秋篠宮家の長女、眞子さんの夫の小室圭さんが、3回目の米ニューヨーク州司法試験を終えた。わずかにほほ笑んでいるような表情で会場を後にした小室さんの姿をユーチューバーやパパラッチが動画におさめている。結果は、10月下旬に判明する予定だ。小室さんのようなリピーターと呼ばれる再受験者の合格率はわずか18%と楽観視はできない。義父にあたる秋篠宮さまは、どう見るのか。秋篠宮さまと長年の親交があり、書籍『秋篠宮』の著者でジャーナリストの江森敬治さんは、小室さんの3回目の挑戦について語った。

*  *  *

「どうするのだろうと思って……」

 秋篠宮さまは当時毎日新聞記者だった江森敬治さんに、こう漏らした。2018年5月のことだった。江森さんは、秋篠宮さまと三十年以にも及ぶ親交を持ち、秋篠宮さまの信頼の厚いジャーナリストだ。

 婚約は延期となり、小室さんが米国の弁護士資格を得るためにロースクールへ留学を希望しているという意向が秋篠宮さまの耳に入った時期だ。

 江森さんは、思わず秋篠宮さまにこう漏らした。

「レットイットビーですね」

■重くのしかかる秋篠宮さまの言葉

 秋篠宮さまと江森さんがそんな言葉を交わしてから、4年の月日が過ぎた。眞子さんと小室さんは結婚し、ニューヨークのアパートメントで新婚生活を送っている。

 だが、小室さんの状況は、4年前と変わっていない。秋篠宮さまが漏らした「どうするのだろう」 という言葉が、小室さん夫婦に重くのしかかる。

 この7月26・27日、2日間にかけて行なわれた米ニューヨーク州司法試験が終了した。小室さんは今回、再々受験となる3回目の受験だ。会場を後にする小室さんの姿をパパラッチやユーチューバーが囲んだ。動画に写った小室さんの表情は、わずかながらほほ笑んでいる。暗い表情で会場をあとにした2回目とは、対照的だった。

 例年、7月試験の合格発表は10月下旬に公表される。

 ニューヨーク州弁護士の試験は、絶対評価での採点で落とすための試験様式ではない。400点満点で、266点以上とれば合格できる。

 小室さんは、米フォーダム大学の法科大学院でLLM(法学修士)コースで1年学び、さらにJD(法務博士)に編入して、合計3年間はしっかり学んでいる。同大学のJD修了生の同試験合格率は92%。昨年7月の1回目と今年2月の2回目の試験で小室さんも合格確実とみられていたが、残念な結果に終わっている。

 米ニューヨーク州司法試験委員会(The New York State Board of Law Examiners)の昨年7月試験のデータを見ると、「リピーター」と呼ばれる小室さんのような再受験者の合格率は、18%にまで激減する。

■「法務助手でもよいとお考えでは」

 小室さんは、現在勤務する法律事務所で、「Law Clerk」(法務助手)として働いている。3回目の挑戦が成就しなければ、法務助手のまま勤務し続けることになるのだが――。

 江森さんは、こう話す。

「秋篠宮さまは、小室さんが日本の法律事務所でパラリーガルとして働いていた時も、『パラリーガルのままでも良いですよ』と、私に答えています。たとえ弁護士の試験合格を逃して法務助手のままであったとしても、二人が身の丈にあった生活を送るのならば、それで良いと考えていらっしゃるのではと思います」

 秋篠宮ご夫妻がこの1月に、ニューヨークに赴任する森美樹夫総領事と接見したこともあり、週刊誌などでは、森氏が中心となり眞子さんと小室さんの世話を焼いているといった記事がさかんに報じされている。それも秋篠宮夫妻の意向といったニュアンスだ。

■外務省が生活をサポートは本当か

 現地に暮らす邦人保護は外務省の仕事のひとつだ。元駐在大使を務めた人物は、こう話す。

「総領事館が、元皇族である眞子さんと夫の小室さんをお茶などに招いて、困ったことはないかと相談に乗るくらいの世話は焼いてもおかしくはない」

 秋篠宮ご夫妻が、外務省に娘夫婦の生活をサポートするよう望んだといったようなことは起こり得るのだろうか。先の江森さんは、首を横にふる。

「ご夫妻が経済的な援助をなさっているとか、連絡を取っているといったことは、私は知りません」

 ニューヨーク総領事との接見も大使ならば天皇との接見だが、総領事であれば皇嗣である秋篠宮ご夫妻と接見が順当であり、不思議なことではない。

「公的な仕事の一つとして総領事に会われたのだと思います。娘夫婦の支援などをお願したということではないでしょう」と、江森さんは言う。

■公私の「けじめ」に厳しい秋篠宮さま

 特に、秋篠宮さまは、税金の使い道と公私のけじめに厳しい性格だ。

「秋篠宮さまは、婚約内定者であった小室さんに、警備のありようについても検討するように伝えています。つまり、納采の儀を終えておらず、まだ眞子さんの正式な婚約者でもない小室さんが警備対象者なのかということだと思います。警備には、税金がかかります。そのあたりの『けじめ』を付けるようにと注意をされたのでしょう」

 しかし、小室さんの反応は鈍かった。

 また、小室さんが留学して間もない頃、米フォーダム大学が公式サイトで小室さんを「fiance of Princess Mako(眞子さまのフィアンセ)」と記載した。この件について、秋篠宮ご夫妻はひどく困惑し、すぐに宮内庁が「現時点で婚約者ではない」と、大学側に説明している。

「外務省が眞子さんと小室さんに対して、ニューヨーク生活への特別な便宜を図っているのかは、分かりません。しかし、こうしたこれまでの経緯をみても、秋篠宮ご夫妻がそれを望まれているとは考えづらい。二人の経済力や実力にふさわしい、身の丈にあった生活を望まれているのだと思います」

 また週刊誌では、眞子さんの姿がニューヨークの病院でも目撃されたとの記事や、妊娠と帰国の可能性についても触れている。

 このあたりは、江森さんはどう見ているのか。

「まずは、安定した生活基盤を作ることが大切だと思います。また、海外に拠点を置くことを望んでいる眞子さんのためにも、是非、小室さんは弁護士試験に合格してもらいたい。私は、眞子さんが生まれた頃から、彼女の成長を見守ってきました。眞子さんと小室さんには、笑顔の絶えない明るい家庭を築いてほしい。二人の幸せを心から願っています」

(AERA dot.編集部・永井貴子)