。英国王室もそうだ。

 97年、事故死したダイアナ元妃への弔意が遅れ、国民の感情とのずれを自覚した同王室は、最新の広報活動へと舵を切る。今では96歳のエリザベス女王もインスタグラムの公式アカウントを持っていて、フォロワーは1115万人。それを超えるのがウィリアム王子とキャサリン妃の公式アカウントで、1391万フォロワーがいる。

 人気を支えているのが、プライベート写真。公式行事でのオフショットもあるが、ケンジントン宮殿内などの様子もアップ。最近の一番人気は、父の日のウィリアム王子と子どもたちの写真。次男のルイ王子が肩車されていて、96万超の「いいね!」がついている。

 こういった「ほほ笑ましい系」の投稿もたくさんあるが、それだけでないのが2人のインスタだ。例えば、6月20日にはウィリアム王子が表紙の雑誌「ビッグイシュー」がアップされた。

英王室の広報戦略

 ホームレス支援を目的とするこの雑誌を王子がお忍びで販売したのが6月初め。その時すぐにはアップせず、ビッグイシューとホームレス支援への思いを王子が語る号が発売されてから、その号の表紙をアップしたのだ。

「いいね!」は6万9千で「父の日」よりは少ないが、王子の活動は十分広まった。よく練られた広報戦略に基づいたインスタだと思う。

 だから陛下と雅子さま、そして愛子さまも3人で公式アカウントをつくってはどうだろう。ご一家なら、英語でもスイスイ投稿できる。世界中に存在がアピールされる。

 国民との回路が消えてしまったまま米国へ旅立った眞子さんの例もある。日本の皇室、SNS待ったなしだ。来春、また皇居で養蚕が始まる。次はインスタグラムで「陛下と雅子さまと愛子さまと蚕」を見たい。(コラムニスト・矢部万紀子)

※AERA 2022年8月1日号