2022年7月8日。安倍晋三元首相が凶弾に倒れた。にわかには信じられない。そんな状況のなか、手製の銃、旧統一教会と自民党、国葬など、さまざまな情報が流れていく。私たちはこの事件をどう捉え、同種の事件を二度と起こさないためにどうすればいいのか。AERA 2022年8月1日号は、評論家・與那覇潤さんに聞いた。

*  *  *

 事件をテロと呼ぶかという争点に関しては、明白にテロだと考えています。もっとも9.11以降は「テロ」の語が、無差別の大量殺戮(さつりく)を連想させるので、「テロル」という表記のほうがよいかもしれません。テロルと通常の殺人は何が違うか。狙った相手その人を殺す以上に、“その相手が象徴する何か”を破壊しようとする暴力がテロルです。

 首相経験者の殺害は戦前以来のことで、にわかに歴史を参照する風潮も生じましたが、ミスリードな議論が多いですね。従来の政治家へのテロルでは、「腐敗した国家体制」や「この国に有害な潮流」を象徴すると見なされた人が襲われました。戦後の例だと、選挙に向けた演説の最中に起きた点で今回と重なる1960年の浅沼稲次郎(社会党委員長)暗殺は、右翼団体に属したこともある少年が、浅沼を共産主義の脅威の象徴に見立てて刺殺した。平成の初頭、90年に本島等長崎市長を右翼が銃撃したのも、昭和天皇の戦争責任を指摘した本島の発言を「国家に仇(あだ)をなすもの」だと見なしたがためでした。

 もし容疑者が「この国の悪(あ)しき傾向を代表するのは安倍だから」といった動機を述べているなら、そうした古典的なテロルの再来と呼べるでしょう。しかしSNS等に見られる本人の政治思想は、むしろ安倍さんにかなり近いもので、なにより供述する動機がまったく異なっている。自分の家族を破壊したのは旧統一教会だ、そうした家庭崩壊の象徴が、政治家として同教会系の団体とも交流のあった安倍だから狙った、というのは、かなり特異なテロルですね。元首相の政治家を襲ったにもかかわらず、象徴を見いだす仕方がきわめてプライベートで、国や社会全体とつながってこない。

■京アニ事件との共通項

 むしろ性格的に近いのは、2019年の京都アニメーション放火殺人事件です。あの事件の被告も、本人の主観としては「京アニに裏切られて、俺の人生から最後の救いが消えた」、だから復讐(ふくしゅう)だと主張したわけですが、他の人にはなぜ京アニの作品が「被告を苦しめてきたこの社会」の象徴になり得るのか、思考の過程を全く理解できませんでした。つまり、「右翼の人なら、確かにあの発言は左翼的に映っただろうね」といった共通の前提が、存在していない。

 言い換えると、往年の政治的なテロルは「この俺の拠(よ)って立つ物語(価値観)は、当然国民全員に共有されるものだから、邪魔になる政治家は殺す」という形で起きていました。いわば「物語の過剰」が暴力を生んだのですが、京アニ事件や安倍元首相射殺事件の容疑者は正反対に、むしろ物語の過少、「人と共有できる物語なんて、どうせ自分にはない」という絶望を対象にぶつけたように見えます。今回の容疑者でいえば、同情や共感を得るのが目的なら、うそでも「アベ政治を許せなくてやった」のように供述するはずでしょう。それをせずに20年近く前の家庭崩壊のみを動機として述べるのは、どうせ自分の悲劇を他人は理解してくれないんだと、そこまで諦めているように感じます。

 旧統一教会の問題点の追及や、儀礼的であれ安易に親交を持ってきた政界のあり方の見直しは、大いにやればよいでしょう。しかしこうした社会に広がる孤独を癒やし、かつどれだけ相手が憎いものの象徴に見えても「抹殺することだけは絶対だめだ」という規範を作っていかないなら、対象を変えて類似の事件は繰り返されると懸念しています。

 2カ月前に出した『過剰可視化社会』でも論じましたが、今の日本はSNSを典型として、キラキラしたポジティブなイメージだけを経由して人とつながる傾向が強すぎる。「たとえ自分がネガティブな存在だったとしても、この社会に居ていいんだよ。そのかわり自分には愉快でない相手とも、一緒にやっていこう」。そうした共通感覚を育む契機になり得るのかどうかで、安倍さんの国葬の当否も、定まっていくのではと思っています。

(構成/編集部・高橋有紀)

※AERA 2022年8月1日号